FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

「食と健康アカデミー」第7回 市民講座
――メタボとロコモを考える

日程/4月19日(土)

時間/午後1時30分~5時(開場:午後1時)

会場/関東学院大学KGU関内メディアセンター(横浜市中区太田町2-23横浜メディア・ビジネスセンター 8階)

内容/第1部:講演
講演1「脱・メタボリックシンドローム――大豆と食物繊維について」
    山平聡子(大塚製薬株式会社)

講演2「脱・ロコモティブシンドローム
――『歩きMENです』【人間は考える足であるエクササイズ】で『埋蔵筋』発掘
    平瀬正典(Iki-WORKS)

第2部 講師を囲む交流の部:質疑応答・情報コーナー

参加費/500円(要旨集代等)、学生無料(受付の際に所属をお知らせ下さい)
*当日会場にて支払う

申し込み方法/E-mail・FAX・ハガキのいずれかで、下記の①~⑦の内容を明記し、申し込む
①性別
②身分区分:学生、栄養士、それ以外
③年齢区分:~30歳以下、31歳~45歳、45歳~60歳、61歳~70歳、71歳以上
④住所区分:神奈川県(横浜市内、横浜市外)、東京都、その他
⑤参加状況区分:今回初めての参加申込、以前にも参加した
⑥講演で知りたい事、関心のある事項
⑦申込受理の確認を希望される方は、連絡先(Eメール、FAX、電話番号など)明記

ハガキ申し込み先/〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 
          関東学院大学健康栄養学科 菅研究室気付「食と健康アカデミー」係

問い合わせ/「食と健康アカデミー」第7回 市民講座事務局
TEL&FAX:046-897-1718
E-mail:ga24735@wg8.so-net.ne.jp  

スポンサーサイト