FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

バイオデックスワークショップ2013
アスレティックリハビリテーションにおける筋力評価
――「バイオデックス」を用いた筋力評価のポイントとワークショップ 基礎編

日程/8月31日(土)

時間/午後2時~ 5時 (受付開始:午後1時30分 ~)

会場/酒井医療株式会社 大阪ショールーム(大阪布吹田市春日3-20-8)

内容/基礎的なデータの解析と評価を誤解しないための留意点、リハビリテーションメニューへ応用する際の重要ポイントなどをわかりやすく解説。
また、実機を利用したワークショップにより、実際の評価時のポイント解説や質疑応答など。

①講義「アスレティックリハビリテーションにおける筋力評価について」
・各種筋力評価の特性と活用方法
・健患比評価での留意点
・WBI(体重支持指数)評価の利用
・H/Q 比(屈曲/ 伸展比)評価の留意点
・基準値(目標値)設定の重要性
・測定速度別筋力の評価と回復過程特性  ほか

②ワークショップ「バイオデックスシステム4における筋力評価と活用法について」

講師/山本利春(国際武道大学 体育学部 コンディショニング科学研究室 教授)
国際武道大学体育学部スポーツトレーナー学科および同大学院教授。
同大学ライフセービング部およびトレーナーチーム部長。
NPO 法人コンディショニング科学研究所所長。
1983 年順天堂大学体育学部卒業、85 年同大学院修了(体育学修士:スポーツ医学専攻)。
医学博士、日本体育協会公認アスレチックトレーナーマスター、NSCA 公認ストレングス&コンディショニングスペシャリスト。

受講料/3,000 円(資料代込み)
*受講料は銀行振込。受付確認時にご案内させていただく

申し込み方法/酒井医療株式会社ホームページ内セミナー情報ページ 、またはリンク先より申し込む

定員/15 名程度(1 施設2 名まで)

問い合わせ/酒井医療株式会社 セミナー事務局  
E-mail:2013seminar@sakaimed.co.jp 
http://www.sakaimed.co.jp
スポンサーサイト



肩関節機能評価セミナー2013
――肩関節の機能障害を科学的に評価し治療プログラムに活かす

セミナー前日、京都で開催される「肩の運動機能研究会(日本肩関節学会)」においても講師を務められるスポーツ分野における肩関節のスペシャリストのオリバー先生に、米国における肩関節に対する科学的な評価に基づくトレーニングの実際についてデモンストレーションを交えご講演いただく(通訳あり)。

また、三浦雄一郎先生には、肩関節の機能の基礎から健常者の筋電図による客観的なデータを治療・評価に実践的に活かす具体的方法についておよび、ご病院で実践されている表面筋電図による診療報酬請求についてわかりやすくご講演いただく。

日程/9 月29 日(日)

時間/午前10時 ~午後5時(受付:午前9時30 分~)

会場/京都リサーチパーク 東地区一号館4FAV 会議室(京都府京都市下京区中堂寺南町134)

内容/
①「肩関節の運動療法の基礎――筋電図評価を用いて」および「表面筋電図診療報酬請求について」
三浦雄一郎(第一岡本病院リハビリテーション科技師長、理学療法士)

②「米国における肩関節トレーニングの実際」(通訳あり)
Dr.Gretchen Dawn Oliver(米国オーバーン大学)
・ Importance of the Kinetic Chain in Shoulder Rehabilitation
・Demonstrations of Specific Rehabilitation Exercises, and Laboratory Application of
EMG and Incorporating EMG Analysis in Rehabilitation

*座学を踏まえ簡単なデモンストレーションを行いますので、運動しやすい服装でお越し下さい。

講師/
Dr.Gretchen Dawn Oliver, PhD, FACSM, ATC/LAT
米国オーバーン大学
Director Laboratory for Sports Medicine and Movement
専門分野は、障害予防のためのリハビリテーション、トレーニング。特に野球、ソフトボールの投球動作等のバイオメカ二クスに造詣が深く、米国における関連学会等での研究発表、講演多数行っている。
2002 年より米国イースタンケンタッキー大学、2005 年より米国ステファン F.オースティン・ステート大学、2006 年より米国アーカンソー大学(Director of University of Arkansas Sport Biomechanics Group Clinical Coordinator of the Graduate Athletic Training Education Program)、2012 年より現職。
1999 年米国アーカンソー大学修士課程修了(Master of Science in Kinesiology Emphasis in Biomechanics)
2003 年米国テキサス女子大学博士課程修了(PhD in Kinesiology Biomechanics)

三浦雄一郎先生(理学療法士)
第一岡本病院リハビリテーション科技師長
長年にわたり表面筋電図を用いて体幹機能、肩関節機能についての研究活動を行い、科学的根拠に基づき運動療法を実践している。
1991 年 京都大学医療技術短期大学部 理学療法学科卒業
1991 年 和松会 六地蔵総合病院
2000 年 第一岡本病院
関西理学療法学会理事 ほか

通訳/泉 秀幸 先生(東京有明医療大学 保健医療学部 鍼灸学科 准教授)
MBA, MPH, ATC, Lic. Ac., CSCS, JASA-AT
1991 年 オハイオ大学アスレティックトレーニング・運動生理学専攻卒業後、スポーツ現場の医療に携わる。
1998 年 日本鍼灸理療専門学校医療専門課程本科卒業
2003 年 テキサス大学公衆衛生学大学院修士課程修了
2010 年 テンプル大学経営学大学院MBA コース卒業
2010 年より現職。
ジャパンアスレティックトレーナーズ機構 会長
東京都アスレティックトレーナー連絡協議会 理事 ほか

対象/肩関節に対するトレーニングにご関心のある研究者から臨床家まで

受講料/5,000 円(資料・昼食費込み)
*受講料は銀行振込。受付確認時にご案内させていただく

申し込み方法/酒井医療㈱ホームページ内セミナー情報ページ 、またはリンク先より申し込む

申し込み締切/9 月20日 (金)まで

問い合わせ/酒井医療株式会社 セミナー事務局  
E-mail:2013seminar@sakaimed.co.jp