FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

きのう、スポーツ医学専門サイトのmmssm(multimedia station for sportsmedicine)に無料コンテンツとして、仙台市にオープンの「東あおば整形外科」の動画レポートをアップしましたが、容量が大きく、再生に支障が生じるケースがあることがわかり、容量を落としスムーズな再生になりました。

きのううまくみることができなかった人は、恐れ入りますが、再度ご覧になってください。(清家輝文)
スポンサーサイト



第3回トレジャーリングバスケットボール指導者勉強会
足関節捻挫とその対処法――応急処置から復帰まで

トレジャーリング指導者勉強会は、私たち大人たちがバスケットボールを通じて子どもたちの未来のために「今、何をすべきか」を共に考える場を持ちたいと思い企画した勉強会です。

今回はバスケットボールでよくおこるケガである足関節捻挫を取り上げます。
足関節捻挫受傷後の応急処置や復帰についてプレゼンテーションを行った後、トレジャーリングコーチの経験談をお話しします。
参加された指導者の皆様、医療関係者やトレーナー、トレジャーリングスタッフで、ケガをどう捉えるかなど討論したいと思います。

また、勉強会終了後に会場近くにて懇親会を開催いたします。どうぞご参加ください。


日程/7月22日(月)

時間/午後6時30分~8時15分(開場午後6時より)、終了後、懇親会(希望者)

会場/第5安田ビル 2F(横浜駅西口徒歩5分)

内容/足関節捻挫受傷後の応急処置や復帰についてプレゼンテーションを行った後、トレジャーリングコーチの経験談のほか、ケガをどう捉えるかなど討論する。

プレゼンテーション「足関節捻挫について 応急処置のポイントと復帰に向けての留意点」
津田清美(トレジャーリングトレーナー、元シャンソン化粧品トレーナー、アトランタオリンピック帯同)

ゲスト指導者/調整中

トレジャーリングコーチングスタッフ/
原田裕花(元ジャパンエナジー)
岩屋睦子(元シャンソン)
大山妙子(元JOMO)
岡里明美(元シャンソン、元富士通HC)
矢代直美(元JAL)
藤生喜代美(元シャンソン、現早稲田大学)
佐瀬由紀子(元第一勧業銀行)

参加費/3,000円(当日徴収)、懇親会費別途

定員/30名

申し込み方法/件名を「トレリン指導者勉強会」とし、氏名、学校名(チーム名)または所属先、懇親会の参加・不参加を明記し、下記E-mailまで申し込む 

問い合わせ/トレジャーリング
E-mail:info@torerinbbc.com
※ご質問・お問合せもこちらまで