FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

マッスルコンディショニングストレッチセミナー

日程/ 6月29日(日)

時間/午前10時~午後5時30分(受付午前9時30分より)

会場/履正社医療スポーツ専門学校十三キャンパス

内容/マッスルコンディショエングストレッチとは、筋肉や腱に伸張感を与えず、関節周囲にある筋群の整合性や関節間での動きの協調性を改善しつつ、運動によつて生じた筋ストレスの調整するストレッチ。
スポーツ選手にはもちろん、関節痛や既往症を持つクライアント、高齢者にも安全に施術が可能となるため、スポーツトレーナー、医療従業者など幅広い現場でご活用いただいております。

・ソフトな手法で筋肉の伸長反射を抑える
・起始部から停上部まで筋全体へのアプローチ
・コンディショエングとして最適
・ストレッチ時のクライアントの丁寧な扱い

講師/中野道治(スポーツインテリジエンス所属、日本体育協会公認アスレティックトレーナー)

対象/治療院スタッフ、学生トレーナー、パーソナルトレーナー、部活顧問、コーチ、マネージャー

定員/30名

受講料/一般 7,560円、学生 3, 780円

申し込み締切/6月22日(日)

申し込み方法/電話もしくは申し込みフォームより予約

問い合わせ/スポーツインテリジェンス株式会社
TEL:06-6359-8171
FAX:06-6359-8172
E-mail:si-event@sports-intelligence.jp

スポンサーサイト