FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

運動学的概念に基づいた運動障害へのアプローチ

日程/平成25年9月8日(日)

時間/午前9時~午後5時

会場/スクエア荏原(東京都品川区)

内容/ヒトの運動について重力環境への適応様式をクラインフォーゲルバッハの概念を用いて分類し、そのパターンを変容させる手段を提示します。

特に姿勢制御機構との関連性から、実技も交えながら検討します。

講師/福士宏紀先生(いわてリハビリテーションセンター機能回復療法部 理学療法科科長)

参加費/10,000円

対象/興味のある方であればどなたでも

定員/30名

申し込み方法・締切/8月31日までに、氏名・所属・資格・連絡先を明記の上、kens-m@kens-lab.jpまで申し込む

問い合わせ/KENS-lab
スポンサーサイト



膝関節疾患のアスリハのポイントとその予防法

日程/8月25日(日)

時間/午前9時~午後5時

会場/スクエア荏原(東京都品川区)

内容/①「スポーツができる膝にもどすためのリハ戦略」
     島田周輔(元横浜Fマリノス/昭和大学藤が丘リハビリテーション病院・理学療法士)
   ②「ACL損傷を含めた下肢の外傷予防トレーニング」
     小田桂吾(前ジェフ千葉フィジオセラピスト/仙台大学体育学部講師・理学療法士)

参加費/10,000円

対象/興味のある方であればどなたでも

定員/30名

申し込み方法・締切/8月15日までに、氏名・所属・資格・連絡先を明記の上、kens-m@kens-lab.jpまで申し込む

問い合わせ/KENS-lab

153号は本日発売です。

特集は「体幹深部筋と腰痛――体幹トレーニングのキーポイント」です。
詳細は、このサイトをご覧ください。特集26ページのうち11ページを無料で公開していますので、ぜひご覧ください。(清家輝文)