FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

ダンサーのためのセルフケアセミナー
――痛みをかかえたまま踊っていませんか?

日程/9月14日(土)

時間/午後7時15分~8時45分(午後7時開場)

会場/大阪市立青少年センター・ココプラザ 会議室701
     (大阪市東淀川区東中島1-13-13、新大阪駅東口より徒歩5分)

内容/ダンスにおけるケガや慢性的な痛みを未然に防ぐためのセルフケアの方法を紹介するとともに、参加者のカラダをチェックし痛みがある場合はその原因を分析し改善方法を一緒に考えていきたいと思います。

講師/川上喬也(日本体育協会公認アスレティックトレーナー)

対象/ダンサー(ヒップホップ、バレエ、チア、フラ等すべてのダンス)、モデル

参加費/1,000円  ※当日会場にてお支払いください

定員/10名

申し込み方法/HP内のセミナー申し込みフォームより申し込む

問い合わせ/シンクスポーツ株式会社

スポンサーサイト