FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

第2回アヴィススポーツ学生トレーナーズ勉強会

日程/4月27(日)

時間/午前11時50分~午後6時(受付:午前11時30分~)

会場/新町グレースビル4Fセミナールーム(大阪市西区新町2-20-6、「西大橋駅」(1番出口から徒歩1分))

内容/「すぐに使える観察眼の養い方とチェックポイント―― 骨盤の動きに着目して」
   渡邊聖子(NATA-ATC、NASM-CES、NASM-PES)

特別セミナー「インソールの有用性と使用効果について」
   神田和彦(株式会社ファーストワン)

「シンプルで分かりやすいリハビリ・トレーニングの作成について―― 4つの概念を用いた組み立て方とメニュー立案」
   中地圭太(国際救命救急協会、CPR&AED、NSPA-ASIA認定、パーソナルトレーナー)

「トップレベルのアスリートを勝利に導くスポーツ栄養―― 元オリックスブルーウェーブで優勝を、現京都橘高校サッカー部で国立競技場を経験した栄養士が現場の体験記を語る」
   坂元美子(管理栄養士、日本臨床栄養協会認定サプリメントアドバイザー)

対象/学生トレーナー、学生治療家、学生整体師、学生栄養士、興味のある学生

参加費/1日参加:7,500円(3人以上で同時申し込みの場合6,000円)、1コマ3,000円
    ※特別セミナーは、受講者のみ参加可、単独参加は不可。

定員/30名

申し込み方法/下記HP内の申し込みフォームより申し込む

問い合わせ/株式会社アヴィススポーツ        
TEL:06-6531-3636
E-mail:nakachi-aviss@outlook.jp

スポンサーサイト