FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

159号は、日常の臨床で、原因不明の股関節痛をはじめ、腰痛、膝痛、首さがり症などに、腸腰筋をストレッチする「パピーポジション」と「上体起こしによる腹筋運動」で、劇的な変化を経験されている太田邦昭先生と丹羽滋郎先生に取材しました。

特集1は「腸腰筋症候群(仮称)の姿勢矯正体操による改善」(太田邦昭先生)、特集2は「腸腰筋への着目と臨床を通じた経験から」(丹羽滋郎先生)です。

高齢者から子どもに至るまで、幅広い患者さんにこの体操および鼠径部の腸腰筋への注射でよい成績をあげておられ、学会発表、論文発表などもされています。

そのほかに、河合純一さんによる「パラリンピックを100倍楽しむために」という新連載もスタートします。また今回の連載「スポーツと法」では片岡理恵子弁護士が「スポーツ界における『いじめ』について」を執筆。これはスポーツにかかわる人が知っておかないといけない内容です。NFLでの「いじめ」も含め、何が問題で、法律的にどういう罪が問われるか、明確に記していただきました。

今月26日くらいに発売になります。発売になりましたら、HPで特集の約半分を閲覧可能にしますので、よろしくお願いします。(清家)
スポンサーサイト