FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

BCS前田健
『野球動作改善塾』 IN  旭川


日程/3月20日(木)

時間/午後6時30分~9時30分

会場/旭川市立東神楽中学校体育館

内容/動作のメカニズムや指導法について最も理解が深まるのは、

①実際の指導を体験すること
②日頃指導している選手に対する指導を観ること

この2つです。

今回は参加される指導者、ご父兄、選手に実際の投打の動作改善指導を体験していただきながら、動作の見方、考え方、指導の観点、問題動作の原因、習得を目指す動きの仕組みなどを解説するとともに、各種ドリルやエクササイズの方法、ドリル選定の考え方、指導手順など、前田健の動作改善指導のノウハウをお伝えします。

もちろん、選手の場合、パフォーマンスアップのチャンスです。

講師/前田 健(BCS Baseball Performance代表)

城西大附属川越高校、筑波大学で野球部に所属。筑波大、筑波大大学院で体力トレーニング論を専攻後、社会人野球の名門・日本石油(現新日本石油ENEOS)で9年間コンディショニングコーチを務める。
2003年に阪神タイガース・星野仙一監督から入団を要請され、一軍トレーニングコーチに就任。「野球の動き作りと身体作りの専門家」として選手を改革、同年の18年ぶりのリーグ優勝に貢献。

プロ、アマ問わず野球選手のパフォーマンス向上をサポートする傍ら、執筆活動、セミナー活動を精力的にこなし、「動作の仕組みに基づく技術論」「動作の仕組みに基づく指導法」という本来当たり前のことを野球界に普及させるべく活動している。 

対象/指導者、父兄、選手

参加費/5,000円

申し込み方法/メールアドレス(info@bcs-bp.com)に、タイトルを『動作改善コーチ塾旭川参加希望』とし、次の項目を明記の上ご送信ください。(フェイスブックの方はメッセージでもいいです)

①参加希望人数
以下、参加者全員の
②氏名、年齢
③所属チーム
④チームでの役職、
⑤電話番号(連絡が付きやすい携帯電話番号)、
⑥メールアドレス(できる限り個人のPCのアドレス)
 ※受信制限や転勤・異動によるアドレスの変更などの発生を避けるため

問い合わせ/BCS Baseball Performance
E-mail:info@bcs-bp.com

スポンサーサイト



フェルデンクライス・メソッド ワークショップin倉敷
――ファンクショナル・インテグレーション編


日程/4月27日(日)

時間/午前9時30分~午後4時30分

会場/ライフパーク倉敷(倉敷市福田町古新田940)

内容/従来の運動器系を偏重した方法や手技ではなく、対象者自らが学習プロセスを認識し、
自己の身体の変化に気づき効率の良い身体の使用法を日常化していく体性感覚へのアプローチ。

今回は、タッチの質を高めるようなペアワークが中心。

講師/森近貴幸(フェルデンクライス・メソッド プラクティショナー、理学療法士)

受講料/8,000円

対象/理学療法士、作業療法士など興味のある方

定員/30名

申し込み方法/下記E-mailアドレスにメールで、
①希望会場、②氏名、③所属、④職種、⑤連絡先メールアドレスを明記し、申し込む

問い合わせ/フィジオスタイル(フェルデンクライス岡山)
E-mail:okayamafelden@gmail.com