FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

日本体育・スポーツ経営学会第47回研究集会
――地域スポーツクラブの成長モデルと評価指標を考える


日程/平成26年1月25日(土)

時間/午後1時~5時30分

会場/筑波大学東京キャンパス文教校舎134教室(東京都文京区大塚3-29-1)

主催/日本体育・スポーツ経営学会

内容/

講演「エクセレントNPOの評価基準」
 田中弥生(独立行政法人大学評価・学位授与機構教授)

提案「総合型地域スポーツクラブの評価指標試案」
 清水紀宏(日本体育・スポーツ経営学会理事長/筑波大学)

シンポジウム「エクセレント・クラブの要件と成長条件」

◇クラブ育成政策の方向性
 森岡裕策(文部科学省スポーツ振興課長)

◇自治体におけるクラブ育成の効果と課題
 船田一彦(兵庫県教育委員会事務局スポーツ振興課長)

◇日本体育協会が目指すクラブの姿(イメージ)
 中西純司(日本体育協会中央企画班員/立命館大学)

◇クラブの成長過程
 榊原孝彦(NPO法人ソシオ成岩スポーツクラブマネジングディレクター)

 司会 松永敬子(龍谷大学) 清水紀宏(筑波大学)

参加費(資料代を含む)/正会員2,000円、学生会員1,000円、
一般(社会人)3,000円、一般(学生)2,000円

申し込み方法/参加申し込み書を下記学会事務局までお送りいただくか、電話・FAX・電子メールのいずれかの方法で、①氏名、②連絡先(住所・電話番号・メールアドレス)、③所属をご連絡ください。

問い合わせ/日本体育・スポーツ経営学会事務局(担当:朝倉)
〒305-8574 茨城県つくば市天王台1-1-1 筑波大学体育経営学研究室
TEL & FAX:029-853-6363
E-mail:jimukyoku@jsmpes.jp
スポンサーサイト