FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

フェルデンクライス・メソッド ワークショップin倉敷
――ローラー編


日程/8月10日(日)

時間/午前9時30分~午後4時30分

会場/倉敷市児島産業振興センター(倉敷市児島駅前1-37)

内容/従来の運動器系を偏重した方法や手技ではなく、対象者自らが学習プロセスを認識し、自己の身体の変化に気づき効率の良い身体の使用法を日常化していく体性感覚へのアプローチ。ローラーを使用したレッスンを中心に学ぶ。

講師/森近貴幸(フェルデンクライス・メソッド プラクティショナー、理学療法士、日本体育協会公認AT、NSCA-CPT)

対象/理学療法士、作業療法士など興味のある方

定員/30名

参加費/8,000円(ローラー購入希望者は別途6,480円)

申し込み方法/下記アドレスにメールで申し込む。
①希望会場
②氏名
③所属
④職種
⑤連絡先メールアドレス
を明記してください。(ローラー購入希望者はメールに記入)

問い合わせ/ フィジオスタイル(フェルデンクライス岡山)
E-mail:okayamafelden@gmail.com

スポンサーサイト



第5回トレジャーリングバスケットボール指導者勉強会 
――膝のケガ、早めの対処


日程/8月1日(金)

時間/午後7時~8時45分(開場午後6時30分~)

会場/TKP渋谷カンファレンスセンター
(JR渋谷駅(東口)より徒歩3分、京王井の頭線渋谷駅(中央口)より徒歩6分、東京メトロ銀座線、半蔵門線、東急東横線、田園都市線渋谷駅(15番出口)より徒歩2分)

内容/バスケットボールに多い膝のケガについて、前半は痛くなる前に早めに対処するには何をしたらいいのか、身体のどんなサインに注意すればいいのかなどトレーナーの視点から対処法を提示。
後半は原田裕花(元ジャパンエナジー)が2度の膝前十時靱帯損傷を経て、アトランタオリンピック出場するまでいかに膝のケガを乗り越えてきたか、その経験からの学びや気づきなどを伝える。

◆講演「痛みが出る前の早めの対処、身体が発するサイン」
 津田清美(トレジャーリングトレーナー)

◆トークイン「膝のケガの経験から学んだこと、感じたこと」 
 話し手:原田裕花(トレジャーリングコーチ)、津田清美(トレジャーリングトレーナー)
 ゲスト(調整中)

定員/30名

参加費/一般2,000円、学生(大学生、専門学校生)1,000円(当日徴収)

申し込み方法/申し込みフォームより申し込むか、または、件名を「第5回指導者勉強会」とし、①氏名、②所属名、③一般または学生の別を明記し、下記メールアドレスに申し込む。

申し込み締切/7月25日(金)

問い合わせ/一般社団法人トレジャーリング
E-mail:torerinbbc1996@gmail.com