FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


順天堂大学シンポジウム「幸福寿命を延ばす医療イノベーション」
――ロコモ予防(スポーツ・健康・医療)を考える


日程/8月30日(土) 

時間/午後1時30分~4時45分(開場:午後1時)

会場/順天堂大学 本郷・お茶の水キャンパス 10号館1階カンファレンスルーム(東京都文京区本郷2-1-1)

内容/基調講演「使って貯めよう筋肉貯筋-皆で伸ばそう健康寿命-」
福永哲夫(鹿屋体育大学学長)

1.COI-Tの取組について「幸福寿命を延ばす医療イノべーション」
モデレータ:平澤恵理(順天堂大学)
(1)プロジェクトリーター挨拶:岡 裕爾 氏(日立製作所)
(2)成果報告:順天堂大学・JAXA・ニッピ・日立製作所

2.パネルディスカション
「次世代のロコモ予防(スポーツ・健康・医療)を考える」
モデレータ:内藤久士(順天堂大学)

招待講演1:大江隆史(ロコモチャレンジ!推進協議会 委員長、社会医療法人蛍水会名戸ヶ谷病院院長)

招待講演 2:伊坂 忠夫(立命館大学 スポーツ健康科学部 教授)

パネリスト:発表者、濱田 千江子・石島 旨章(順天堂大学)

参加費/無料

申し込み方法/申し込み用HPより申し込む

問い合わせ/順天堂大学シンポジウム事務局 企画調査室(担当:土田)
TEL:03-5802-1003

スポンサーサイト