FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

163号は無事入稿し、今月28日発売です。特集は以下のとおりです。来週にはHPで特集計25ページのうち約半分を公開します。大ボリュームで、子どものスポーツ障害予防に取り組んだ特集です。ぜひご覧ください。(清家)

163号特集「子どものスポーツ障害 大人の責任―障害予防と指導、その体制づくり」
1 中学校のメディカルチェック―鴨川市における医療機関と学校の連携モデル
大内洋・亀田総合病院スポーツ医学科部長
2 野球選手育成と野球障害予防の両立を目指して―ジュニア期は「楽しい野球」「全力投球なし」「指導のない素振りなし」「力に頼らないスキルアップ中心」
馬見塚尚孝・筑波大学附属病院水戸地域医療教育センター整形外科講師
金堀哲也・筑波大学体育系博士特別研究員、博士(コーチング学)
3 学校スポーツにおける指導者のトレーナー的知識普及の必要性
―部活動指導者、養護教諭、体育教員、教員志望者へのアプローチ
山本利春・国際武道大学体育学部教授、日本アスレティックトレーニング学会代表理事
4 子どものバスケットボールにおける傷害予防―トップレベル選手とトレーナーが指導
津田清美・一般社団法人トレジャーリング副理事、元日本代表チーム帯同トレーナー
5 ジュニア水泳選手のセルフメンテナンス
小沢邦彦・リフレッシュ指圧センター院長
●トピック
「学校における運動器検診について―学校保健安全施行規則を一部改正する省令公布」
武藤芳照・日体大総合研究所所長


スポンサーサイト