FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

第6回 医療とスポーツのシンポジウム
REBORN ~試練からの蘇り~
九州医療スポーツ専門学校学生によるスポーツの現場学習を通した学術発表

日程/9月15日(月・祝)

時間/午後2時~5時(受付午後1時より)

会場/北九州市立商工貿易会館 多目的ホール(福岡県北九州市小倉北区古船場町1-35)

内容/第一部:学術発表
「北九州マラソン2014 ~フルマラソン完走者の身体特性」
理学療法学科学生代表

「グラッチャ子ども運動トレーニングセンター ~幼少期の子どもの成長」
アスレチックリハビリテーション・スポーツトレーナー学科学生代表

「サッカーフェスティバル2014 ~外傷発生時の状況データ」
整体セラピスト学科学生代表

「プロスポーツチームにおけるトレーナー活動~福岡ソフトバンクホークス、ギラヴァンツ北九州」
鍼灸学科・柔道整復学科学生代表

スペシャルセッション:講演「REBORN ~試練からの蘇り」
魔裟斗(K-1 WORLD MAX 2003,2008世界王者)

第二部:パネルディスカッション
・水嶋昭彦(九州医療スポーツ専門学校 理事長)
・九州医療スポーツ専門学校 生徒代表
・SPECIAL GUEST 魔裟斗

入場料/無料

問い合わせ/九州医療スポーツ専門学校シンポジウム実行委員(担当:桑原)
TEL:0120-594-160
FAX:093-952-2080

スポンサーサイト