FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

全身温冷却加圧機器
ポルシャ


6069モデルポルシャジャパン株式会社が開発した、全身温冷却加圧機器「ポルシャ」。

全身の各部位毎に空気圧による加圧、温熱、冷却を独自のプログラムにより制御し、極上のリラックス感覚を楽しみながら、要介護者の機能低下予防からスポーツ選手のリハビリにまで幅広くご活用頂けます。

304ステンレス製のワゴンケースは世界有数の航空機のパーツメーカーが設計・製造しています。冷却・加温用の温風を独自のエアロダイナミズムでコントロールし背面に送風しています。

※商品の詳細は、HP参照

BOX6166.jpg【機能】
(1)加圧:1.3気圧
世界最高域の加圧パワーに加え、医学的に実証された3つの加圧パターンで頭からつま先まで加圧します。

(2)冷却:2.5℃から
NASAの宇宙服技術を応用し、24時間使用しても凍傷にならない安全で精密なコントロール技術を確立。2.5℃からより高度なRICEケアが可能となりました。

(3)加温:~40.5℃
加温と冷却の組合せによる温度差で、代謝機能を高めるとともに免疫力の向上も期待できます。

希望小売価格/298万円(税別)

※関東近県はデモご要望を承ります。

問い合わせ/DREAM TEAM
(担当:佐藤信幸)
TEL:080-4002-7373


スポンサーサイト