スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.192(2017年7月号)←詳細&購入はここ!
SQ192.png 特集『特集 陸上短距離
──パフォーマンス向上とケガへの対応
 
1.「ランニング(短距離)による肉離れの疫学・治療・予防」
金子晴香・順天堂大学 整形外科・スポーツ診療科
        
2.「陸上競技選手のケガへの対応とコンディショニング」
伊藤由記子・治療院ミムラ
 
3.「陸上短距離選手のパフォーマンスとケガ」
――指導者としての見方、指導のポイント
苅部俊二・法政大学スポーツ健康学部教授、同大学陸上競技部監督、元400mH 日本記録保持者、日本陸上競技連盟オリンピック強化コーチ

カコミ「肉ばなれの経験」
──ケンブリッジ飛鳥選手(ナイキ)と伊藤由記子先生(治療院ミムラ)にきく

4.「ランニングのパフォーマンス向上と外傷・障害のメカニズムと対応①」
──歩行走行の基礎知識
川野哲英・医療法人昇英会はちすばクリニック

高齢者や低体力者の運動指導者フォーラム
――元気kai!in沖縄


日程/平成27年1月25日(日)

時間/クラス1:午前10時15分~午後12時30分
    クラス2:午後1時15分~3時15分
    クラス3:午後3時35分~5時35分

会場/SOLA沖縄学園(沖縄県宜野湾市)

内容/
クラス1「“セルフケア”に活用するチェアエクササイズ指導法」
竹尾吉枝(NPO法人1億人元気運動協会会長、教育学修士、健康運動指導士) 
  
クラス2「高齢者が積極的に取り組む~タオルを用いた介護予防運動教室75分の完全網羅」
竹尾吉枝(NPO法人1億人元気運動協会会長、教育学修士、健康運動指導士)

クラス3「イス1つで“簡単・楽しい・短時間”のエクササイズ~サーキットチェアの実際」
仲宗根涼子(NPO法人1億人元気運動協会理事、健康運動指導士) 

対象/高齢者・低体力者に関わる職業従事者

参加費/1億人元気運動協会会員:各クラス3,700円
      1億人元気運動協会会員外:各クラス4,800円

継続教育単位・取得可能団体/公益財団法人健康・体力づくり事業財団(申請中)、公益財団法人体力つくり指導協会(申請中)、一般社団法人日本マタニティフィットネス協会(申請中)、公益社団法人日本フィットネス協会

問い合わせ/NPO法人1億人元気運動協会「元気kai」(担当:仲宗根(ナカソネ))
TEL:0798-36-3729
携帯:080-5327-1108
FAX:0798-36-3929
E-mail:nakasone@genki-kyokai.com

スポンサーサイト
月刊スポーツメディスン166号、特集「筋の硬さ―曖昧なものをはっきりさせる時代へ」が今週発売になります。

稲見崇孝、米津貴久、村山光義、島典広、谷口圭吾、辻村享の6先生に取材(谷口先生は執筆)。特集31頁のうち、15頁をこのサイトでご覧いただけます(カラー3頁含む)。その頁の「特集頁例」のところをクリックしてください。

好評の連載「ピラティス・メソッドの可能性」(坂元大海先生執筆)も今回で最終回。次号167号は「リカバリー:疲労回復」をテーマに企画中です。(清家)
今月発売の166号は以下の特集です。全31ページの大特集ですが、発売前に半分近くを公開します。
筋の硬さとは何か、どういう要素が硬さを変化させるか、その硬さをどう測るか。これまで曖昧とされた筋の硬さをより客観的に、定性的にみていく道が開けつつあります。その全体をまとめました。まもなく発売です。

166号特集
■筋の硬さ――曖昧なものをはっきりさせる時代へ
1 筋の硬さの基礎科学
  稲見崇孝・早稲田大学スポーツ科学学術院
2 筋の硬さに関する研究小史
  米津貴久ほか・早稲田大学大学院スポーツ科学研究科(博士課程)
3 筋硬度研究の全体および計測法、硬さを測る意義―硬さそのもの、hardnessという概念について
  村山光義・慶應義塾大学体育研究所
4 筋音図を用いた筋機能の研究と筋の硬さ
  島 典広・東海学園大学スポーツ健康科学部スポーツ健康学科
5 Ultrasound shear wave elastographyによる筋硬度評価
  谷口圭吾・札幌医科大学保健医療学部理学療法学第二講座
6 肉離れ後の組織の硬さと競技復帰―超音波のエラストグラフィと音量カプラーを用いた外傷の評価
  辻村 享・辻村外科病院

第14回バスケットボールトレーナー勉強会

日程/12月23日(火・祝)

時間/午後3時~6時(受付、後片付けを含む)

会場/公益財団法人日本バスケットボール協会 8F会議室(品川区西五反田2-28-5 第2オークラビル、最寄り駅 五反田駅 徒歩5分、大崎広小路駅 徒歩5分)

内容/トレーナー活動報告「ジュニア年代に対する強化と育成」
塩田真史 女子日本代表サポートトレーナー、 横浜市スポーツ医科学センター理学療法士

「前十字靱帯再建術前のリハビリテーション――手術までに獲得しておくべき機能について」
森田寛子(横浜市スポーツ医科学センター理学療法士、丸紅女子バスケットボール部トレーナー)
※前十字靭帯損傷受傷後から手術を受けるまの期間に獲得しておくべき運動機能などを中心に講義

参加者/日本代表サポートトレーナー、WJBLトレーナー部会部会員、上記以外の方

定員/50名(定員になり次第締め切り)

参加費/1,000円

申し込み方法/件名「第14回BBTR」、氏名、所属先(学校)名、学生または一般の別を明記し、下記アドレスまで申し込む

問い合わせ/第14回バスケットボールトレーナー勉強会(担当:津田)
E-mail:trainer@basketball.or.jp
日本スポーツマネジメント学会第7回大会
――スポーツが地域をひらく


日程/11月29日(土)~30日(日)

時間/29日:午前11時~午後6時(懇親会:午後6時15分~7時45分)
     30日:午前9時~午後4時ごろ

会場/広島経済大学(広島県広島市安佐南区祇園5-37-1)

内容/【29日】
特別講演「サッカー界のマネジメントに関する将来展望(予定)」
宮本恒靖(元日本代表・サッカーマガジンZONE特別編集長)
シンポジウム I「プロスポーツのグローバル化と地域活性化(予定)」
シンポジスト:宮本恒靖(元日本代表・サッカーマガジンZONE特別編集長)
  藤井純一(株式会社エイ・エス)
 三屋裕子(スポーツコメンテーター)
  濱口博行(広島経済大学)
コーディネーター:藤口光紀(広島経済大学)
一般研究発表(口頭発表)
総会

【30日】
一般研究発表(口頭発表)
シンポジウム II 「スポーツと地域密着(予定)」
シンポジスト:大山隆太(福岡ソフトバンクホークス株式会社)
  坂上俊次(株式会社中国放送)
  森脇豊一郎(株式会社サンフレッチェ広島)
  徳永博充(広島経済大学)
コーディネーター:永田 靖(広島経済大学)
一般研究発表(ポスター発表) 
一般研究発表(口頭発表)
 ※詳細はHP参照

◆サブプログラム
11月28日(金):スチューデントセミナー「競技場からアリーナ(スタジアム)へ:広島を事例に(予定)」
スチューデントセミナーのお申し込みおよび詳細については、スチューデントセミナーのページをご参照ください。

参加費/一般会員8,000円、一般(会員外)10,000円、学生 3,000円(大学院生・学部学生)
※学生会員を含む
※スチューデントセミナー参加費(4,000円)内に、学会大会参加費が含まれていますので、スチューデントセミナーのみお申し込み下さい。
懇親会費3,000円 ※参加区分不問
※事前の振り込みにご協力をお願いいたします
※いったんお振込みいただいた参加費は返金いたしかねますので予めご了承下さい

申し込み方法/「学会大会申し込みフォーム」より申し込む

問い合わせ/日本スポーツマネジメント学会第7回大会

月刊スポーツメディスンの今月発売166号の特集は「筋の硬さ」です。今、以下の6人の先生に取材し(谷口先生は執筆)、その原稿をまとめている最中です。タイトルはみな仮のもので、順番も仮ですが、ほぼ内容はタイトルのようになります。

1. 稲見崇孝(早稲田大学スポーツ科学学術院)
 筋硬度特集について
2. 米津貴久先生(早稲田大学スポーツ科学研究科)
 筋硬度研究の歴史(先行研究)
3.村山光義先生(慶應義塾大学大学体育研究所)
 筋硬度研究の基礎および従来機器や特殊計測機器の特徴、筋硬度測定の意義
4.島典広先生(東海学園大学スポーツ健康科学部)
 筋音図による筋硬度評価と筋機能について
5.谷口圭吾先生(札幌医科大学保健医療学部理学療法学第二講座)
 shear wave elastographyによる筋硬度評価
6.辻村享先生(辻村外科病院院長)
 肉離れ後の組織の硬さと競技復帰

現在最後の段階ですが、まだはっきりしたことは言えない状況。がんばります。

HP上に実際の特集ページの約半分をアップしますが、しばらくお待ちください。(清家)
インディバ®・アクティブ12月東京セミナー
脊柱管狭窄症に対するアプローチ


日程/12月6日(土)

時間/午後3時~6時

会場/株式会社インディバ・ジャパン 東京本社

内容/講習および実技

定員/12名(先着順)

参加費/無料

申し込み締切/11月28日(金)

問い合わせ/インディバ・ジャパン(担当:宮本)
TEL:03-5773-1103


インディバ®・アクティブ12月福岡セミナー
脊柱管狭窄症に対するアプローチ


日程/12月7日(日)

時間/午後3時~6時

会場/株式会社インディバ・ジャパン 東京本社

内容/ご挨拶と各院の紹介、講習および実技

定員/10名(先着順)

参加費/無料

申し込み締切/11月28日(金)

問い合わせ/インディバ・ジャパン(担当:早川)
TEL:06-6536-0115


インディバ®・アクティブ12月大阪セミナー
脊柱管狭窄症に対するアプローチ


日程/12月13日(土)

時間/午後3時~6時

会場/株式会社インディバ・ジャパン 大阪営業所

内容/ご挨拶と各院の紹介、講習および実技

定員/12名(先着順)

参加費/無料

申し込み締切/12月5日(金)

問い合わせ/インディバ・ジャパン(担当:宮本、早川)
TEL:03-5773-1103、06-6536-0116
日本初上陸
Postural Restoration Institute(R)公認イントロダクションセミナー


日程/12月21日(日)

時間/午前10時30分~午後6時

会場/東京都品川区(詳細はお申込みいただいた方にのみご案内します)

主催/株式会社スポーツプログラムス

協催/Postural Restoration Institute(R)

内容/2000年に理学療法士のロン・ハラスカ氏によって始められたPRI。
人体構造の左右非対称に由来する人間に共通な動きのパターンを踏まえ、主に横隔膜と骨盤の位置関係に着目したアプローチによって動作を改善していくプログラムです。
来年の夏に予定されているPIR公認ライセンス講習会に先立ち、言葉や単なる方法論が独り歩きしてしまわないよう、本質をしっかりと理解するための予備講習

講師/石井健太郎
(アメリカメジャーリーグサッカー・スポルティンカンザスシティヘッドトレーナー、ATC、PRI-Postural Restoration Trained(PRT)、CSCS、NASM-Performance Enhancement Specialist (PES)、Corrective Exercise Specialist (CES))  
  
定員/30名(先着順)

受講料/11/30までにお振込み完了の場合:8,640円(税込)
      12/1以降お振込みの場合:10,800円(税込)

申し込み方法/HP参照

問い合わせ/株式会社スポーツプログラムス


第8回北九州スポーツ整形外科研究会

日程/12月9日(火)

時間/午後6時50分~9時

会場/KMMビル4階 第3・第4会議室(北九州市小倉北区浅野2丁目14番1号 )

共催/北九州スポーツ整形外科研究会、アステラス製薬株式会社
   
内容/製品紹介:骨粗鬆症治療薬『ボノテオ錠50mg』アステラス製薬株式会社 
  
特別講演:『スポーツ選手の胸郭出口症候群に対する手術療法』
古島弘三(慶友スポーツ医学センター長、慶友整形外科病院整形外科)
<座長>内田宗志(産業医科大学 若松病院整形外科 診療教授)

単位/専門医資格継続単位(N-02またはN-08) 1単位
スポーツ医資格継続単位(S-F-00-0) 1単位

対象/ドクターだけでなく、メディカルスタッフ、学生さんのかたも大歓迎

参加費/1,000円
・日整会単位申請者は別途1,000円
・当日は軽食を用意

申し込み方法/予約なし。当日直接会場まで。

問い合わせ/第8回北九州スポーツ整形外科研究会

「指導しない指導 ~反射×コーチング~」 ベースボール・ヒューマンクリニック
――野球における姿勢反射を最大限に生かす指導方法とトレーニング方法について


日程/12月14日(日)

時間/受付:午後12時15分~
講義:午後1時~、実技:午後2時10分~
中学野球選手への実技指導風景見学午後3時30分~5時30分 

会場/大阪市西区の体育館・グラウンド

内容/人間は、元々「姿勢反射」という、頭で考える意識とは別に働く神経機能を持っています。これは、人間に本来備わっている機能で、この反射を引き出す事で効率の良い動きや怪我をしない動きに繋がります。しかし、身体上負担のかかる動作を指導・実践すると、この姿勢反射が表れにくくなります。
そこで、今回この姿勢反射を引き出すことで、指導しなくても動きが身につく「指導しない指導」をお伝えします。なぜ、投球や打撃でこの動きや形になるのか?! プロ野球選手の上手な動きを言葉で説明する。技術を指導する視点と、動きやトレーニングを指導する視点の両方を養うことが可能。先ず前半は、理論と実技を行う。後半は前半で行った内容を中学野球選手に実際に指導する現場を見て学ぶ

講師/橋本恒(大阪大学・甲南大学・大阪教育大学・大阪R&S専門学校・京都医健専門学校非常勤講師)

対象/野球指導者、トレーナー、野球指導に興味のあるトレーナー

定員/50名程

参加費/12,960円(11月30日(日)までの申し込み早割10,800円)

申し込み締切/12月9日(火)

問い合わせ/アヴィススポーツ
E-mail:avisssports@hotmail.co.jp
http://www.avispo.com/htm/seminar.htm

投球動作研究会研究集会2014

日程/12月23日(祝・火)

時間/午前9時~午後4時(受付開始:午前8時30分)

会場/佼成学園中学・高等学校「中学棟地下1階第2多目的ホール」(東京都杉並区和田2-6-29)

主催/投球動作研究会

共催/Creative-Sports

主旨/この投球動作研究会は、医療従事者のみならず、指導者、保護者も含めた投球動作に関わる方々が、選手のために還元できるような会になればと発足しました。
 医療だけのものではなく、現場だけのものではなく、医療と現場が投球動作というものについて共に考えられる会になればと思っております。
 そこで今回第1回の研究集会を開催することになりましたが、言葉の定義について(今回は肘下がり)と投球動作を知る必要性をテーマに、皆さんでディスカッションしていければと思います。当日はネットを用い、受講者の方々が参加・質問し易い環境をつくり、会場全体で進行できるよう企画しておりますのでどうぞご参加お待ちしております。

内容/
講演①「投球動作に関する現状と今後」久保田正一(Creaive-Sports、PT)

シンポジウム①「肘下がりという言葉について」
シンポジスト:
前田健(BCS、動作指導者)
河合雄也(八王子ボーイズ、指導者)
千葉慎一(昭和大藤が岡リハビリテーション病院、PT)
講演②『投球動作の重要性を医師に伝える』
黒川大介(仙台医療センター、Dr)

シンポジウム②「投球動作の必要性を医師に伝える」
シンポジスト:
山川潤(横浜南共済病院、Dr)
村木孝行(東北大学病院、PT)
高橋塁(横浜DeNAベイスターズ、PT)
名古屋光彦(軟式日本代表監督、指導者)

定員/200名

受講料/医療従事者8,000円、指導者・保護者5,000円、選手無料
※指導者・保護者であっても医療従事者であれば受講料は8,000円

申し込み締切/12月15日(月)

申し込み方法/PCアドレスもしくは携帯アドレス内の申し込みフォームより申し込む

問い合わせ/投球動作研究会研究集会

『SOA-Laプロアドバイザー』契約スポーツトレーナー募集!
――活躍の場を広げる為のサプリメント栄養学・トレーナスキルの向上を実現


菱江化学株式会社(三菱ガス化学グループ)は、大人の元気とキレイをコンセプトにした自社ブランドサプリメント『SOA-La』を活用した健康作りを推進する為にスポーツ・フィットネス分野で活躍するトレーナー・インストラクターの方々を対象としたアドバイザー契約者を募集します。

SOA-Laプロアドバイザーとは、トレーナー活動の幅を広げる為にサプリメント栄養学などの情報提供及び広報大使として商品サポートや個人活動の告知など人々の健康作りを伴にサポートする制度です。

SOA-Laプロアドバイザーへの協賛内容
契約者へのトライアル3カ月分の商品提供(SOA-Laサプライヤー契約)
※トライアル期間終了後に本契約

【トライアル期間】
募集期間:2014年11月1日~11月30日
募集人数:5名(都度調整)

■契約者主催セミナー、イベントへの商品提供
※実施内容により要調整
■契約者紹介WEBページの制作

SOA-Laプロアドバイザー契約資格(条件)
・トレーナー・フィットネスインストラクターとしての実績がある方
・元気とやる気があり、コミュニケーションが取れる方
・性別/年齢/学歴は不問です

SOA-Laプロアドバイザーとしての広報協力項目
・月1回以上のSNSによる広報活動
・モニター、アンケート協力
・その他、告知に関わる業務

応募方法(審査・決定方法)
・専用サイトに記載のある項目を記入の上、メールにて申し込み
・書類審査後に面談の上決定

【申し込み項目】
・氏名
・連絡先(TEL・メールアドレス)
・住所
・活動範囲
・トレーナーとしての実績(活動内容・保有資格の掲載もお願いします)
・ブログ・SNSのURL
・応募への意気込み
・自身の写真の添付

【応募方法】
上記項目を下記E-mailアドレスに「SOA-Laプロアドバイザー事務局宛」として応募する

※個人情報の取り扱いに関しては本サイトの規定となります
http://sports-ryutu.com/privacy/

問い合わせ/株式会社Keep up 
SOA-Laプロアドバイザー事務局(担当:朝倉)
TEL:03-6890-1369
FAX:03-5414-7966
E-mail:soala@keep-up-co.com