FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

スポーツ医学の新サイト、mmssmに「第25回日本運動器科学会」(7月6日、神戸国際会議場、会長:吉矢晋一・兵庫医科大学整形外科)の詳細をアップしました。「“運動器科”の新しい展開」と題し、各部位のオーバーユース障害に関するシンポジウムが開催されます。(清家)
スポンサーサイト



リアライン・コア 体験会(広島会場)

骨盤・胸郭のゆがみを解消する画期的な商品が誕生しました。
姿勢改善・腰痛軽減、などの効果が期待される「リアライン・コア」をご体験頂ける機会です。

日時/ 2013年7月21日(日)、講習時間 9:30~11:30

会場/ 朝日医療専門学校 広島校(広島県広島市西区己斐本町1丁目25-15)

内容/
(1)リアライン・コンセプト
(2)リアリアン・デバイスの役割と効果(座学)
(3)リアリアン・デバイスの使用法(実技)

講師/ 星賢治(広島国際大学)

受講料/ 3,150円

定員/ 40名

注意事項/体験会を受講されると
(1)個人または在籍施設がリアライン・コアを購入可能となります。
しかし
(2)体験会を開始
(3)コアを販売 は出来ません。

(2)と(3)については認定セミナー受講者のみが可能となります。

お申込み方法/ 
(1)URLへアクセス
(2)該当セミナーの「カゴへ入れる」ボタンを押して決済へと進んでください。

問い合わせ/株式会社GLAB セミナー事務局
E-mail:seminar@g-lab.biz



リアライン・デバイス認定セミナー
――コア編(東京会場)


リアライン・コンセプトは広島国際大学の蒲田和芳らが提唱する関節疾患の治療概念です。
関節におけるかみ合わせ(アライメント)や動き(キネマティクス)の異常を早期に発見し、速やかに関節のゆがみを解消(リアライン)することによって、驚くほど速やかに治療を進める事が可能となります。

リアライン・コンセプトを基に作られたリアライン商品は、理想的な関節肢位を保ちながらエクササイズを行い、良肢位を保持した状態での筋活動パターンの再学習を行う事ができる装具や器具です。この度、リアライン商品を正しくご使用頂ける指導者を養成できればという思いから、下記の日程で各商品を使用した治療法の認定セミナーを開催致します。

日時/8月10日(土)、講習時間 9:30~12:00

会場/ インターリハ本社研究室(東京都北区上中里1-37-15)

内容/
(1)リアライン・コンセプト
(2)リアリアン・デバイスの役割と効果(座学)
(3)リアリアン・デバイスの使用法(実技)

講師/ 蒲田和芳(広島国際大学)

受講料/ 5,250円

定員/ 40名

※認定の基準/セミナーテーマの受講により認定(合格者には認定証を授与します。)

お申込み方法/ 
(1)URLへアクセス
(2)該当セミナーの「カゴへ入れる」ボタンを押して決済へと進んでください。

問い合わせ/ 株式会社GLAB セミナー事務局
E-mail:seminar@g-lab.biz