FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


日本学術会議公開シンポジウム
子どもの動きの獲得に必要な運動・身体活動


日程/3月10日(月)

会場/日本学術会議講堂(東京都港区六本木7-22-34)

時間/午後1時~4時30分

主催/日本学術会議 健康・生活科学委員会 健康・スポーツ科学分科会

内容/身体活動量の低下した現代の子どもが実施すべきスポーツ・運動・身体活動について、動きの正常な発達を促すという観点から議論する。
「はじめに」田畑泉(立命館大学)
  「子どものスポーツ」川淵三郎(首都大学東京)
  「子どもの身体活動・動きの重要性」宮地元彦(国立健康・栄養研究所)
  「子どもの動きと脳」野崎大地(東京大学)
  「子どもの動きを支える筋力」川上泰雄(早稲田大)
  「子どもの動きの男女差」加藤謙一(宇都宮大学)
  「子どもの動きの研究状況」阿江通良(筑波大学)
  全体討論
  総括

問い合わせ/立命館大学スポーツ健康科学部(担当:田畑)
TEL:077-561-3760
スポンサーサイト