FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


SETセミナー
『投球フォームから考えた解剖学・運動学的観点』


日程/9月14日(日)

時間/午前10時~午後4時 (終了予定)

会場/大須アメ横会議室店第3会議室(名古屋市中区大須3丁目30-86 第一アメ横ビル)

テーマ/『投球動作指導①』――フォームチェックした後に何を指導しますか?
~重心移動、テイクバック~

内容/今回はチェック後の展開、どうアプローチ、指導していけばいいのか? という内容で実技を中心に開催.
①バランスよく立つ、下半身の重心移動、上肢はテイクバックにおける動作指導
②残りの腕の軌道、リリースポイント、フォロースルーの動作指導

講師/久保田正一(くろだ整形クリニックCreative-Sports PT)

受講料/8,000円(資料代込み)、学生4,000円  

定員/40名

申し込み締切/9月8日(月)

申し込み方法/下記、いずれかにて申し込む。
・PCから申し込む→ココ 
・携帯から申し込む→ココ

※自動返信メールが送信されますので、返信がない場合は正しく申し込みされていない場合があります。
 その場合はお手数ですが、もう一度申し込み下さい。

※携帯の場合はドメイン指定を解除、もしくは @creative-sports.info を指定お願い致します。

問い合わせ/野球障害交流会
FBアドレス:235846733200992@groups.facebook.com
スポンサーサイト