FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

「インディバ・アクティブ」 大阪セミナー
――スポーツ選手の鼠径周囲部痛へのアプローチ


「インディバ・アクティブ」の7月大阪セミナーは、一度発症すると治りにくい鼠径周囲部痛(グロインペイン)をテーマに、日本体育協会公認アスレティックトレーナーとして、多くのアスリートの治療を行っている畑中仁堂先生の講演と実技を行います。アプローチ方法、診察、評価から機能回復運動や施術まで、デモンストレーションを中心に講演していただきます。

現場でアスリートのケアにあたる畑中先生の貴重な経験を聞くことができる絶好の機会ですので、ぜひご参加ください。

日時/ 7月21日(日)、 14:00~17:00

会場/ 株式会社インディバ・ジャパン大阪営業所(大阪府大阪市西区北掘江2丁目2番24号岩伸北堀ビル10F)

講師/畑中仁堂(じんどう整骨院アスリート院長)
・柔道整復師 ・鍼灸マッサージ師
・日本体育協会公認アスレティックトレーナー
・埼玉県バレーボール協会専属トレーナー
春日部共栄高校男女バレーボール部、LPGAツアーコンディショニング、日本相撲連盟湊部屋など、様々な分野でのトレーナー活動を行う

定 員/ 30名(定員になり次第締切とさせていただきます)

参加費/ 無料

申し込み方法/所定の申込用紙に、必要事項をご記入いただき、FAXにてお申込ください。

問い合わせ/株式会社インディバ・ジャパン
TEL:03-5768-8871
FAX:06-6536-0116 (担当:早川)
スポンサーサイト