FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


スポーツ整形疾患に対する機能的運動評価と治療展開
 ~臨床現場とスポーツ現場のギャップをいかに埋めるか~


日程/9月8日(日)

時間/午前10時~午後4時

会場/倉敷市児島産業振興センター(倉敷市児島駅前1-37)

内容/ファンクショナルトレーニングを提供する際に必要となる評価とそれに基づいた治療展開を実技により学び、臨床現場とスポーツ現場の照合を図る

講師/石川雄也(医療法人社団飛翔会 寛田クリニック、理学療法士)

参加費/6,000円

対象/理学療法士、作業療法士、トレーナーなど興味のある方

定員/30名

申し込み方法/下記アドレスにメールで申し込む。
件名に「フィジオスタイルワークショップ参加希望」
本文に①氏名 ②所属 ③職種 ④連絡先メールアドレスを明記してください。

問い合わせ/フィジオスタイル
E-mail: okayamafelden@gmail.com
スポンサーサイト