FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


着地時の負荷の受け方に関する科学的知見

日程/5月17日(土)

時間/午後7時30分〜9時(受付開始:午後7時)

場所/大阪市立青少年センター(KOKOプラザ) 801会議室

内容/競技スポーツ選手やスポーツ愛好家にとって、スポーツ外傷および障害は試合や練習への参加が困難になるだけでなく競技能力の低下に繋がることから、新たな怪我の発生を予防することは重要。

今回は、特にスポーツ外傷および障害の発生する頻度の高い、着地動作中における負荷の受け方に影響する危険因子にフォーカスし、科学的にどの程度明らかになっているのかを紹介

講師/魚田尚吾(大阪体育大学大学院)

対象/トレーナー、コーチ、選手をサポートしている方

受講料/会員3,240円、一般3,780円(税込)

定員/20名(先着)

申し込み締切/5月15日

申し込み受付/HPより

問い合わせ/一般社団法人トレーナーズネットワーク大阪
1007net.osaka@gmail.com
スポンサーサイト