FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

日本女子体育大学附属基礎体力研究所
第24回公開研究フォーラム
――未来に生きる子どもの体力・運動能力を考える


日程/11月30日(土)

時間/午後1時~3時50分(予定)

会場/日本女子体育大学本館 1階 E101(東京都世田谷区北烏山8-19-1)

内容/
SessionⅠ「多角的エビデンスから捉える」 
・「子どもの生活環境と体力・運動能力との関わり」 國土将平(神戸大学発達科学部・准教授)
・「子どものからだとこころを育てる運動遊びと様々な工夫」 春日晃章(岐阜大学教育学部・准教授)

SessionⅡ「2013年度基礎体力研究所成果発表」

Session Ⅲ「運動指導の現場から考える」
・「土ふまずの発達と子どもの運動能力」 井筒紫乃(日本女子体育大学体育学部・准教授)
・「小学校と幼保連携で育成する子どもの体力・運動能力」 山崎信也(横浜市立森東小学校・校長)

参加費/無料

問い合わせ/日本女子体育大学附属基礎体力研究所
TEL: 03-3300-6172、03-3300-6175
E-mail:kisotai@jwcpe.ac.jp

スポンサーサイト