FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

関東労災病院スポーツ整形外科部長であった故・萬納寺毅智先生が1991年に出された『スポーツ整形外科マニュアル』の改訂新版が中外医学社から刊行されました。

福林徹先生監修、篠塚昌述先生編集で本文2色・4色印刷。「コアな知識を厳選して収載! スポーツ障害を診るなら、まずはこの1冊!」と帯にあるように、若い医師はじめ医療従事者を対象とした書です。もともとは関東労災病院の病棟にあった代表的な外傷・障害のリハビリプロトコルをわかりやすく解説してあったパンフレットがベースになり、それに診断・治療を書き加えたのが旧版の「スポーツ整形外科マニュアル」だった。

その萬納寺毅智先生をしのび、新版として36人の医師によって新たにまとめられたのがこの『新版 スポーツ整形外科マニュアル』である。ぜひ、手にとってみていただきたい。(清家)

スポーツ整形外科スポーツマニュアル



スポンサーサイト