FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

腰痛リハビリテーションセミナー
腰痛予防・腰痛軽減のための運動療法の実践


日程/11月17日(日)

時間/午前10時~ 午後4時30分(受付開始午前9時30分~)

会場/タイム24ビル(東京都江東区青海2-4-32)

内容/白土先生には「腰痛診療ガイドライン2012」についてのご紹介と実践についてご講演いただき、腰痛軽減から予防までエビデンスに基づく運動療法について、伊藤先生・小俣先生に最新の実践事例の紹介とともにご講演いただく。

プログラム/
①特別講演「腰痛診療ガイドライン2012 の紹介と実践」
   白土 修(福島県立医科大学会津医療センター整形外科・脊椎外科学講座 教授)

②「慢性腰痛症に対する理学療法~国内外の最新動向~」
   伊藤俊一(北海道千歳リハビリテーション学院 学院長、福島県立医科大学会津医療センター 特任教授)

③「腰痛症患者の評価とエビデンスに基づくマシントレーニングの実践」
   小俣純一(福島県立医科大学会津医療センター リハビリテーション科リーダー)

対象/医師・理学療法士・作業療法士・柔道整復師・アスレティックトレーナー 等

定員/80名程度

受講料/5,000円(資料・昼食含む)
・受講料は銀行振込。受付確認時にご案内します。

申し込み方法/酒井医療㈱ホームページ内セミナー情報ページ 、またはリンク先より申し込む

申し込み締切/11月8 日(金)

問い合わせ/酒井医療株式会社 セミナー事務局  
E-mail:2013seminar@sakaimed.co.jp 

スポンサーサイト