スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.189(2017年4月号)←詳細&購入はここ!
msm189-Taguchi.jpg 特集『特集 アスリートの骨盤を守る』
 
1.「仙腸関節機能障害の病態」
坂本飛鳥・聖隷クリストファー大学リハビリテーション学部理学療法学科
        
2.「3D-MRIに基づく骨盤の歪み(マルアライメント)」
小椋浩徳・スタイル訪問看護ステーション、理学療法士
 
3.「骨盤マルアライメントと原因因子の臨床評価」
杉野伸治・Shinji Sugino RPT、カラダコンディショニングTHANKS

4.「骨盤マルアライメントの治療」
蒲田和芳・広島国際大学リハビリテーション学科

5.「“挫滅マッサージ”によって出現した副作用について」
──坐骨神経に異常をきたした女子アスリートの一症例
蒲田和芳・広島国際大学リハビリテーション学科
   
第4回大阪マラソンのチャリティ寄付先団体を公募します

 大阪マラソンは「みんなでかける虹。」を合言葉に、すべてのランナーから大阪マラソンのチャリティプログラムにご賛同いただき、虹にちなんだ7色のチャリティカラーに沿った7つのチャリティテーマと虹色(東日本大震災復興)のテーマの中からご自分が支援したいテーマを選んでチャリティ募金にご協力いただいています。

 第3回大会までは、各テーマごとに1団体(一部、2団体)合計9団体を寄付先団体として設定していましたが、チャリティの発展と普及、さらなる社会貢献をめざし、第4回大会からは、寄付先団体の公募を行うこととしました。積極的なご応募をお待ちしています。

 なお、第4回大会から「東日本大震災復興支援」を目的とした団体も、7つのチャリティテーマの枠組みの中で、ご応募いただくことができます。


※詳細については、添付資料(PDF)及び大阪マラソン公式大会ホームページ「チャリティ寄付先団体公募募集要項」をご覧ください。

問い合わせ/大阪マラソン組織委員会事務局
 (広報担当:二俣・平野)
TEL:06-6210-931
スポンサーサイト
明日からの臨床やスポーツ現場で活かせるピラティス
――呼吸&四肢の動き編

日程/12月8日(日)

時間/午前10時~午後4時

会場/児島市民交流センター(倉敷市児島味野2-2-38)

内容/ピラティスの原理原則に関わるいろいろな動きを体験、観察することと、それが呼吸とどう関わっていくかについて実践者、観察者に立場を変えながら、キーポイントとなる主観的な「動き」とピラティス的視点における客観的な観察を通じ、動きを深く知り、改善する糸口について考えていく。

講師/伊藤喜昌(IT'S ITO'S PILATES!!!代表、Polestar Pilates コンプリヘンシブ スタジオ認定プラクティショナー)

参加費/6,000円

対象/理学療法士、作業療法士、トレーナーなど興味のある方

定員/30名

申し込み方法/下記アドレスにメールで申し込み。
件名に「フィジオスタイルワークショップ参加希望」、本文に
①氏名
②所属
③職種
④連絡先メールアドレス
⑤レンタルマット(300円)の希望有無
を明記してください。

問い合わせ/フィジオスタイル
E-mail:okayamafelden@gmail.com

第40回日本股関節学会
――サイエンスに基づいた股関節治療のアート


日程/11月29日(金)~30日(土)

受付時間/29日:午前8時~午後6時
       30日:午前7時30分~午後4時30分

会場/広島国際会議場(広島市中区中島町1-5 平和記念公園内)
     広島市文化交流会館(広島市中区加古町3-3)

会長/安永裕司(広島大学大学院医歯薬保健学研究院人工関節生体材料学[寄附講座] 教授)

内容/招待講演
①「Hip Joint Preservation - Where are we today?」
Klaus-Arno Siebenrock(Department of Orthopaedic Surgery, University of Bern, Switzerland)
②「Hip Arthroscopy and Femoroacetabular Impingement in Early Osteoarthritis of the Hip」
Deuk-Soo Hwang(Department of Orthopedic Surgery, Chungnam National University Hospital, Korea)
③「New Era of Hip Joint Preservation Surgery」
Young-Jo Kim(Department of Orthopaedic Surgery / Child and Adult Hip Preservation Surgery Program, Boston Children's Hospital, Harvard Medical School, U.S.)
④「The Thrust Plate Prostheses according to Huggler and Jacob Basics development, and long term clinical experience – A historical review」
Heinz Bereiter(Kantonsspital Graubünden, Klinik für Orthopädie und Traumatologie des Bewegungsapparates, Switzerland)

特別講演
「膝関節軟骨修復 現状と未来」越智光夫(広島大学大学院医歯薬保健学研究院 整形外科学)

日本股関節学会第40回記念講演
「日本股関節学会と私」
伊丹康人(公益財団法人 日本股関節研究振興財団)
別府諸兄(聖マリアンナ医科大学 整形外科学講座)

シンポジウム
①「変形性股関節症の定義・診断基準の問題点と展望」
村木重之(東京大学医学部附属病院22世紀医療センター 臨床運動器医学講座)
山口岳彦(自治医科大学医学部 人体病理学)
西井 孝(大阪大学大学院医学系研究科 運動器医工学治療学)
稲葉 裕(横浜市立大学医学部 整形学科)
加畑多文(金沢大学大学院医学研究科 機能再建学)

②「FAIの定義・診断基準・治療」
福島健介(北里大学医学部 整形外科学)
山本泰宏(健康科学大学 健康科学部 理学療法学科)
山崎琢磨(広島大学大学院 整形外科)
中村好成(福岡大学医学部 整形外科学教室)
内田宗志(産業医科大学若松病院 整形外科)
藤井英紀(東京慈恵会医科大学 整形外科学講座)

③「特発性大腿骨頭壊死症の基礎的研究(病態と予防)」
岡崎俊一郎(札幌医科大学医学部 生体工学・運動器治療開発講座兼法医学講座)
市堰 徹(金沢医科大学 整形外科学教室)
黒田 隆(京都大学大学院医学研究科 感覚運動系外科学講座整形外科学)
大鶴任彦(東京女子医科大学医学部 整形外科)
西井 孝(大阪大学大学院医学系研究科 運動器医工学治療学)
新井隆太(北海道大学大学院医学研究科 医学専攻 機能再生医学講座 整形外科分野)

④「骨折シンポジウム「寛骨臼骨折」」
新藤正輝(帝京大学医学部 整形外科)
藤原正利(一般財団法人神戸市地域医療振興財団 西神戸医療センター 整形外科)
佐藤 徹(国立病院機構岡山医療センター 整形外科)
澤口 毅(富山市民病院 整形外科・関節再建外科)
白濵正博(久留米大学医学部 整形外科学教室)
小久保安朗(福井大学医学部 器官制御医学講座 整形外科学領域)
野田知之(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 生体機能再生・再建学講座(整形外科))

⑤「小児股関節シンポジウム「DDH見逃し例の増加の現状と対策」」
北川由佳(岩手県立療育センター 整形外科)
品田良之(松戸市立病院 整形外科)
松原光宏(長野県立こども病院 整形外科)
鈴木茂夫(特定医療法人社団昭愛会 水野記念病院 小児整形外科)
中川敬介(大阪市立総合医療センター 小児整形外科)
尾木祐子(滋賀県立小児保健医療センター 小児整形外科)

⑥「日本股関節学会教育カリキュラム」
帖佐悦男(宮崎大学医学部 整形外科)
中村 茂(帝京大学医学部 整形外科)
馬渡正明(佐賀大学医学部 整形外科)
長谷川幸治(名古屋大学大学院下肢関節再建学)

⑦「股関節疾患評価法(JHEQ)」
坂越大悟(富山市民病院 整形外科・関節再建外科)
兼氏 歩(金沢医科大学 整形外科学教室)
徳永邦彦(愛仁会亀田第一病院 新潟股関節センター)
関 泰輔(名古屋大学大学院医学系研究科 機能構築医学専攻運動・ 形態外科学)
比江島欣愼(東京医療保健大学大学院 医療保健学研究科)

市民公開講座
「股関節疾患治療のエキスパートに聞く」
名越 智(札幌医科大学 生体工学・運動器治療開発講座)
高平尚伸(北里大学医学部 整形外科学)
中島康晴(九州大学大学院医学研究院臨床医学部門外科学講座 整形外科学分野)

※その他、パネルディスカッション、教育研修講演、ランチョンセミナー、イブニングセミナーなど。
詳細はHP(参照

参加費/医師(会員):15,000円、医師(非会員):20,000円
    企業関係者・その他:20,000円
    初期研修医:7,000円(研修手帳または研修中であることを示す病院の証明書を提示(卒後2年まで))
    看護師・リハビリ関連職・薬剤師・コメディカル関係・福祉関係者:7,000円

事務局/広島大学大学院医歯薬保健学研究院人工関節生体材料学
TEL: 082-257-5980
FAX: 082-257-5980

運営事務局/日本コンベンションサービス株式会社 関西支社
TEL: 06-6221-5933
FAX: 06-6221-5938
E-mail: 40hip@convention.co.jp

第22回日本柔道整復接骨医学会

日程/11月23日(土・祝)~ 24日(日)

会場/東京・東京有明医療大学(東京都江東区有明2-9-1 )

内容/
・大会会長講演
「足とアシクビの解剖序説」佐藤達夫(東京有明医療大学) 

・特別講演Ⅰ
「足関節内反損傷」田渕健一(田渕整形外科クリニック) 

・特別講演Ⅱ
「果部骨折と距骨の亜脱臼における整復および固定法」根本恒夫(学校法人花田学園 日本柔道整復専門学校)
 
・有明臨床解剖学シンポジウム
①「柔整国試と他分野出題の類解剖問題から見た柔整臨床解剖の考察」加藤 征(信州医療福祉専門学校) 
②「体性感覚構造図と運動器疼痛症候学」高橋 弦(山王整形クリニック) 
③「肩関節ならびに上肢帯の構造:とくに烏口上腕靱帯の構造について」秋田恵一(東京医科歯科大学大学院臨床解剖学分野) 

・教育研修セミナー
「教育と柔道~柔道の教育的価値について~」石井兼輔(国際武道大学)
 
・実践スポーツ医科学セミナーⅠ
「股関節のトレーニング」白木 仁(筑波大学大学院人間総合科学研究科スポーツ医学)
 
・実践スポーツ医科学セミナーⅡ
「野球選手における「肩機能の基本から眺めた評価と指導」柚木 脩(東京有明医療大学・大学院) 

・物理療法分科委員会フォーラム
「新刺激法・柔整市場における「ラジオ波療法」に期待するもの」宮崎健二(フィジオプラス株式会社) 

・鑑別診断分科委員会フォーラム
「想定外を想定内にする鑑別診断~その愁訴、本当に無視していいのですか?~」
兵庫県:磯 英治、大阪府:荻澤俊彦、大阪府:銭田幸徳、大阪府:水口純宏、大阪府:村田 誠

・柔整・接骨史分科委員会フォーラム
①「世界の四大文明と接骨医学の知恵」我部正彦(柔整・接骨史分科委員会) 
②「エジプト文明とメソポタミア文明から学ぶ知恵」我部正彦(柔整・接骨史分科会) 
③「インダス文明から学ぶ知恵」中川敏郎(接骨医学史研究会) 
④「中国文明から学ぶ知恵 その一」乾 和彦(接骨医学史研究会) 
⑤「中国骨傷科の歴史から格言、金言を探る」福田 格(東京有明医療大学)
 
・社会医療分科委員会フォーラム
①「医薬品インターネット販売訴訟と対面販売の在り方」前田和彦(九州保健福祉大学大学院医療薬学科) 
②「社会保障政策の展望」丸川珠代(参議院議員)
 
・整復治療手技固定分科委員会フォーラム
①「メインテーマ「橈骨遠位端部骨折」に対する討議」横山健二(了德寺学園医療専門学校) 
②「注意すべき前腕周辺の骨折」上本宗忠(かみもとスポーツクリニック) 
③「橈骨遠位端骨折に対する徒手整復法の必要性」長田大樹(堺整骨院) 
④「橈骨遠位端骨折の屈曲整復法について」井出和光(長野県 井出接骨院) 
⑤「前腕骨遠位端骨折における固定材料」北澤正人(前橋東洋医学専門学校)
 
・画像解析分科委員会フォーラム
①「超音波診断装置(エコー)の教育と応用」櫻井庄二(帝京大学医療技術学部柔道整復学科) 
②「東京有明医療大学及び同大学院における超音波画像観察装置を用いての教育及び研究の現況」成瀬秀夫(東京有明医療大学 保健医療学部柔道整復学科) 
③「ナラティヴ(NBM)としての超音波骨観察症例報告」井澤津久夫(東京都、名倉接骨院) 
④「膝関節捻挫の整復と振動覚療法(超音波画像スクリーニング効果による有効性判断根拠の研究)」市毛雅之(帝京科学大学医療科学部東京柔道整復学科)
 
・バイオメカニクス分科委員会フォーラム
①「体肢・体幹の筋力トレーニング」宮本英治(株式会社コアスポーツ) 
②「腱のトレーニング」久保啓太郎(東京大学大学院総合文化研究科)
 
・インターナショナル セッション
①「モンゴルにおける日本伝統治療(柔道整復術)指導者育成・普及プロジェクトの取り組みについて」Enkhtaivan Tuvshinbayar(モンゴル国立健康科学大学付属医療技術大学)
②「私が柔道整復師を目指した理由」Ganbaatar Khudermunkh(モンゴル国)
③「Menstrual irregularity prevalence in elite female university judo athletes」Tae-hyun Lee(Yongin University)
④「私が柔道整復師を目指した理由」朴 成龍(大韓民国)
 
その他、口頭発表およびポスター発表

※詳細はHP参照

参加者区分/正会員、認定柔道整復師、学生会員、臨時会員(非会員)、臨時学生会員(非会員)、学生会員および臨時学生会員(非会員)の当日申し込みは学生証を提示

受講料/当日参加申し込み(10月1日以降):正会員8,000円、認定柔道整復師8,000円、学生会員3,000円、臨時会員(非会員)10,000、臨時学生会員(非会員)6,000円

申し込み方法/参加申し込みが必要。事前申し込みの場合は学術大会開催前に学会誌(プログラム・抄録集)とネームカード引換はがきを送る。

当日参加申し込みの方は大会会場受付にて参加申し込みを行う(当日参加申し込みの方はプログラム・抄録集をお渡しできない場合もありますので、予めご了承下さい)

※詳細はHP参照

【懇親会】
日程/23日(土・祝)
時間:午後7時(時間厳守)~午後9時30分予定
会場:東京ベイクルーズ「シンフォニー」1階エンペラー シーライン東京 日の出埠頭営業所(東京都港区海岸2-7-104)
会費:10,000円
申し込み方法:参加ご希望の会員は、下記まで直接申し込む。
URLのホームページより)
電話でお申し込み:有限会社 旅の魔法使い(担当:高橋)
TEL:03-3909-9991

問い合わせ/日本柔道整復接骨医学会
TEL:03-5830-3025
FAX:03-5830-3026
第10回 トレーニング科学・国際集中講座 2014

期間/2014年2月20日(成田発)~3月4日(成田着)

主会場/同大学スポーツ科学部

主催/ライプチヒ大学・スポーツ学部(ドイツ・ライプチヒ市)

共催/国立応用トレーニング研究所(IAT)、ライプチヒ・オリンピック強化センター(OSP)、ライプチヒ・スポーツギムナジウム(10~19歳のスポーツタレントの専門学校)、各スポーツクラブ

後援/ライプチヒ市スポーツ局

受講人数/最少12名、最多20名

受講対象/大学生、専門学校生、スポーツ教職員(小・中・高・大学)、クラブ指導者、公共団体等の指導者など

言語/ドイツ語(講義や座談会、討論会など=通訳付き、その他=可能な限り通訳ガイド付き)

その他/同大学スポーツ科学部公認修了証書の交付

募集/2013年12月30日まで(最終締切;2014年1月5日)。
※第10回記念につき、12月3日までの先着参加申込の10名様に限り、リピーター向け費用(306,000円)にて承ります!

【全滞在日程】
以下の3つのメインテーマで構成。合計22単位(1時限;90分)の基本講座の他、課題別行事としてスポーツ関連施設の見学や特別テーマに関する座談会などを予定。また、自由時間を利用して、スポーツクラブなどのトレーニングを自由観察できるように準備手配する。

①トレーニング科学の基礎(情報とエネルギーの一体性)
・動作学・トレーニング学の基本概念とそれぞれの関連性
・パフォーマンス決定要因としてのコオーディネーション能力とは-他の諸要因との関連性
・運動能力のトレーニング法
・トレーニングのプランニング/一貫性指導/タレントの発掘・育成 など。

②スポーツマネジメント
・地域総合スポーツクラブや単一種目のクラブなどの訪問と交流
・各スポーツ関連施設の訪問と交流

③トレーニング現場を見る/コーチや選手と交流する/ドイツ史を訪ねる
・各スポーツクラブを自由訪問/選手らとの自主的交流
・文化史跡などの訪問:古都ドレスデンほか、ベルリンのオリンピックスタジアムほか)とキーンバウム(欧州最大のドイツ・ナショナルトレセン)
・ゲーム観戦(滞在中に行われるベストな試合―入場料など自己負担) など

※詳細はHP参照

【集中講座の概要】
当集中講座はコレスポが2003年以降、ライプチヒ大学スポーツ科学部との交流協定にもとづき、ほぼ毎年取り組んでいる伝統的事業ですが、当講座の社会的認知度は徐々に増し、今回は第10回記念を迎えるに至りました。

さらに2010年からは集中講座in Japan(今年は第4回目)を毎年秋に開催しております。また、2011年からはライプチヒ大学公認「コオーディネーション・トレーナー」の資格認定制度がスタートし、現在までに20名が公認資格を取得しています。ちなみに両講座の修了が資格認定試験を受ける前提条件となっています。

1409年創立のライプチヒ大学はドイツ最古の大学のひとつで、文豪森鴎外なども留学しています。

「スポーツ科学」講座については1920年代、ドイツで初めて当大学に設置され、その科学研究は、旧東独時代に最盛期を迎え、マイネル「運動学」やハレ「トレーニング学」、ホッホムート「バイオメカニクス」、ティッテル「機能解剖学」などが世界的なスポーツ科学の基礎を創りました。こうした成果は東西ドイツ統合後も引き継がれ、現在では「ライプチヒ学派」としての地位を確立しています。講座内容は、ライプチヒ学派が提唱するトレーニング科学の全体系に及んでいます。

今回の講座内容は、コオーディネーション理論と動作観察法、そして、タレント発掘・育成に携わる指導者などにとって不可欠な発育発達学(個体発生学)の基本知識というテーマなどを重点においています。また、戦略・戦術ならびに両側性のテーマなどによって実践への応用理論を加えました。

「スピードトレーニング」は好評につき、Dr.フォスを中心に、全競技に欠かせない「スピード」の理論を学ぶと同時に、実際のスピードトレーニングの見学も行う予定。

さらに今回は、いくつかのスポーツクラブ(サッカー:RBライプチヒ、ハンドボール:SC-DHfKハンドボールクラブ、児童と高齢者向けの体力向上プロジェクト:SC-DHfKキッズスポーツセンターなど)の担当者との意見交流の場を設定し(日程内の「スポーツクラブの戦略と現状」)、スポーツ現場における新たな取り組みを紹介する。日本に参考となる具体的な情報が得られると期待しています。

日本でも「コオーディネーション」のトレーニングが注目されてきていますが、ライプチヒ学派ではすでに50年ほど前からこのテーマについて、実践指向的な研究が続けられており、先駆的な基礎理論を学ぶことは意義深いと言えます。数多くの講義が用意されていますが、それらのテーマを個々バラバラではなく、相関的に論じ、集中して取り組めるような講座は他に例がありません。しかも、講師からの一方的講義ではなく、同時通訳によって質疑応答をしながらの双方向性の講義が基調となっています。

ライプチヒは、バッハやゲーテなどゆかりの文化史跡も豊富で、歴史的な街の雰囲気も大きな魅力のひとつです。 宿泊先は、前回と同様、快適な滞在環境のもとで講座に通うことができるよう、市街中心にあるウェスティンホテル(5つ星=会場までトラム5分)。

参加費/お一人(成田発着)348,000円(会員328,000円、リピーター306,000円)
※上記費用に含まれるのは、宿泊料金(ツイン、朝食込み)のほか、往復航空運賃(成田/ライプチヒ間)、受講費用、現地空港/ホテル間の送迎料金など。
※上記以外の費用は自己負担。とくに昼食は大学食堂&喫茶(安価)を利用できます。
※その他の自己負担は市内移動用交通費(主にトラム)、エクスカーション費用(希望者)、夕食、各入場料など。
※ちなみに自己負担費用の目安は1日1,500円程度。なお、シングル利用の場合、追加料金は40,000円。
※参加者の構成によっては、シングル利用になる場合がありますのでご了承ください。
  その際は申し込み順を優先。
※なお、参加費用は申し込み時に150,000円、残額分を出発35日前にご請求申し上げます。

申し込み方法/HP内の申込書に必要事項を記載の上、メールまたはFAXにて申し込む。
折り返し正式な参加申し込みなどをご案内いたします。

問い合わせ/KoLeSpo (ライプチヒスポーツ科学交流協会)事務局
(担当:高橋・スポーツコーディネーター)
E-mail:sport.taka@h2.dion.ne.jp
TEL/FAX 047-315-6094

元メジャーリーグトレーナーの
「投球障害肩・肘のアスレティクリハビリテーション」


期日/2013年12月15日(日)

時間/10:00~13:30

会場/安芸区民文化センター(広島市)

内容/
第1部(10:00~11:30):「UCL損傷(内側側副靱帯損傷)のアスレティクリハ」

第2部(11:45~13:15):「投球障害肩のアスレティクリハ」野球で頻繁にみられる肩・肘の障害に対して、アスレティクリハビリテーションをどう進めていくかをレクチャー。肘に関してはUCL損傷を中心に、肩に関しては投球障害肩に対して全般的に使える内容。メジャーリーグでのトレーナー経験と国内でのトレーナー活動を踏まえて、わかりやすく解説する。

講師/増本克規(株式会社REACH、元サンフランシスコジャイアンツ、ATC)

参加費/5,000円

定員/20名

申し込み締切/12月10日(火)

問い合わせ/広島運動器疾患リハビリテーション研究会

第4回トレーニング科学国際集中講座 in Japan
――ドイツ・ライプチヒ学派;情報とエネルギーの一体性


日程/11月29日:「コオーディネーション・トレーナー」資格認定試験&トレーナー会議
     11月30日~12月1日:第4回トレーニング科学国際集中講座 in Japan

時間/29日:午後1時~7時
    30日:午前9時15分(受付)~午後6時20分
    1日:午前9時~午後1時

会場/高松大学・本館多目的ホール

内容/
29日:①ライプチヒ大学公認「コオーディネーショントレーナー」資格認定試験
    ②トレーナー会議(資格取得に関心のある方も参加可)

30日:
講義「情報とエネルギーの一体性における情報系プロセス」 Dr.Hartmann
講義「情報とエネルギーの一体性におけるエネルギー系プロセス」 Dr.Minow     
講義「動作学習プロセス」 Dr.Hartmann    
演習「コオーディネーショントレーニングの方策と原則」 Dr.Hartmann    
講義「コンディション系能力の基本的なトレーニング法」 Dr.Minow    
講義「スキルトレーニングvs.コオーディネーショントレーニング」 Dr.Hartmann 

1日:
講義「コンディション能力のトレーニング法」 Dr.Minow
講義「スキルトレーニングvs.コオーディネーショントレーニング」 Dr.Hartmann
※通訳付き

講師/Dr.Christian Hartmann(C.ハルトマン)
50年におよぶライプチヒ学派のコオーディネーション研究の伝統的な継承者。その他、スポーツ 動作診断学や発育発達学、両側性の研究など。同大学スポーツ科学部教授。

Dr. Hans-Joachim Minow(H. J. ミノウ)
同大学同研究室教授。とくにコンディション系能力と負荷構成を研究。ドイツ最大規模の総合型スポーツクラブ(SC-DHfK、約6,000名)副会長。フィンスイミング(同氏が指導)は国内トップクラス。
※詳細はHP(http://www.kolespo.net/kolespo/project.html)参照

定員/80名(先着順)

受講料/19日:トレーナー会議:無料

[全日程]
 全国:一般18,000円、学生14,000円、香川県在住:一般14,000円、学生11,000円

[30日]
 全国:一般13,000円、学生10,000円、香川県在住:一般10,000円、学生8,000円

[1日]
 全国:一般7,000円、学生5,000円、香川県在住:一般5,000円、学生4,000円

[ライプチヒ講座修了者]
全日程:10,000円、30日:7,000円、1日:3,500円

[コオーディネーショントレーナー有資格者]
全日程:5,000円、30日:4,000円、1日:2,000円
1回当たりの講義・演習4,000円

申し込み方法/下記HP内の受講申込書をダウンロードし必要事項を記入のうえ、代表メール(info@kolespo.net)または、下記FAXまで送信する

問い合わせ/KoLeSpo(ライプチヒスポーツ科学交流協会)事務局
(担当:高橋日出二・スポーツコーディネーター)
TEL&FAX 047-315-6094
E-mail:sport.taka@h2.dion.ne.jp

「第2回スポーツツーリズム・カンファレンス」参加者募集中

「2020東京オリンピック・パラリンピック」開催に向けて、「スポーツツーリズム」が注目を浴びています。
スポーツ、観光に携わる地方自治体、関係諸団体、関連業界の皆様への情報発信と交流を目的に「第2回スポーツツーリズム・カンファレンス」を開催いたします。

日程/11月1日(金)

時間/午後1時~6時(午後6時より懇親会:同会場8階。事前申込制)

会場/日本財団ビル(東京都港区赤坂1-2-2)

主催/一般社団法人日本スポーツツーリズム推進機構、公益財団法人笹川スポーツ財団

後援/観光庁・東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会、特別協賛日本財団

内容/「はじめに~スポーツツーリズムとは~」

基調講演:櫻田義孝(文部科学副大臣・衆議院議員) 
   講演:馳 浩(衆議院議員・2020年オリンピック・パラリンピック東京大会実施本部長) 

*その他講演者交渉中

「スポーツツーリズム連携分科会」(2F 大会議室、会議室1)

◆分科会(1)「2020年東京オリンピック・パラリンピックと日本のスポーツツーリズム」
 コーディネーター:吉永 憲(JSTA監事、共同通信社)
    パネリスト:八木和広(観光庁 スポーツ観光推進室室長) 
           森戸香奈子((株)リクルートライフスタイルじゃらんリサーチセンター研究員
                     ・「とーりまかし」デスク) 
           高橋義雄(JSTA理事・筑波大学体育系 准教授)

◆分科会(2)「“スポーツ立県”の魅力と可能性~秋田を探る~」
  コーディネーター:工藤保子(笹川スポーツ財団 副主任研究員)
 パネリスト(予定):飯坂尚登(秋田県観光文化スポーツ部スポーツ振興課スポーツ振興監)
            高野正巳(秋田魁新報社東京支社編集部長)
            松渕秀和(一般財団法人秋田経済研究所専務理事/所長)

参加費/JSTA会員:無料(法人会員は1口5名まで)
     非会員:3,000円(当日頂戴します)
     懇親会:4,000円(JSTA会員は無料。当日徴収)

定員/250名(先着順)
※分科会の定員を超えた場合、お選びいただけないことがありますのでご了承ください。

申し込み方法/URLよりお申し込みください。(先着順)

問い合わせ/JSTA事務局(平日:午前10時~午後6時)
TEL:03-6441-2045
E-mail:event@sporttourism.or.jp

第2回KFTNセミナー
――フットサルにおける年間ストレングスTrのプログラミングについて
(ラン・アジリティーTr含む)


日程/11月3日(日)

時間/午後6時~9時

会場/平成医療学園中津第1校舎5階(大阪市北区中津6-9-38)

講師/小向啓介
(Fリーグ/エスポラーダ北海道トレーナー、みかほ整骨院院長、柔道整復師、JASA-AT、JATI-ATI、NSCA-CPT、CPR+AED)

受講料/一般4,000円、学生2,000円※
※無資格者のみ

申し込み方法/以下のメールアドレスに、
①氏名(ふりがな)
②所属チーム名
③一般or学生(所属学校名)
④懇親会参加の有無
を記入の上、申し込む

定員/40名
※定員に達し次第募集を締め切り(先着順)。

備考/実技がありますので、ジーパンやスカートは避けていただき、足が出せる格好にてご参加ください。

問い合わせ/KFTNセミナー事務局
E-mail:kftn_2013@yahoo.co.jp


GYMSTICKセミナー
インストラクターライセンス取得コース

日程/12月1日(日)

時間/午前10時~午後5時(受付:午前9時30分から)

会場/新宿区立新宿スポーツセンター

内容/フィンランド発祥の「GYMSTICK(ジムスティック)」は、世界40カ国以上で人気となったトレーニングツール。

エクササイズバンド(チューブ)とスティックを組み合わせた新しいツールで、ホームユース、パーソナルトレーニングからグループエクササイズまで多様な目的のエクササイズが可能。

本セミナーは、ジムスティック社が発行する「国際認定インストラクターライセンス」の取得が可能な内容のセミナーですが、ジムスティックをまだ知らない方も新しいツールを体感することができる。

※使用動画風景はこちら

講師/嶋 達哉(ジムスティックマッスルマスタートレーナー、ジムスティックノルディックウォーキングジムインストラクター、健康運動指導士)

対象/フィットネスインストラクター、パーソナルトレーナー、理学療法士、柔道整復師、健康運動指導士、アスレティックトレーナー

講習料/10,000円(テキスト代含む)

※当日お支払。なお、合格後『国際認定ライセンス』希望者は、発行料として別途2,100円必要。

定員/20名

問い合わせ/フィジオプラス株式会社 本社 営業1部 (担当:宮崎健二)
TEL:03-3993-1141
FAX:03-3993-1140
MobilePhone:080-5940-5634(会社)
Email:miyazaki@physioplus.jp


鈴木俊明 先生が教える動作分析から治療への展開
――神経疾患の臨床動作分析


日程/12月8日

時間/10:30~16:30

会場/大阪(調整中)

主催/EPoch

内容/神経疾患の動作をビデオを通して分析。
1)健常者の動作分析
――椅子からの立ち上がり動作、歩行動作、上肢挙上動作を把握する
2)脳血管障害片麻痺患者、パーキンソン病患者の動作の特徴を把握し、健常者との相違を考える
3)上記1,2から考えられる運動療法を紹介する

講師/鈴木俊明(関西医療大学大学院保健医療学研究科 教授)

対象/医療従事者全般

受講料/10,000円

定員/100名

申し込み方法/HP内のセミナー申し込みフォームより申し込む

問い合わせ/Epoch



レイモンド・フェルハイエン氏考案
「サッカーのピリオダイゼーション」2014年度セミナー


日程/
①ベーシックコースLevel 1:2014年1月4日
②ベーシックコースLevel 1:1月5日
③ベーシックコースLevel 2:1月5日
④ベーシックコースLevel 1:1月7日
⑤ベーシックコースLevel 1:1月8日
⑥ベーシックコースLevel 1:1月9日
⑦ベーシックコースLevel 2:1月10日
⑧アドバンスコースLevel 1:1月11日
⑨アドバンスコースLevel 1:1月12日
⑩アドバンスコースLevel 2&スペシャリストコースLevel 1:1月13~14日
⑪学生向けネクストジェネレーションセミナー:1月15日

時間/
①午後1時~4時
②午前10時30分~午後1時30分
③午後3時~6時
④⑤⑥⑦午後6時30分~9時30分
⑧午前9時15分~午後5時
⑨⑩午前10時15分~午後6時
⑪午後4時~7時
会場/①富山・富山総合体育センター
②③⑨⑩東京・東京国際交流館
④札幌コンベンションセンター
⑤北九州国際会議場(予定)
⑥⑦⑧大阪・J-GREEN堺
⑪東京・筑波大学(東京キャンパス)

内容/
ベーシックコースLevel 1& Level 2
サッカーのピリオダイゼーション理論の紹介・導入コース

アドバンスコース
ベーシックコースにてサッカーのピリオダイゼーション理論の紹介・導入部分を学ばれた方々のための上級コース

アドバンスコースLevel 2&スペシャリストコースLevel 1
昨年のアドバンスセミナーや本年度のアドバンスコースLevel 1を受講した人に、さらにサッカーのピリオダイゼーション理論について専門的な知識を身につける

学生向けネクストジェネレーションセミナー
将来サッカー界で活躍したいという高い志をもった学生を対象に、サッカーのあらゆる分野で必要とされる「サッカースペシフィックなアプローチ」「今後のサッカー界の展望」そして「これからサッカー界を担っていく皆さんに期待されること」

※詳細はHP参照

講師/ベーシックコースLevel 1& Level 2:相良浩平
(ワールドフットボールアカデミー公認「サッカーのピリオダイゼーション」インストラクター)

その他のコース:レイモンド・フェルハイエン
(ナショナル、トップクラブのコンディショニング・コーチ、「サッカーのピリオダイゼーション」考案者)

受講料/
①②④⑤⑥⑧⑨:7,000円
③⑦:9,000円
⑧⑨:21,000円
⑩:31,500円(2日間)
⑪:1,000円

申し込み方法/下記のWFAジャパン公式サイトより申し込む
問い合わせ/ワールドフットボールアカデミー・ジャパン
(代表:川合慶太郎)
E-mail:keitaro.kawai@worldfootballacademy.jp
■Fascial ManipulationⓇ(筋膜マニピュレーション)国際コースレベル1・レベル2

内容:イタリアのLuigi Stecco(PT) が開発発展させた筋膜に対する治療手技。筋膜単位・筋膜配列・筋膜螺旋を基に、運動検証と触診検証を行い、異常をきたした筋膜の特有な点を治療することで、基質を正常なゾル状に回復し、コラーゲン線維間の癒着を除去し、筋筋膜痛を治療して筋筋膜のバランスを整える全節性治療です。レベル1では協調中心の治療、レベル2では融合中心の治療を行います。理学療法の幅が大きく広がる内容です。

レベル1:平成26年2月2日(日)~2月7日(金)8時半~18時(最終日16時)
講師:Lorenzo Freschi(PT),Marco Pintucci(PT).補助:竹井仁(PT)

レベル2:平成26年9月6日(土)~9月11日(木)8時半~18時(最終日16時)
講師:Stefano Casadei(PT),Marco Pintucci(PT).補助:竹井仁(PT)

会場:どちらも首都大学東京荒川キャンパス
受講費:各レベル100,000円+日本語資料5000円(両方のレベルを同時に申し込むと10,000円割引)。通訳つきます。

◎申し込み方法:竹井(takei@tmu.ac.jp)まで、正式申込書を請求して下さい。
先着順で締め切ります。参加お待ちしています。
一般講演会「ヒッグス粒子発見」を開催
小林富雄(東大)・寄田浩平(早大)・北野龍一郎(KEK)各氏が講演
――早稲田大学


2013年ノーベル物理学賞にかがやいた「ヒッグス粒子」。
ヒッグス粒子は、宇宙を今ある姿にするには欠かせない存在であるが、これまでとらえることができなかった。

世界の研究者が集結して作った最先端の研究装置LHCでついにとらえることに成功した。
そのドラマと、素粒子研究の今後に迫ります。

日時/2013年10月27日(日)
    12:00 開場 13:30 開演 終了は16時頃を予定
    
場 所/早稲田大学 国際会議場 井深大記念ホール
    (最寄り駅:早稲田駅(東西線、都電荒川線)、西早稲田(都営バス))

共 催/早稲田大学 理工学研究所
    東京大学 素粒子物理国際研究センター
    新学術領域研究「先端加速器 LHC が切り拓くテラスケールの素粒子物理学」

登壇者/司会:小林富雄(東京大学 素粒子物理国際研究センター)
       寄田浩平(早稲田大学 理工学研究所・先進理工学部物理学科)
       北野龍一郎(高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所)

定 員/450名(先着順)、主として一般の方を対象

参加費/参加費・参加登録不要

【リンク】
早稲田大学 素粒子物理学実験 寄田研究室

東京大学素粒子物理国際研究センター

早稲田大学理工学研究所

高エネルギー加速器研究機構

イベントについての問い合わせ/早稲田大学 素粒子物理学実験 寄田研究室

Tel/Fax:03-5286-2722(寄田研究室)
事務室 03-3203-7613
E-mail:higgs@list.waseda.jp

この件に関する問い合わせ/早稲田大学広報室広報課(担当:月田(つきだ))
TEL:03-3202-5454
E-mail:koho@list.waseda.jp


11/15発 浜松・静岡・沼津・新宿発 3日間
【被災地で活動を!『ボランティアツアー』第50次隊】 募集開始のお知らせ
緊急依頼!石巻での餅つき会のお手伝い


トップツアー株式会社では、東日本大震災が発生した2011年より復興支援ボランティアツアーを継続して実施し、多くのボランティアの皆さんに参加いただいておりますが、回を重ねること50回、節目となるボランティアツアーの募集を開始いたしましたのでお知らせいたします。
今回は、宮城県石巻市中心部の被災地域復興を目的とした住民主催の「餅つき会」のお手伝いをします。

【ツアーのポイント】
1.石巻での「餅つき会」を手伝ってください。

今回のボランティアツアーは宮城県石巻市中心部で被災地域の復興を目的として開催される住民主催の「餅つき会」(東北では年越し前に地域で餅を振る舞う「餅つき会」を行います)のお手伝いです。
「射的」「ヨーヨー釣り」「静岡茶の振る舞い」などの出店に立ち、地元の方々とコミュニケーションを取りながら、ご一緒にお祭りを盛り上げていただきます。

2.最終日は(1)被災地視察 (2)ボランティア活動を選択可能

行程の最終日は【(1)ゆりあげ港朝市見学・閖上被災地視察】、【(2)側溝の泥出し作業などのボランティア活動】の2班に分かれます。
(1)は5月に再開した“ゆりあげ朝市”の見学や、閖上地区の被災地を被災者ガイドと巡ります。
(2)は閖上地区での側溝の泥出し作業。閖上に愛着を持つ元住民の方と一緒に作業を行います。

3.出発は4箇所(浜松・静岡・沼津・新宿)より、旅行代金は¥28,000

ツアーの出発地は浜松・静岡・駿河湾沼津SA・新宿の4箇所から。3日間の行程は、11/15(金)20:00浜松を出発し各地を経て(新宿は00:25頃発)車中泊となります。翌11/16(土)は宮城県石巻市で『餅つき会』のお手伝い(9:30~16:00)。

最終日の11/17(日)は被災地視察とボランティア作業の2班に分かれての活動となります(9:00~11:00)。
帰着時間は新宿17:30、沼津~静岡を経由し浜松には22:00帰着予定です。

募集人員は42名、最少催行人員は20名ですが定員になり次第締め切らせていただきます。

被災地は多くのボランティアのみなさんのおかげで徐々に復旧・復興が進みつつありますが、元の生活に戻るまでにはまだ長い時間がかかるようです。このお祭りを盛り上げ、被災地を明るく元気にするためには、一人でも多くの方のボランティア参加が必要です。特に技術は必要ありません。被災地の復旧・復興のためにも、是非ご参加ください。お申し込み、お問い合わせをお待ち申し上げております。

詳しいツアーの内容につきましては専用WEBページ
をご覧ください。

問い合わせ/トップツアー株式会社 経営企画部 (広報担当:橘田・芦澤)
TEL:03-5704-3777
FAX:03-5704-3774
Email:koho@toptour.co.jp
埼玉西武ライオンズ パ・リーグ
レギュラーシーズンのご声援に感謝の気持ちを込めて
『ご声援感謝企画』を西武グループあげて開催!


_prw_PI2im_04h02m62.jpg
 埼玉西武ライオンズは、選手および監督・コーチ・スタッフが一丸となり、2013年のパ・リーグ レギュラーシーズンを全力で戦ってまいりました。

 リーグ優勝こそ逃したものの、皆さまからの温かいご声援を受け、レギュラーシーズン終盤は、キャッチコピーとして“総力戦だ”を掲げまさに総力で挑み、クライマックスシリーズ進出を果たすことができました。

10月8日で、埼玉西武ライオンズのレギュラーシーズン全日程が終了することから、今レギュラーシーズンのご声援に感謝の気持ちを込めて、西武グループあげて『ご声援感謝企画』を開催いたします。

 例えば、全国のプリンスホテルではご声援感謝のご宿泊プラン、西武鉄道の駅売店トモニーではご声援感謝セール、西武レクリエーションが運営する西武園ゆうえんちでは埼玉西武ライオンズにちなんだ特別企画など、さまざまな商品や企画をご用意いたしました。

クライマックスシリーズを全力で戦い日本一を目指す埼玉西武ライオンズへの温かいご声援と西武グループへの変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。

『ご声援感謝企画』の詳細は、10月8日(火)15時に西武グループホームページに掲載いたします。

問い合わせ/株式会社西武ホールディングス

これからの時代と世界に通用する
運動療法の専門家をめざす方、募集中!


株式会社ウェルネスデベロップメント(東京都中央区日本橋堀留町1-8-10、代表取締役 野田 史)は、「タラソテラピー・温泉療法・気候療法・介護予防」の分野で、日本の最先端を走る専門企業です。当社はこれからも自然にこだわり、健康社会を切り開いていくフロンティアカンパニーとして歴史を作り続けたいと思っています。

【募集内容】

勤務先/①本社 株式会社ウェルネスデベロップメント:運動療法インストラクター兼企画社員1名
     ②富山市角川介護予防センター(富山県富山市):運動療法セラピスト2名
     ③タルゴラグーナ(愛知県蒲郡市):運動療法セラピスト1名、ビューティーセラピスト4名

社員区分/正社員

給与/ 大卒月給  190,000円(東京採用の場合)
     短大専門卒 172,000円(東京採用の場合)
     中途採用  能力査定による。(専門能力の高い方優遇)

賞与/支給有

勤務時間/本社  9:00~18:00
       各施設 7:00~22:00(シフト制・実働8時間)
         ※営業時間は各施設により異なります。

福利厚生/健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険

休日/年間休日 115日(有給休暇含む)
     特別休暇有

昇給/年1回(4月)

問い合わせ/株式会社ウェルネスデベロップメント(担当 俵山)
TEL:03-5623-5870
     
オンライン書店オープン記念!Nポイント『10倍返し』キャンペーン!
――「ピュアナース」内での書籍購入で今なら10%ポイント還元


株式会社エス・エム・エスが運営する看護師、看護学生向け通販サイト「ピュアナース」は、ナースのためのオンライン書店オープンを記念して、看護書籍の全商品10%ポイント還元を2013年10月8日まで実施する。

_prw_PI1im_Bg5kNNGx.png

【「ピュアナース」のオンライン書店 3つのお役立ちポイント】
■通常の10倍!ポイント10%還元!
キャンペーン期間中に書籍をご購入いただいた方には、「ピュアナース」内でのお買い物に使える「Nポイント※」を商品金額の10%分プレゼント。例えば、2,500円の書籍をご購入された場合、他のお買い物に使えるNポイントが250円分返ってきます!
学習に必要な本を買い、還元ポイントをナースシューズや白衣を新調するのに使うことができます!
※1ポイント1円でご利用いただけます。

■業界最高水準※の品揃え!欲しい本がきっと見つかる!
「ピュアナース」の取扱書籍数は3,171冊!看護専門雑誌からポケットブック、参考書まで幅広く取り揃えています。
さらに、当社が実施したアンケートで「看護師が最も勉強したいスキル・専門領域」として回答があった上位6つ(急変対応やフィジカルアセスメントなど)に対するおすすめ本をそれぞれ紹介しています。是非、参考にしてみてください!
※日本の看護師向け通販サービス:2013年ピュアナース調べ

■送料無料!
「ピュアナース」で書籍をご購入いただくと、ご自宅までの郵送が送料無料!近くに大型書店がない方はもちろん、重い本を何冊も持ち帰る煩わしさを感じることなく、お買い物を楽しんで頂けます。

【「Nポイント『10倍返し』キャンペーン」詳細】
・開催期間:2013年9月24日~10月8日
・ポイント対象商品:「ピュアナース」の看護書籍3,171冊
・ピュアナースのオンライン書店ページURL

問い合わせ/ 株式会社ピュアナース
TEL:03-6721-2498
E-mail:shop@purenurse.com

解けない率83%の問題も収録! 看護師国家試験対策本
「7万3000人の看護学生が解けなかった210問」発売
―――2014年版 看護師国家試験問題集

_prw_PI1im_cgs8Pu00.png
株式会社エス・エム・エスは、看護師国家資格対策本「7万3000人の看護学生が解けなかった210問」を発行した。

【最高解けない率83%!全国の看護学生が解けなかった問題210問収録!】
本書は、約30 万人(※1)の看護師・看護学生が登録する、当社運営のウェブサイト「ナース専科コミュニティ」で実施したe ラーニング・データをもとに作成。

このe ラーニングは、過去7年間に出題された看護師国家試験の過去問題をもとにしたウェブ上の模擬テストで、2013 年8 月までにおよそ73,000 人の看護学生が受けています(※2)。

本書では、e ラーニングの解答結果を分析し、正解率の低い210問を収録。この1冊をクリアすることで、「誰もが間違えやすい問題」を自然に克服できる仕組みになっている!

【ラストスパート11日間で全科目を網羅】
本書は、受験間近の看護学生に向けて、11日間で試験に出題される全科目を網羅できるように構成されている。

また、持ち運んで好きな時に学習できるポケットサイズで、受験生のラストスパート用として最適な問題集。

※1 2013年6月エス・エム・エス調べ
※2 2013年7月時点でのeラーニング累計利用者数

【「7万3000人の看護学生が解けなかった210問」の概要】
発 行:株式会社エス・エム・エス
発 売:株式会社インプレスコミュニケーションズ
発売日:2013 年10月1 日
定価:1,260 円(税込)
サイズ/ページ数:B6変形、224 ページ
ISBN:978-4-8443-7579-1
全国の書店およびAmazon.co.jpなどでご購入いただけます。

問い合わせ/株式会社エス・エム・エス 看護日常情報インフラ事業部出版事業
TEL:03-6721-2472
E-mail:book@nurse-senka.jp
次号155号(10月25日発売予定)では、「スクワット動作のみかた」をテーマに取材を進めます。

現在、4人の理学療法士の先生に取材すべく準備中。明日は、武庫川女子大学と関西医療大学に行きます。

スクワットはトレーニングの王様と言われていますが、臨床場面ではどのようにみて、どう判断し、どう対応しているのか。あるいはスクワット動作そのもについての理学療法的研究について紹介する予定です。

詳細が決まった段階でまたお知らせしますので、よろしくお願いします。(清家輝文)
菱江化学株式会社設立60周年記念
SOA-La オータムスポーツ応援キャンペーン

菱江化学株式会社は会社設立60周年記念企画として、自社ブランドであるスポーツサプリメント「SOA-La」を通じてスポーツを楽しむ女性がより健康で美しく、人生を充実させて欲しいとの想いから、2013年10月1日~11月26日の期間『菱江化学株式会社設立60周年記念~ SOA-La オータムスポーツ応援キャンペーン!!~』を実施する。

『SOA-La オータムスポーツ応援キャンペーン!!』では、スポーツサプリ【SOA-La】が抽選で60名様に当たる他、期間中にSOA-Laを購入すると特典として燃焼系サプリメント【Reta】が1本プレゼント。
また、キャンペーン企画中には各スポーツ大会へ協賛・商品サプライを行い、スポーツ支援活動にも尽力致します。

■キャンペーン概要
キャンペーン名:~ SOA-La オータムスポーツ応援キャンペーン!!~

期間:2013年10月1日(火)~11月26日(火)・8週間

第一回抽選期間・10月1日~10月29日 【30名決定】
第二回抽選期間・10月30日~11月26日 【30名決定】

商品内容:スポーツサプリSOA-La 1本(1カ月分)

当選者数:60名(第一回抽選落選者は二回目抽選へ自動エントリー)

応募方法:専用サイト(http://soala-ryoko.com/?mode=f6)からの応募

応募条件:申し込みフォームへの質問回答

注意事項:
(1)ご応募は、お一人様につき1回とさせていただきます。また、同一メールアドレスで複数の方のご応募も出来ません。
あらかじめご了承ください。
(2)本キャンペーンはWebサイト(PC)からのご応募となります。
(3)賞品のお届け先は、日本国内に限らせていただきます。
(4)キャンペーン申込者にはSOA-Laの商品ご案内メールをお送りすることがあります。
(5)ご応募いただく際にお預かりする皆様の個人情報については、ページ内の「プライバシーポリシー」「ご利用規約」に記載しておりますので、必ずご一読の上、ご利用願います。

■同時開催キャンペーン概要
キャンペーン名:~ SOA-Laを購入すると今ならReta1本プレゼント!!~

期間:2013年10月1日(火)~11月26日(火)・8週間

内容:
『SOA-La オータムスポーツ応援キャンペーン!!』開催期間中にスポーツサプリメントSOA-Laを購入すると燃焼系サプリメントRetaを1本プレゼント。

※SOA-La1注文につきReta1本の特典になりますので1回で複数個の注文の場合もReta1個のプレゼントとなります。
購入方法:専用サイトでの購入

■商品サプライ予定競技(あいうえお順)
アルティメット
ウィンドサーフィン
ネットボール
パラグライディング
市民マラソン

■スポーツサプリメント【SOA-La】商品概要
エネルギー産生が期待できるCoQ10を主軸にしながら、抗酸化サイクルの要といわれるR型α-リポ酸、関節素材のほか海外では美肌やメンタルケアの効果も期待できるとされるSAMe含有酵母を配合することで、美しさも意識した付加価値の高い商品に仕上げました。すべてのアスリートの方にお勧めできる弊社サプリメントの自信作です。

・商品名 :スポーツサプリメント【SOA-La】
・名前の由来:" supplement of athlete + La
・商品価格:1本6,300円(税抜6,000円) / 3本セット15,750円(税抜15,000円)"
・主成分 :コエンザイムQ10SA 180mg (コエンザイムQ10として150mg)
R-αリポ酸CD包接体 500mg (R-αリポ酸として50mg)
SAMe含有乾燥酵母 500mg"
・内容量 :61.2g(510mg×120粒)
・1日の目安:4粒
・お召し上がり方:栄養補助食品として1日4粒を目安に、かまずに水またはお湯とともにお召し上がりください。
・販売サイト:http://soala-ryoko.com/

問い合わせ/菱江化学株式会社包装材料事業部  SOA-La開発チーム
TEL:03-6861-0056
FAX:03-6861-0035
E-mail : soala@ryoko.co.jp