FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

元プロ野球・元MLBトレーナーが教える!
プロアスリートへの指導と評価×実験と論文のエビデンスに基づく科学的トレーニング

--赤ちゃんトレーニングで注目される腹横筋・骨盤底筋群の鍛え方と使い方を頭と身体で知る5時間

日程/5月18日(日)

時間/講義:午後1時~3時、実技:午後3時30分~6時30分、交流会:午後7時~9時

会場/新町グレースビル4F「セミナールーム」(大阪市)
   交流会:富久重ホルモン(大阪市西区新町)

内容/体幹のインナーマッスルである腹横筋・骨盤底筋群や姿勢反射などに着目し、怪我を防ぐために必要なトレーニング・パフォーマンスアップに欠かせない指導の方法などを伝授します!

ただ単にインナーマッスルを鍛えるのみでは無く、人間本来が持つ反射系統の働きや姿勢がもたらす筋活動など、科学的に実証された文献や、講師の経験に裏付けされた理論と共に、某金メダリストが導入したと噂になった「赤ちゃんトレーニング」についても解説。

前半の講義では先ず、トレーニングの骨幹となるインナーマッスルの腹横筋・骨盤底筋郡の重要性など話を進めつつ、後半の実技では、日米の野球界でトレーナーとして活躍された講師のトレーニングを是非体感して下さい!

講師/橋本 恒(大阪大学・甲南大学・大阪教育大学・大阪R&S専門学校・京都医健専門学校非常勤講師)
資格:ミドルテネシー州立大学大学院 修士課程修了 NATA認定アスレティックトレーナー
経歴:サンフランシスコジャイアンツ マイナーリーグトレーナー・広島東洋カープ トレーニングコーチ など

対象/医師・カイロプラクター・柔道整復師・鍼灸師・アスレティックトレーナー・理学療法士・作業療法士・ストレングスコーチなど

参加費/一般:10,000円(早割で4月30日(水)までの申し込み8,000円)
    NSCA会員:8,000円(NSCA-CEU 0.5付与)
    交流会:3,500円(当日払い、自由参加)

申し込み締切/5月13日(火)

持ち物/筆記用具、インシューズ、動ける服装、スポーツタオル

定員/25名程

申し込み方法/弊社HP内の申し込みフォームから申し込む。

問い合わせ/アヴィススポーツ
TEL:06-6531-3636
E-mail:avisssports@hotmail.co.jp
スポンサーサイト