FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


第8回つくば野球研究会
――野球指導要領と指導者ライセンス


日程/11月30日(土)

時間/午後12時~8時40分

会場/つくば国際会議場(エポカルつくば)IF(茨城県つくば市竹園2-20-3)

内容/【講演1】
「学童期野球肘障害が将来に及ぼす影響」古島弘三(慶友整形外科病院慶友スポーツ医学センター長)
「投球陣害の一次予防・二次予防と選手宵威の両立」馬見塚尚孝(筑波大学附薦痢院水戸地域医療教宵センター講師)
共催:久光製薬株式会社

【講演2】
「野球現場での応急処置と救命処置」高橋伸二(筑波大学病院教授)
座長: 西浦康正(筑波大学付属病院土浦市地域臨床教育ステーション教授)
共催:第一三共株

【講演3】
「野球による腰部障害と予防対策」金岡恒治(早稲田大学スポーツ科学学術院教授)
座長: 落合直之(キッコーマン総合病院外科系センター長)
共催:アステラス

【講演4】
「ボールのキレとノビの分析」神事 努(国際武道大学国際スポーツ文化学科助教)
座長: 島田一志(金沢星稜大学人間科学部准教授)

【講演5】
「これからの指導者に求められるもの」小島啓民(日本代表野球監督)
座長: 山中正竹(元日本代表野球監督、法政大学特任教授)

【ポスターセッション&懇談会】*食事付き
進行: 松尾知之(大阪大学医学系研究科准教授)
進行: 鳥越焼央(東海大学理学部准教授)

【講演6】
「野球の練習に必要な数字」川村 卓(筑波大学体育専門学群准教授)
座長: 森本吉謙(仙台大学体育学部准教授)

つくば野球研究会
野球界が物事を決める際に参考となる“知見”を、野球に関係する様々な分野の専門家や現場の方々が集まって議論し、生み出していくための組織。

定員/300名

參加費/5,000円、学生1,000円

お申込み方法/フェイスブック上の申請フォームもしくは下記アドレスに
①お名前
②メールアドレス
③所属
をご記入の上、申し込む。

問い合わせ/筑波大学整形外科
TEL:029-853-3219
E-mail:seikei@md.tsukuba.ac.jp

スポンサーサイト