FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

投球・打撃動作のメカニズム
――投打の正しい原理・原則の理解


日程/7月13日(日)

時間/午前10~午後5時(状況により延長の場合有)

場所/安芸区民文化センター会議室A 

内容/投球動作および打撃動作のメカニズムに関して解説していただく。
「○○理論」や「○○メソッド」など特殊な理論ではなく、「野球動作メカニズムの原理・原則」になります。
野球に関わる医療従事者・トレーナー・指導者などにはおススメ。

講師/前田健(BCS Baseball Performance)

対象/医療従事者・トレーナー・野球指導者など

定員/30名程度

参加費/医療関係者・トレーナー 11,500円、野球指導者 11,000円

申し込み方法:申し込みフォームより申し込む 

問い合わせ/広島運動器疾患リハビリテーション研究会事務局 (担当:田代潤)

スポンサーサイト



歩行リハビリテーションセミナー 2014 in 東京
「歩行トレーニングのエビデンスとトレーニング」
――片麻痺疾患・変形性関節症を中心とした最新エビデンスとトレーニングの実際


日程/11月23日(日)

時間/午前10時30分 ~午後4時30分

会場/東京ビッグサイト 会議棟 6階 608会議室(東京都江東区有明3-11-1)

主催/酒井医療株式会社 メディカルサイエンス部

内容/歩行機能障害に対する歩行トレーニングに関して、歩行評価、運動機能評価、運動学・運動力学的評価、筋電図評価、運動療法プログラムなどの観点から、京都大学大学院 市橋 則明教授のコーディネートにより首記のセミナーを開催。歩行トレーニングの国内外の最新エビデンスやリハビリテーションの現場で実際に多く行われているトレーニングの現状はどうか、多くの臨床家が直面する脳卒中片麻痺患者や下肢関節の変形性関節症患者への効果的な歩行トレーニングとはどのように進めるか、など

講師/市橋則明(京都大学大学院 医学系研究科 人間健康科学系専攻 リハビリテーション科学コース 教授)
大畑光司(京都大学大学院 医学系研究科 人間健康科学系専攻 リハビリテーション科学コース 講師)
建内宏重(京都大学大学院 医学系研究科 人間健康科学系専攻 リハビリテーション科学コース 助教)

対象/歩行トレーニングにご関心のある医師・セラピスト・トレーナー・研究者 等

定員/80名程度 ※定員になり次第締切

受講料/6,000円(資料・昼食含む 早期割引あり)

申し込み方法/HP内の申し込みフォームより申し込む
問い合わせ/酒井医療株式会社 メディカルサイエンス部  セミナー事務局(担当:飯島・眞田(さなだ))
TEL:03-5227-5785 
E-mail:2014seminar@sakaimed.co.jp