FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

西武グループ こども応援プロジェクト
今冬は、“挑戦”をテーマに全国各地で開催
――株式会社西武ホールディングス


西武グループでは、多種多様な事業特性を活かし、お子さまにさまざまな体験をしていただくことで好奇心を育み、健やかな成長を支援する「西武グループ こども応援プロジェクト」を2010年より各地で開催しております。

今冬は、“挑戦”をテーマに、スキー・スケートのウインタースポーツや職業体験など、日々の生活や学校では経験し難いさまざまな体験をお子さまにご提供する企画を22プラン(12月13日現在)ご用意いたしました。

例えば、西武グループが運営するスキー場では、お子さま向けのさまざまなお得なサービスとして、「キッズフリープログラム」と題した取り組みを実施し、小学生以下のお子さまのリフト料金が無料になる他、ワンポイントレッスン、スノーモービル乗車体験などのプログラムをご用意しております。

また、女子アイスホッケーの日本代表選手が所属する“SEIBUプリンセスラビッツ”によるスケート教室、西武園ゆうえんちでのお仕事体験、さらには、葉っぱを用いた羽子板作りや間伐材を利用した年賀状作りなどお正月の文化に触れる企画もご用意しており、西武グループならではのプランが満載です。

いずれのプランも、普段なかなか体験できない“挑戦”の場を通じて、お子さまには「楽しい!」と感じていただくだけではなく、「できた!」という達成感を味わっていただくとともに、ご家族にとってもお子さまの成長を実感できる楽しい冬の思い出づくりのお手伝いができればという思いを込めて企画いたしました。

なお、本リリース発表以降も新たな企画を随時以下のWebサイトにてご案内してまいります。

詳細はこちらをクリックしてください。

問い合わせ/西武ホールディングス 広報部(担当:中島・赤坂・町田)
TEL:04-2926-2645
スポンサーサイト