FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

平成25年度 第1回障害者スポーツ医科学研究拠点シンポジウム

日程/12 月15 日(日)

時間/午後3時~5 時

会場/フォルテワジマ4 階イベントホール(和歌山市本町2 丁目1 番)

内容/開会の挨拶:板倉 徹(公立大学法人 和歌山県立医科大学理事長・学長)

座長:田島文博(和歌山県立医科大学リハビリテーション医学教授)

講演Ⅰ「2020 東京パラリンピックに向けて」
陶山哲夫(公益財団法人 日本障害者スポーツ協会医学委員長)

講演Ⅱ「2020 東京オリンピックに向けて」
川原 貴(国立スポーツ科学センタースポーツ医研究部統括研究部長)

講演Ⅲ「Looking after your health leading up to TOKYO 2020」
Dr. Christof Leicht(Research assistant in Sport Science The Peter Harrison Centre for Disability Sport, Loughborough University)

参加費/無料

申し込み方法/事前申し込み不要

問い合わせ/公立大学法人 和歌山県立医科大学みらい医療推進センター
文部科学省認定 共同利用・共同研究拠点 障害者スポーツ医科学研究拠点

TEL:073-488-1932
FAX:073-488-1935

スポンサーサイト