FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.215(2019年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ215表紙
『特集 足関節捻挫後遺症の課題を整理する」
1.「慢性足関節不安定症に対する治療の現状と課題」
小林 匠・北海道千歳リハビリテーション大学 健康科学部
リハビリテーション学科 理学療法士
 
2.「足関節捻挫が関節機能に及ぼす影響と課題」
越野裕太・理学療法士、博士(保健科学)、NTT 東日本札幌病院リハビリテーションセンター

3.「足関節捻挫がスポーツパフォーマンスに及ぼす影響と課題」
峯田晋史郎・大阪体育大学 スポーツ医科学研究室、日本学術振興会 特別研究員PD

4.「足関節捻挫における後遺症が将来的な健康に及ぼす影響と課題」
寺田昌史・立命館大学スポーツ健康科学部 講師

電子書籍 新刊発売のお知らせ

~身体運動研究者と指導者のための~
新しい視点からのトレーニング科学

The New Paradigm of Exercise Science
b_shop_003.jpg
宮下充正先生の最新刊。
体育学とスポーツ科学、運動科学とジェネティクスから書き起こし、老化と筋肉、骨格筋線維の新分類、筋持久力、そしてエピジェネティクスについて、最新の文献から考える、関係者必読の書です。
MMSSMサイトにて、序章と1章を「立ち読み」できます。

著者/宮下充正(東京大学名誉教授、首都医校校長)

A5判 136ページ 電子書籍(PDF)
ファイルサイズ:6.2M
2014年8月3日発売
定価:1080円(本体:1000円)
スポンサーサイト