FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

スポーツ医学専門サイト、mmssm(multimedia station for sportsmedicine、ムッスム)に、「東あおば整形外科」を紹介する動画レポートをアップしました。

東あおば整形外科は、高橋周先生が仙台市に開業されたクリニックで、フィットネス施設と連携、同じビル内で、うまく連携しています。

無料コンテンツですので、ぜひご覧ください(上の赤い文字をクリック)。

書評も日々アップしています。現在、有料コンテンツは4本ですが、どんどん増やしていきます。

よろしくお願いします。(清家輝文)
スポンサーサイト



サッカーの名門ACミラン現役トレーナー 遠藤友則氏
インディバ・ジャパンでの講演のお知らせ


株式会社インディバ・ジャパンでは、セリエAに所属するイタリアの名門チーム、ACミランで現役トレーナーとして活躍中の、遠藤友則氏による講演を開催します。

長年のヨーロッパでの活動状況に加えて、チームは「インディバ・アクティブ」を導入しており、その活用方法、施術効果などについても講演していただきます。

世界最高レベルの舞台で活躍する現役トレーナーの話を聞ける絶好の機会ですので、ぜひご参加ください。

日時/6月11日(火)、17:00~18:00

会場/株式会社インディバ・ジャパン セミナールーム(東京都目黒区碑文谷5丁目15番1号 1F.B1F)

講演内容/
① 日本人の私が14年も仕事ができる訳
② サッカー界での我々のポジション
③ 「インディバ・アクティブ」の活用状況

講師/遠藤友則氏プロフィール

1987-90 鍋島整形外科 勤務
1991-97 清水エスパルス チーフトレーナー
1997-99 清水エスパルス 地域交流課、育成部チーフ
1999-02 AC Milan 2nd チーム マッサージ師、鍼師
2002- AC Milan 1st チーム マッサージ師、鍼師

資 格/鍼師、灸師、マッサージ師免許、柔道整復師免許、アスレティックトレーナー 日本体育協会認定

費用/無料

定員/40 名(先着順) ※お申込締切 6月7日(金)

問い合わせ/株式会社インディバ・ジャパン
担当:池田伸一(普及開発本部 ディレクター)
TEL:03-5773-1103
FAX:03-5773-1104
E-mail: shinichi.i@indiba.co.jp
E-mail: shinichi.i@indibaactiv.jp