FC2ブログ
 
スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ:(旧)月刊スポーツメディスン公式ブログ:
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.217(2020年1月号)←詳細&購入はここ!
SQ表紙217
『特集 股関節鏡の現在
── 診断、治療、リハビリテーション」
1.「股関節鏡視下手術──適応疾患の診断」
錦野匠一・錦野クリニック 整形外科
 
2.「股関節鏡視下手術の現状」
宇都宮 啓・産業医科大学若松病院 整形外科

3.「股関節鏡術後のリハビリテーション」
高橋 誠・産業医科大学若松病院 理学療法士

4.「FAI関節唇損傷術後のアスレティックリハビリテーション」
畑中仁堂・じんどう整骨院アスリート

ニトリート
ひざ かんたんウォーキング


写真先日、日東メディカル株式会社の「ひざ かんたんウォーキング」という伸縮テープをいただいた。新商品というわけではないが、なかなか興味深いテープだったので、ちょっとご紹介。

ひとりで出来る簡単テーピングとパッケージにあるように、
すでにテープがカットされているので、そのまま貼れるようになっている。

このテープは、知り合いのトレーナーの方も使用していると以前から聞いていたので、知ってはいたものの、実際に手にとって使用してみるのははじめて。
ウォーキングと表示してあるが、薄くて動きの妨げにならず、サポート力もあるのでスポーツ選手にも症状や程度によっては、十分に活用されているようだ。
同シリーズにはスポーツタイプもあるが、この「かんたんウォーキング」でも十分とのこと。

実際にひざに貼ってみると、ひざの安定感が変わってくる。
私自身、ひざの靭帯損傷を経験しているので、不安感が軽減されて、
とくに階段などでは、足の踏ん張りがきいてくるので、階段の昇り降りが
楽に感じる。

さらに、おすすめポイントとしては、粘着材。
どうしても粘着力の強いテープだと、皮ふが傷んだり、私の場合は、テープかぶれを
起こしやすいので、テープの粘着材については気になるところ。
写真 (1)
このテープは、ウェーブ塗工という粘着部分と非粘着部分が交互に波状パターンになっており、
テープをはがした後の粘着剤面に角質のはくりが少ないことがパッケージに
一般的なアクリル系粘着剤1時間貼付後の画像とともに、比較されており、
あきらかに角質のダメージが少ない様子がみてとれる。

私もテープかぶれをせずに、快適に使用できた。

1パックに6枚入り。
ご興味ある方は、ぜひ、お試しいただきたい。

img_kantantape_001.jpg

※詳細は、ニトリート ひざ かんたんシリーズHP参照。

編集部 田口

スポンサーサイト