FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


第12回インディバ・コンベンション
――11月10日開催決定


高周波温熱機器「インディバ」を販売する株式会社インディバ・ジャパンは毎年秋に、「インディバ」の新たな有用性・有効性などを発表する「インディバ・コンベンション」を行っていますが、第12回となる今年は11月10 日(日)に開催します。今年もユーザーや美容、医療関係者ら350 名の参加を見込んでいます。

「インディバ」分野からはセルライト・脂肪滴抑制で特許を取得している、「インディバ」とイオン導入器の併用法による事例や、頭皮への施術効果など新たな有効性の発表があります。特許取得の併用法は「インディバ」でしかできないもの、そして頭皮への施術も、部位を問わず使用できる「インディバ」ならではの施術です。

スポーツ・鍼灸分野へ展開している「インディバ・アクティブ」からの発表では、スポーツ科学の第一人者による講演や導入施設によるデモンストレーションなどを行います。デモンストレーションは毎年人気ですが、今年はスポーツ分野の施設のデモなので、例年とはひと味違うテクニックを見ることができるでしょう。また、ウエイトダウンだけでなく筋肉のつき方にも配慮した、エステとは異なるアプローチによる痩身効果の発表も予定しています。

「第12回インディバ・コンベンション」は美容、医療、そしてスポーツ・鍼灸分野まで発表は幅広く、昨年よりもスケールアップした内容での開催となります。

問い合わせ/株式会社インディバ・ジャパン 広報室(担当:宮川)
TEL: 03-5768-8871
FAX: 03-5768-8872
E-Mail: indiba@symphony.plala.or.jp
スポンサーサイト