FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

本誌162号は今月25日発売で、定期購読者のみなさまへは26日発送です。

特集は「皮膚テーピング」と題し、文京学院大学の福井勉先生に取材、計23ページのボリュームです。すでに、ブックハウスHD社の本誌ウエブサイトページに特集の11ページが掲載されています。

皮膚への操作で関節可動域が拡大したり、制限されたり、筋活動が促進されたり抑制されるという事実から、アプローチしやすいテーピングとして臨床応用されてきた福井先生に長時間インタビュー。

原則を覚えれば応用は広く可能です。そんなことが本当にあるか?と思われるかもしれませんが、事実起こる現象です。ぜひお試しください。(清家)
スポンサーサイト