FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

第4回トレーニング科学国際集中講座 in Japan
――ドイツ・ライプチヒ学派;情報とエネルギーの一体性


日程/11月29日:「コオーディネーション・トレーナー」資格認定試験&トレーナー会議
     11月30日~12月1日:第4回トレーニング科学国際集中講座 in Japan

時間/29日:午後1時~7時
    30日:午前9時15分(受付)~午後6時20分
    1日:午前9時~午後1時

会場/高松大学・本館多目的ホール

内容/
29日:①ライプチヒ大学公認「コオーディネーショントレーナー」資格認定試験
    ②トレーナー会議(資格取得に関心のある方も参加可)

30日:
講義「情報とエネルギーの一体性における情報系プロセス」 Dr.Hartmann
講義「情報とエネルギーの一体性におけるエネルギー系プロセス」 Dr.Minow     
講義「動作学習プロセス」 Dr.Hartmann    
演習「コオーディネーショントレーニングの方策と原則」 Dr.Hartmann    
講義「コンディション系能力の基本的なトレーニング法」 Dr.Minow    
講義「スキルトレーニングvs.コオーディネーショントレーニング」 Dr.Hartmann 

1日:
講義「コンディション能力のトレーニング法」 Dr.Minow
講義「スキルトレーニングvs.コオーディネーショントレーニング」 Dr.Hartmann
※通訳付き

講師/Dr.Christian Hartmann(C.ハルトマン)
50年におよぶライプチヒ学派のコオーディネーション研究の伝統的な継承者。その他、スポーツ 動作診断学や発育発達学、両側性の研究など。同大学スポーツ科学部教授。

Dr. Hans-Joachim Minow(H. J. ミノウ)
同大学同研究室教授。とくにコンディション系能力と負荷構成を研究。ドイツ最大規模の総合型スポーツクラブ(SC-DHfK、約6,000名)副会長。フィンスイミング(同氏が指導)は国内トップクラス。
※詳細はHP(http://www.kolespo.net/kolespo/project.html)参照

定員/80名(先着順)

受講料/19日:トレーナー会議:無料

[全日程]
 全国:一般18,000円、学生14,000円、香川県在住:一般14,000円、学生11,000円

[30日]
 全国:一般13,000円、学生10,000円、香川県在住:一般10,000円、学生8,000円

[1日]
 全国:一般7,000円、学生5,000円、香川県在住:一般5,000円、学生4,000円

[ライプチヒ講座修了者]
全日程:10,000円、30日:7,000円、1日:3,500円

[コオーディネーショントレーナー有資格者]
全日程:5,000円、30日:4,000円、1日:2,000円
1回当たりの講義・演習4,000円

申し込み方法/下記HP内の受講申込書をダウンロードし必要事項を記入のうえ、代表メール(info@kolespo.net)または、下記FAXまで送信する

問い合わせ/KoLeSpo(ライプチヒスポーツ科学交流協会)事務局
(担当:高橋日出二・スポーツコーディネーター)
TEL&FAX 047-315-6094
E-mail:sport.taka@h2.dion.ne.jp

スポンサーサイト