FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

次号154号の編集中です。

次号は、筋肉に注目し、収縮・弛緩という視点ではなく、新しい視点で捉えます。

今回は、和歌山医科大学の田島文博先生の「筋肉は内分泌器官である」というタイトルでのお話が最初です。
「安静臥床は麻薬」「運動は万能薬」というスローガンで、少しでも動ける患者さんは、たとえ人工呼吸器を装着したままでも運動してもらう。運動することがなぜよいのか、IL-6というマイオカインをキーに語っていただき、実際に和歌山医大で行われているリハビリテーションについても紹介していただきます。

80年代から「ダイナミック運動療法」という主に腰痛患者の人を3カ月合宿させて、全身を強化、強くして職場復帰させたプロジェクトに携わった大久保衞先生にも、田島先生の実践について語っていただきます。

最後に、また別の視点で、運動によって骨格筋の組成が変化するという最新の研究をもとに、運動と筋肉の可能性について、宮下充正先生に執筆していただいた原稿を掲載します。

タイトルはまだ変更するかもしれませんが、現状報告でした。お楽しみに!(清家)
スポンサーサイト



パートナーストレッチセミナー

日程/指導者養成セミナー:10月27日(日)
ワークショップ・認定テスト:11月3日(日)

時間/指導者養成セミナー:午前10時~午後5時
  ワークショップ:午前10時~午後1時
  認定テスト:午後2時~5時

会場/スポーツインテリジェンス トレーニングルーム(大阪市北区中津1-2-18 ミノヤビル5F)

内容/スタティック(静的)ペアストレッチの理論・実技を学ぶ。ソフトなストレッチで筋コンディショニングに役立ちます。
※詳細はHP参照

講師/中野道治、市山裕梨

受講料/指導者養成セミナー:7,350円
ワークショップ:3,150円
認定テスト: 2,100円

定員/10名

申し込み締切/開催日時の10日前まで

申し込み方法/電話もしくはホームページより

問い合わせ/スポーツインテリジェンス
TEL:06-6359-8171
FAX:06-6259-8172
E-mail:si-event@sports-intelligence.jp