スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.188(2017年2・3月合併号)←詳細&購入はここ!
msm188-Taguchi.jpg 特集『特集 痛みへのアプローチ』
──「痛み」の理解と治療、スポーツ現場での対応  
1.「スポーツ現場における「痛み」の捉え方」
川口浩太郎・兵庫医療大学リハビリテーション学部 PhD,PT,
       JASA-AT
坂口 顕・兵庫医療大学リハビリテーション学部 PhD,PT
            
2.「スポーツ現場における物理療法」
坂口 顕・兵庫医療大学リハビリテーション学部理学療法学科
      PhD,PT
川口浩太郎・兵庫医療大学リハビリテーション学部 PhD,PT,JASA-AT
 
3.「運動時痛に対する機能的アプローチ」
吉田奈美・はちすばクリニック、理学療法士
川野哲英・医療法人社団 昇英会 はちすばクリニック副院長、FTEX Institute 代表


   
腰痛リハビリテーションセミナー2014 in 東京
――腰痛治療、腰痛予防戦略について考える

日程/11月30日(日)

時間/午前10時 ~ 午後5時 (午前9時30分~受付開始)

会場/東京ビッグサイト 会議棟 6階 609会議室 (東京都江東区有明3-11-1)

主催/酒井医療株式会社 メディカルサイエンス部

内容/慢性腰痛症、非特異的腰痛に対するリハビリテーションを再考頂く機会として、国内外の先生方をお招きし、
最新腰痛リハビリテーショントピックと、国内外における臨床実践例について紹介いただく

1  「腰痛リハビリテーションの最近の知見と予防戦略について」
     伊藤俊一(北海道千歳リハビリテーション学院 学院長)

2  「ヨー ロッパにおける腰痛リハビリテーション、予防戦略の実情」
     Andreas Rooker(Proxomed Medizintechnik GmbH Head of International Sales)

3  「腰痛リハビリ テーションの実践例 -体幹筋力トレーニングマシーン Tergumed®の活用-」
     小俣純一(福島県立医科大学会津医療センター  リハビリテーション科リーダー)

※詳細はHP参照

対象/腰痛治療、予防にご関心のある医師・セラピスト・トレーナー・研究者等

定員/50名程度

受講料/6,000円(資料・昼食含む 早期割引あり)
※10月30日までお申込み、10月31日まで受講費お振込みで
  受講料 6,000円 → 5,000円 

申し込み方法/HP内の申し込みフォームより申し込む

申し込み締切/定員になり次第締切

問い合わせ/酒井医療株式会社 メディカルサイエンス部 セミナー事務局(担当:飯島・眞田(さなだ))
TEL:03-5227-5785 
E-mail:2014seminar@sakaimed.co.jp
スポンサーサイト
STROOPSライセンス取得講習会/使用方法説明セッション

日程/東京: 10月17日・18日
     大阪: 10月31日・11月1日
     札幌: 11月14日・15日
     熊本: 11月28日・29日

時間/1日目:STROOPS SFP Trainer ライセンス講習会:午前9時30分~午後5時30分
     2日目:STROOPS セッション:午前10時~午後1時                   

会場/東京:味の素スタジアム(東京都調布市西町376-3 )
     大阪:ミズノ株式会社 大阪本社 B1ネクステージ(大阪市住之江区南港北1-12-35 )
    札幌:セノー株式会社 札幌支店、ミズノ株式会社 北海道営業所
         ( 札幌市豊平区平2条8丁目1番30号)
    熊本:熊本県民総合運動公園陸上競技場 うまかな・よかなスタジアム
         (熊本市東区平山町2776番地)

■STROOPS SFP Trainerライセンス講習会(1日目)

主催/STROOPS JAPAN(株式会社CORE N' CODE)

定員/各会場 限定30名

参加費/75,600円(税込)

内訳/講習費  37,800円(教本・資格認定費用含む) 、STPキット  37,800円(市販は行ないません)

特典/STPキットを割引価格にて購入が可能となります。
     その他、STROOPS社製品を割引価格にて購入が可能となります。

概要/製品コンセプトの説明・使い方及び実技講習

申し込み方法/専用フォームにてお申し込みをお願いします。
            ※各会場の詳細は専用アドレスよりご確認ください

■STROOPSセッション(2日目)

主催/ セノー株式会社

定員/各会場 限定30名

参加費/4,860円(税込) 説明冊子・DVD付

特典/STROOPS社製品を割引価格にて購入が可能となります。

概要/STROOPS基本Aセットの使用方法説明及び実技講習

申し込み方法/047-385-9110(セノー株式会社マーケティング部)にて受付を行なっております。
           ※必ず『STROOPSセッション』の申込とお伝えください。

問い合わせ/セノー株式会社 マーケティング部
〒270-2214 千葉県松戸市松飛台250
TEL:047-385-9110  FAX:047-385-9177
Email:amano-t@senoh.co.jp


本誌164号は今月29日発売です。

特集は以下の通りです。
164号の全体および特集25ページのうち11ページをこのサイトでご覧いただけます。

■特集 着地の研究
──前十字靱帯損傷と足関節捻挫をめぐって

スポーツにおいて着地時に起こす外傷は多い。「着地と外傷」をテーマに特集を考えてみた。今月は、趣向を変えて、5人の先生に集まっていただき、2人の先生には事前に用意していただいたパワーポイント資料とともにプレゼンテーションを行っていただき、その後3人の先生とともにディスカッションを行った。プレゼンテーションは、大阪体育大学の下河内洋平先生による非接触性ACL損傷と着地、関西医療大学の吉田隆紀先生による足関節捻挫と着地に関わる内容である。ディスカッション参加は、関西医療大学の井口理先生、内田靖之先生、鈴木俊明先生である。

1 スポーツ競技の減速動作中における非接触性ACL損傷と着地時の地面反力の関係について 下河内洋平・大阪体育大学、同大学院准教授、PhD, ATC
2 ジャンプ着地と障害予防
──慢性的足関節不安定性に着目して
吉田隆紀・関西医療大学 保健医療学部 理学療法学科

3 ディスカッション 出席者:
下河内洋平・大阪体育大学、同大学院准教授、PhD, ATC
吉田隆紀・関西医療大学 保健医療学部 理学療法学科
内田靖之・関西医療大学、鍼灸師、JATI認定トレーニング指導者、日本体育協会公認AT、修士(人間科学)
井口 理・関西医療大学ヘルスプロモーション整復学科、柔道整復師、鍼灸師、スポーツ科学修士
鈴木俊明・関西医療大学保健医療学部理学療法学科学科長、関西医療大学大学院保健医療学研究科研究副科長 教授、理学療法士、医学博士

日本女子体育大学附属基礎体力研究所
第25回公開研究フォーラム
「はじまり-社会と共創する研究を考える―」

日程/11月29日(土) 

時間/午後1時30分~4時55分(予定)(懇親会:午後5時10分~6時10分)

会場/日本女子体育大学本館1階 E101教室(懇親会:日本女子体育大学学生会館2階)

内容/
◆セッションⅠ「研究所における研究動向と展望」     
「基礎体力研究所のこれまでとこれから-25周年を迎えて」定本朋子(基礎体力研究所所長) 

◆若手研究者の挑戦と今後の展開
「暑熱環境下での運動時における静脈血管応答」大上安奈(東洋大学食環境学部)
「皮膚血流の影響を分離した脳酸素化動態測定法の開発」平澤 愛(東洋大学理工学研究科)
「ストレッチに対する血管および筋の伸展性変化」大槻曜生(日本女子体育大学基礎体力研究所) 
「運動時の脳血流調節 -これまでの知見と今後の応用展開」佐藤耕平(日本女子体育大学基礎体力研究所)

◆ポスター発表&コーヒーブレイク   
      
◆セッションⅡ「特別講演:スポーツは未来に向けて何を育み創造するのか」
「運動を柱とした人と地域を活性化するサクセスフルエイジング社会の構築」大藏倫博(筑波大学)
「女子体育の力 -ジェンダーバイアスを乗り越える知恵」溝口紀子(静岡文化芸術大学)

参加費/無料

問い合わせ/第25回公開研究フォーラム事務局
TEL:03-3300-6172、03-3300-6175
E-mail:kisotai@jwcpe.ac.jp

第36回子どものからだと心・全国研究会議
子どものからだと心の危機の克服をめざして
~人類の知恵を集めて子どもをいきいきさせよう~
 ― Active Living ―


日程 /2014年12月13日(土)~ 14日(日)

会場/ 日本体育大学(東京・世田谷キャンパス) 
東京都世田谷区深沢7-1-1 

主催/ 子どものからだと心・連絡会議

後援/ 東京都教育委員会

内容/特 別 講 演 :「Go Wild」 ジョン・J・レイティ (医学博士・ハーバード大学医学部臨床精神医学准教授)
※「特別講演」のみ参加も大歓迎です!

指 定 報 告 :『子どものからだと心白書 2014』同編集委員会

講 座:「「朝から元気大作戦!――Active Morning でからだがシャキーン!!」
    中村 公子(相模原市立藤野北小学校 総括教諭)
    島﨑 貞良(相模原市立藤野北小学校 教諭)
    前田 幸子(相模原市立藤野北小学校 教諭)
    中込 美恵子(静岡県小学校養護教諭)

一般報告: ポスター発表

研究協議:「実感とデータに基づく“いきいき”実践の創造」

一般報告の公募(ポスター発表のみ)/一般報告は、どなたでもご報告いただけます。“子どもの生存・保護・発達”にかかわる問題を解決するために取り組まれた実践や研究の発見や成果、課題等を奮ってご報告ください。
報告を希望される方は、11月7日(金)までに氏名、所属、連絡先、テーマ、報告要旨(400字程度)を、事務局(E-mail またはFAX)までご連絡ください。後日、事務局より詳細をお知らせします。

申し込み方法/郵便局備えつけの「払込書」にて、通信欄に下記内容を明記し、下記口座番号に振り込み、申し込む。
①参加日数
②会員種別
③懇親会参加の有無
◆口座番号 「00130-6-168585」、加入者名「子どものからだと心・全国研究会議」

事前申し込み締切/11月28日(金)、当日参加も可
・新規入会をされる方は「払込書」にその旨をご記入上、年会費と参加費をご入金下さい。

その他/
・12月13日(土)の昼食時に、連絡会議の全国委員会を行います。全国委員以外の方もオブザーバーとして参加可能です。事前に事務局までご連絡下さい。
・12月13日(土)の夜に、夕食を兼ねて懇親会を開きます。奮ってご参加下さい。
・派遣依頼書が必要な方は事務局へご連絡下さい。また、領収書が必要な方は、当日、受付に申し出て下さい。
・入会はいつでもできます。事務局までお問い合せ下さい。会議期間中も受け付けております。入会費無料、年会費4,000円(白書・ニュース年4回)。

参加費/両日参加(白書代含む):会員5,000円、一般9,000円、学生・院生2,500円
1日参加(白書代含む):会員4,000円、一般8,000円、学生・院生2,500円
特別講演参加:会員・一般3,000 円
いずれも高校生以下無料
懇親会費/会員・一般3,000円、学生・院生1,000円
*当日の受付は混雑することが予想されるため、郵便振替にて事前申込にご協力下さい。

白書のみご購入希望の方/下記まで、氏名、住所、電話番号、冊数をご連絡ください。
発売元:有限会社ブックハウス・エイチディ
E-mail:bhhd@mxd.mesh.ne.jp
Fax:03-3372-6250
Tel:03-3372-6251

問い合わせ/子どものからだと心・全国研究会議 事務局
〒158-8508 東京都世田谷区深沢7-1-1
日本体育大学 スポーツ教育学研究室気付
TEL&FAX:03-5706-0967
E-mail:karada_1979@yahoo.co.jp
今月29日発売の164号の特集は「着地の研究―前十字靭帯損傷と足関節捻挫をめぐって」と題し、以下の内容でお届けします。

164号特集
■着地の研究 前十字靭帯損傷と足関節捻挫をめぐって

1.スポーツ競技の減速動作中における非接触性ACL損傷と着地時の地面反力の関係について
 下河内洋平・大阪体育大学
2.ジャンプ着地と障害予防―慢性的足関節不安定性に着目して
 吉田隆紀・関西医療大学
3.ディスカッション
 上記お二人に、関西医療大学の内田靖之・井口理・鈴木俊明の3先生を交えての議論。

今月29日までにHPに特集25ページのうち11ページを閲覧できるようにします。よろしくお願いします。(清家)
児島HOTセミナー
膝・股関節からの介入~アドバンス~


日程/10月19日(日)

時間/午前9時30分~午後4時30分

会場/倉敷市児島産業振興センター(倉敷市児島駅前1-37)

内容/徒手技術の研鑽を目的に実技を中心に偶数月に開催しています。少人数制により充実した学びの環境を提供し、し基礎から応用まで幅広く勉強しています。

講師/森近貴幸(理学療法士、日本体育協会公認AT、NSCA-CPT)

対象/理学療法士、作業療法士など身体に興味のある方

定員/18名

受講料/8,000円

申し込み方法/下記メールアドレスに,件名に児島HOTセミナー受講希望、本文に、①氏名、②所属、③職種、④連絡先PCメールアドレスを明記して申し込む

問い合わせ/フィジオスタイル
E-mail:okayamafelden@gmail.com


フィジオスタイルワークショップin熊本
下肢の構造と機能を統合するための評価と介入

日程/11月23日(日)、24日(月・祝)

時間/午前9時30分~午後4時30分

会場/熊本市健軍文化ホール(熊本市東区若葉3-5-11)

内容/各関節の構造を統合するための見方や考え方を再確認しながら、人の動作や活動を主体とした捉え方を学んでいただきます。疾患にとらわれることなく、機能改善へと導く際に必要となる評価とアプローチの実際を、1日間で3名の講師により段階的な実習をいたします。
*詳細はホームページ参照

対象/理学療法士、作業療法士、トレーナーなど

定員/30名

受講料/14,000円

申し込み方法/下記メールアドレスに、件名にフィジオスタイルワークショップ参加希望、本文に、①氏名、②所属、③職種、④連絡先PCメールアドレス、⑤どちらか1日のみの受講の場合は希望日を明記して申し込む

問い合わせ/フィジオスタイル
E-mail:okayamafelden@gmail.com
LinQロコモ体操

2013年、健康日本21(第二次)で、10年の間に「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)を認知している国民の割合の増加(80%)」という数値目標が設定されました。

 このことを受け、ロコモティブシンドロームの解消により日本を元気に盛り上げていくことについて、以下の3社の理念が一致したところから、今回のアライアンス施策が実現致しました。

 なお、協業の内容は「ロコモティブシンドロームを予防し、健康寿命の延伸に寄与するサービスの開発、提供」であり、3社の役割は以下のとおりです。

●株式会社ジョブ・ネット
・「LinQ」による映像出演
・「LinQ」による「LinQロコモ体操」(※)遠隔レッスン/出張レッスンの提供

●西日本電信電話株式会社
・「LinQロコモ体操」アプリの開発
・遠隔レッスンプラン利用時における環境構築

●テンプスタッフ・ライフサポート株式会社
・「LinQロコモ体操」指導・監修

 (※)「LinQロコモ体操」とは、LinQを講師としてロコモティブシンドロームを防ぐエクササイズをお届けするパッケージソリューションです。

 「光BOX+」(情報機器)のアプリや、「LinQ」から直接指導が受けられる遠隔、もしくは出張レッスン(遠隔/出張レッスンは自治体や企業等の団体のみ利用可)により地域住民のみなさま、社員のみなさまの健康増進、及びコミュニケーション増進に貢献いたします。

以下のサイトより、動画がご覧頂けます。

LinQロコモ体操報道発表
ロコモ体操報道発表

LinQロコモ体操プロモーションビデオ
ロコモ体操プロモーションビデオ

問い合わせ/テンプスタッフ・ライフサポート(株)(担当:平瀬)
TEL:03-6831-2063
FAX:03-6831-2034
E-mail:masanorihi@temp-ls.co.jp

           
インディバ®・アクティブ10月大阪セミナー

日程/10月16日(木)

時間/午後2時30分~5時30分

会場/株式会社インディバ・ジャパン 大阪営業所

内容/京都大学大学院で教鞭をとるかたわら、トレーナーとしてトップジョッキー達のケアを行っている長谷川聡先生を招き講演を行います。

長谷川先生は武豊騎手をはじめとするトップジョッキーや競輪選手に「インディバ®・アクティブ」による施術を行っています。筋肉を酷使し、落車、落馬など大きなケガも多い彼らに対しての施術方法、注意ポイントなど、自身の施術に活用できるテクニックを聞くことができます。

また、ロコモティブ症候群(運動器症候群)に対しては、手技に「インディバ®・アクティブ」の温熱・非熱を加えることで、「健康と美」を伴うQOL向上を相乗効果とした「ロコモ対策」が可能になります。このメニューはこれからの治療院にとって社会貢献、収益性から外せないものとなるはずです。こちらについては弊社山口会長が講演、インストラクターがデモを行います。

①「トップジョッキー・競輪選手におけるディコンディショニングとその対策」長谷川聡
②講演「ロコモ対策について」山口祐司(インディバ・ジャパン会長)

講師/長谷川聡
京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻
リハビリテーション科学コース理学療法学講座運動機能解析学分野 助教

定員/30名(先着順)

参加費/無料

申し込み方法/大阪セミナー専用「参加申込書」に必要事項を記入し、FAXにて申し込む

問い合わせ/インディバ・ジャパン(担当:早川)
FAX:06-6536-0116

インディバ®・アクティブ10月福岡セミナー

日程/10月8日(水)

時間/午後2時30分~5時30分

会場/株式会社インディバ・ジャパン 福岡本社

内容/香月院長は「インディバ®・アクティブ」導入で自費治療率をいかに上げるかを最重要視し、施術価格が高いと思われないためにどう“魅せるか”、どの層に向けてアピールするかなどを考慮、他院と明確な差別化を図ることに成功しました。また、実践的アクティブモーションとして、シンスプリント、ジャンパー膝などスポーツ障害への「インディバ®・アクティブ」使用例も披露していただきます。

また、近年大きな社会問題へと発展してきているロコモティブ症候群(運動器症候群)に対しては、手技に「インディバ®・アクティブ」の温熱・非熱を加えることで、「健康と美」を伴うQOL向上を相乗効果とした「ロコモ対策」が可能になります。このメニューはこれからの治療院にとって社会貢献、収益性から外せないものとなるはずです。こちらについては弊社山口会長が講演、インストラクターがデモを行います。

     ①「インディバ®・アクティブ自費導入活用テクニック」香月大輔
     ②「実践的アクティブモーション」香月大輔
     ③講演「ロコモ症候群について」山口祐司(インディバ・ジャパン会長)

講師/香月大輔
柔道整復師、「インディバ®」の自費治療部門「カラダの再生工場 リコンディショニング・ファクトリー」、女性専門リンパマッサージ「リラクゼーションサロンLi*Amour(リアムール)」を併設

定員/20名(先着順)

参加費/無料

申し込み方法/福岡セミナー専用「参加申込書」に必要事項を記入し、FAXにて申し込む

問い合わせ/インディバ・ジャパン(担当:早川)
FAX:06-6536-0116


インディバ®・アクティブ10月東京セミナー
ロコモティブ症候群について


日程/10月9日(木)

時間/午後2時30分~5時30分

会場/株式会社インディバ・ジャパン 東京本社

内容/日本人の平均寿命が延びる中、日常生活を送ることができる「健康寿命」と平均寿命の差は男性で約10年、女性では11年へと長期化しています。健康寿命延伸を妨げる大きな要因は運動器の障害で、運動器障害により要介護となるリスクが高い「ロコモティブ症候群(運動器症候群):以下ロコモ症候群」は、近年大きな問題となってきており、政府も重要課題としています。

しかし「ロコモ症候群」は、実は「インディバ®・アクティブ」で対応でき、手技に「インディバ®・アクティブ」の温熱・非熱を加えることで、「健康と美」を伴うQOL向上を相乗効果とした「ロコモ対策」が可能になります。このメニューはこれからの治療院にとって社会貢献、収益性から外せないものとなるはずです。

今回のセミナーでは弊社山口会長が「ロコモ症候群」とその「インディバ®・アクティブ」での対策について講演、インストラクターがデモを行います。

定員/40名(先着順)

参加費/無料

申し込み方法/東京セミナー専用「参加申込書」に必要事項を記入し、FAXにて申し込む

問い合わせ/インディバ・ジャパン(担当:宮本)
FAX:03-5768-8872
http://www.indibaactiv.jp
日本スポーツマネジメント学会第 7 回大会
――スポーツが地域をひらく


日程/11 月 29 日(土)~30 日(日)

時間/29日:午前11時~午後6時、懇親会:午後6時15分~7時45分
   30日:午前9時~午後12時

会場/広島経済大学(広島県広島市安佐南区祇園 5 丁目 37-1)

主催/日本スポーツマネジメント学会

共催/広島経済大学

内容/29 日
 特別講演「サッカー界のマネジメントに関する将来展望(予定)」
   宮本恒靖(元日本代表・サッカーマガジン ZONE 特別編集長)
シンポジウムⅠ「プロスポーツのグローバル化と地域活性化(予定)」
シンポジスト:宮本恒靖(前出)
藤井純一(株式会社エイ・エス)
三屋裕子(スポーツコメンテーター)
濱口博行(広島経済大学)
 コーディネーター:藤口光紀(広島経済大学)
 一般研究発表
 総 会
 懇親会

30 日(日)
 一般研究発表
 シンポジウムⅡ「スポーツと地域密着(予定)」
  シンポジスト:
  大山隆太(福岡ソフトバンクホークス株式会社)
  坂上俊次(株式会社中国放送)
  森脇豊一郎(株式会社サンフレッチェ広島)
  徳永博充(広島経済大学)
 コーディネーター:永田 靖(広島経済大学)
 閉会挨拶
※発表申込件数などによって多少の日程変更の可能性もありますので、ご了承下さい。

◆大会サブプログラム:スチューデントセミナー
日程/11月28 日(金)

時間/午後3 時~6時(受付開始 午後2 時 30 分)

会場/広島経済大学 立町キャンパス(広島市中区立町 2-25 IG 石田学園ビル)

アクセス/広島駅から約 15 分で立町(広島電鉄)に到着します。広電の路線番号①:広島港(宇品)行、②:宮島口行、⑥:江波行のいずれかに乗車してください。

内容/「競技場からアリーナ(スタジアム)へ:広島を事例に(予定)」
  今西和男(吉備国際大学・元サンフレッチェ広島総監督)
コーディネーター:永田 靖(広島経済大学)

※ スチューデント・セミナーのお申し込みおよび詳細については、学会 HP 内スチューデント・セミナーのページをご参照ください。

参加費/一般会員8,000 円、一般(会員外)10,000 円、学生3,000 円(大学院生・学部学生)※学生会員も含む。
※スチューデントセミナー参加希望の方は、スチューデントセミナー参加費(4,000 円)内に、学会大会参加費が含まれていますので、スチューデントセミナーのみお申し込み下さい。
懇親会費3,000 円

振 込 先/大会参加費、懇親会費(参加者のみ)は、2014 年 11 月 19 日(水)までに
下記口座にお振り込み下さい。※事前の振り込みにご協力をお願いいたします。
銀 行 名:三井住友銀行 高田馬場支店
口座番号:4475138
口座名称:日本スポーツマネジメント学会 学会大会 原田宗彦

一般研究発表申し込み原稿締切/ 9 月 30 日(火)23 時 59 分

一般研究発表採択通知/10 月下旬

申し込み方法/所定の大会参加申込書に必要事項を記入し、ウェブ上の参加申込フォーム、E メールまたは FAX にて学会事務局へお送り下さい。

申し込み締切/11 月 19 日(水)
※期日を過ぎてのお申し込みは、大会当日に承ります。


一般研究発表申し込み方法/
発表のタイプ :(1)実践研究:実践的な事例をまとめた研究成果・報告
          (2)学術研究:客観性、論理性、普遍性を備えた学術的価値の高い研究成果

発表形式 :口頭発表もしくはポスター発表

研究分野 :実践研究・学術研究とも
①スポーツマーケティング(スポンサーシップ、消費者行動など)
②マネジメント/リーダーシップ(組織、GM、ボランティアなど)
③政策
④ファイナンス&エコノミクス
⑤ファシリティマネジメント(PFI、指定管理者制度など)
⑥スポーツマネジメント教育(カリキュラム、人材育成、インターンシップなど)
⑦スポーツツーリズム
⑧法的問題
⑨コミュニケーション(メディア、ジャーナリズム、広報など)
⑩その他

研究発表資格/申し込み時点で平成 26 年度会費を納入した本学会の一般会員、もしくは学生会員(院生)であること。
※共同研究者は会員でなくても構いません。
※筆頭著者(発表者)としての申込みは、1 人 1 題に限ります。

口頭発表時間 /30 分(発表 20 分、質疑応答 5 分、入替 5 分)

ポスターサイズ/A0 サイズ(たて 1189mm×よこ 841mm)とします。

申し込み方法/口頭・ポスター発表ともに、別紙に定める大会号原稿作成要領に従い作成した大会号掲載予定原稿(Word、PDF の 2 種類)と大会参加申込書(一般研究発表申込者用)を添付し、①発表種別(口頭もしくはポスター)、②発表のタイプ(実践研究もしくは学術研究)、③上記研究分野から該当する研究分野(2 つまで)、上記 3 点を明記の上、ウェブ上の参加申込フォームもしくは E メールにてお送り下さい。※E メールの場合は、件名に必ず「一般研究発表申込」と明記して下さい。

発表申し込み先/presentation@e-jasm.jp

発表申し込み締切/ 9 月 30 日(火)23 時 59 分必着

発表採択通知/審査後、投稿者には審査結果を 2014 年 10 月下旬に送付します。

※詳細は、学会HP参照

問い合わせ/学会事務局
TEL&FAX:042-461-1071
E-mail:conference@e-jasm.jp

一般研究発表に関する問い合わせ/日本スポーツマネジメント学会編集委員会事務局
TEL & FAX:042-461-1071
E-mail:presentation@e-jasm.jp
心のバリアフリーを目指す
障がい者スポーツプロモーション(普及)事業
(年賀寄附金助成事業)


日本ではこれまで障がい者スポーツの振興 は厚労省を 中心に 、自治体で は障害福祉部署が担当してきまたが、今年から文科省へ移管された動きに伴い、今回 の事業は障害福祉部署ではなく、 地域クラブと千葉県教育委員会の共催による取り組みで、このような ケースは全国でも初めてです。
今後 、教育委員会を主体とした障がい者スポーツ 振興事業のモデルとなります。

日程/11 月 16 日(日)

時間/講演会:午前10時~午後11時10分
    心臓リハビリ体験会:午前11時40分~午後12時40分
    フロアーバレーボール(視覚障がい者のバレーボール)体験会:午後1時30分~5時

会場/千葉県立柏の葉コミュニティ体育館会議室ほか(柏市柏の葉4-1)

主催/ NPO法人スマイルクラブ

共催/千葉県教育委員会

後援/千葉県、千葉県社会福祉協議会、柏市社会福祉協議会

講師/ 講演会: 河合純一(パラリンピック 金メダリスト (水泳))
     心臓リハビリ:田中喜代次(筑波大学体育系教授)

※フロアバレーボール(視覚障がい) 体験会:晴眼者の方も参加可能 (体験会形式でおこないます) 。

参加費/無料

問い合わせ/NPO法人スマイルクラブ
TEL:04-7169-4183
FAX:04-7169-3303
E-mail:smile-c@jcom.home.ne.jp



その他の事業

◆ボウリング大会(無料)
日時: 2014 年 10 月 13 日(月・ 体育の日 ) 13 時~17 時。
会場: マルハン柏店内 ボウリング場(SUPERWAVE) (柏市十余 二 249 -5)。
*その他:車イスなど支援等が必要際は、事前にご連絡ください 。

◆風船バレーボル大会(無料)
日時: 2015 年 1月 11 日(日) 13 時~17 時。
会場:千葉県スポーツ科学センタ多目的アリナ (千葉市稲毛区天台町 323 )。
*その他:車イスなど支援等が必要際は、事前にご連絡ください 。

◆ID (知的障がい者) バレーボル大会(有料)
日時: 2015 年 2月 8日() 9時~17 時(終日) 。
会場:柏市立高校体育館 (柏市船戸山高野 325 -1)。
*そ の他:関東近県から男女 約 20 チームが参加します。

◆ボランティア体験発表会(無料)
日時: 2015 年 3月 8日(日) 15 時~17 時(発表会)、 17 時 30 分~19 時(懇親会) 。
会場: 千葉県スポーツ科学センタ第一会議室 (千葉市稲毛区天台町 323 )。
その他: 上記 1~5のイベントに参加したボラティア方々から体験発表会をおこないます。
スポーツ支部 ビギナーズセミナー
~臨床に活きる整形外科テスト 下肢編(腰部・股関節・膝関節・足関節)~


日程/ 10 月 5 日(日)

時間/受付開始 8:30、終了予定 16:30

会場/中部学院大学

テーマ/臨床に活きる整形外科テスト 下肢編(腰部・股関節・膝関節・足関節)

内容/スポーツ支部にて、「臨床に活きる整形外科テスト 下肢編」と題して、整形外科的テストをなぜ行うのか、その目的や実際の方法や、どの組織を狙って行うのかなど、整形外科的テストを行う意味について講義と実技の中でレクチャーさせていただきます。

講 師/苅谷賢二先生(野口整形外科内科医院 )
     永田敏貢先生(さとう整形外科 )
     青山英里先生(野口整形外科内科医院)
     齋藤正佳先生(さとう整形外科)

定 員/40 名

受講費/会員 5,000 円(会員:整形外科リハビリテーション学会会員) 、非会員 8,000 円

申し込み方法/メール受付にて
件名:ビギナーズセミナー参加希望
本文:氏名、会員番号(整形外科リハビリテーション学会会員のみ)、所属、連絡先アドレス(パソコン)を必ず記入の上、下記アドレスまでご連絡ください。

同じ職場等から申し込みをされる場合、一つのアドレスで複数の申し込みではなく、 必ず一人につき一つメールを送信してください。

※申し込みから 1 週間経過しても返信がない場合は、ご連絡をお願いいたします。

申し込みの締切/9月7日(日)

問い合わせ/スポーツ支部
E-mail:beginners20141005@gmail.com