FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

月刊スポーツメディスンの今月発売166号の特集は「筋の硬さ」です。今、以下の6人の先生に取材し(谷口先生は執筆)、その原稿をまとめている最中です。タイトルはみな仮のもので、順番も仮ですが、ほぼ内容はタイトルのようになります。

1. 稲見崇孝(早稲田大学スポーツ科学学術院)
 筋硬度特集について
2. 米津貴久先生(早稲田大学スポーツ科学研究科)
 筋硬度研究の歴史(先行研究)
3.村山光義先生(慶應義塾大学大学体育研究所)
 筋硬度研究の基礎および従来機器や特殊計測機器の特徴、筋硬度測定の意義
4.島典広先生(東海学園大学スポーツ健康科学部)
 筋音図による筋硬度評価と筋機能について
5.谷口圭吾先生(札幌医科大学保健医療学部理学療法学第二講座)
 shear wave elastographyによる筋硬度評価
6.辻村享先生(辻村外科病院院長)
 肉離れ後の組織の硬さと競技復帰

現在最後の段階ですが、まだはっきりしたことは言えない状況。がんばります。

HP上に実際の特集ページの約半分をアップしますが、しばらくお待ちください。(清家)
スポンサーサイト



インディバ®・アクティブ12月東京セミナー
脊柱管狭窄症に対するアプローチ


日程/12月6日(土)

時間/午後3時~6時

会場/株式会社インディバ・ジャパン 東京本社

内容/講習および実技

定員/12名(先着順)

参加費/無料

申し込み締切/11月28日(金)

問い合わせ/インディバ・ジャパン(担当:宮本)
TEL:03-5773-1103


インディバ®・アクティブ12月福岡セミナー
脊柱管狭窄症に対するアプローチ


日程/12月7日(日)

時間/午後3時~6時

会場/株式会社インディバ・ジャパン 東京本社

内容/ご挨拶と各院の紹介、講習および実技

定員/10名(先着順)

参加費/無料

申し込み締切/11月28日(金)

問い合わせ/インディバ・ジャパン(担当:早川)
TEL:06-6536-0115


インディバ®・アクティブ12月大阪セミナー
脊柱管狭窄症に対するアプローチ


日程/12月13日(土)

時間/午後3時~6時

会場/株式会社インディバ・ジャパン 大阪営業所

内容/ご挨拶と各院の紹介、講習および実技

定員/12名(先着順)

参加費/無料

申し込み締切/12月5日(金)

問い合わせ/インディバ・ジャパン(担当:宮本、早川)
TEL:03-5773-1103、06-6536-0116