スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.192(2017年7月号)←詳細&購入はここ!
SQ192.png 特集『特集 陸上短距離
──パフォーマンス向上とケガへの対応
 
1.「ランニング(短距離)による肉離れの疫学・治療・予防」
金子晴香・順天堂大学 整形外科・スポーツ診療科
        
2.「陸上競技選手のケガへの対応とコンディショニング」
伊藤由記子・治療院ミムラ
 
3.「陸上短距離選手のパフォーマンスとケガ」
――指導者としての見方、指導のポイント
苅部俊二・法政大学スポーツ健康学部教授、同大学陸上競技部監督、元400mH 日本記録保持者、日本陸上競技連盟オリンピック強化コーチ

カコミ「肉ばなれの経験」
──ケンブリッジ飛鳥選手(ナイキ)と伊藤由記子先生(治療院ミムラ)にきく

4.「ランニングのパフォーマンス向上と外傷・障害のメカニズムと対応①」
──歩行走行の基礎知識
川野哲英・医療法人昇英会はちすばクリニック

本日発売の167号特集は以下のとおりです。このサイトで目次全体と、特集27頁のうち約半分をPDFでご覧いただけます。「特集頁例」のところをクリックしてください。(清家)

■特集 戦略的リカバリー
──明確にパフォーマンス向上を目的とした疲労回復

疲労回復は、スポーツでは重要な課題だが、一般的に、クーリングダウン、入浴、栄養、睡眠などが大事とされてはいるものの、疲労回復によって練習やトレーニングにつなげ、結局勝利、あるいはパフォーマンス向上に結びつけるという明確な目的意識とそれに基づく方法については詳細に吟味されないまま実施されていることが多い。この特集では、「戦略的リカバリー」という概念で研究・実践に取り組んでおられる山本利春先生はじめ、暑熱対策研究で知られる長谷川博先生、実践現場から太田千尋コーチに取材した。

1 戦略的リカバリーの考え方と実際 
――勝利につながる疲労回復法への取り組み
山本利春・国際武道大学体育学部/ 大学院 教授、JATI-AATI、CSCS*D、 JASA-AT マスター、PhD

2 スポーツ活動時の実践的暑さ対策とリカバリー
――暑熱環境下の試合でいかに疲労を減じ、早くリカバリーを図るか
長谷川博・広島大学大学院総合科学研究科

3 目的と方法を明確にした強化につなげるリカバリーの実際
――慶應義塾大学ラグビー部の場合
太田千尋・慶應義塾體育會蹴球部フィジカルコーチ

スポンサーサイト
次世代の国際スポーツ界のリーダーを募集
つくば国際スポーツアカデミー(TIAS)、2015年入学者を対象とした奨学金プログラムを発表
――2020年東京オリンピック・パラリンピックに先駆けて、日本をスポーツ研究の拠点に


つくば国際スポーツアカデミー(Tsukuba International Academy for Sport Studies:以下、TIAS)は、スイス・ジュネーブで開催中の「International Sports Convention(ISC)2014」にて、2014年12月10日(現地時間)、来年度入学者を対象とした新しい奨学金プログラムを創設することを発表した。

本奨学金プログラムは、2015年10月1日からの入学者を対象としており、願書受け付けは、2015年2月23日から開始。

TIASの母体である筑波大学は、アジア初の国際オリンピック委員会(IOC)委員である嘉納治五郎を前身校の学長に持ち、100年以上にわたって日本のオリンピック・ムーブメントを牽引してきた。2020年に東京で開催されるオリンピック・パラリンピック競技大会を見据え、TIASでは、世界から選出された学生と交流し、世界最高水準のスポーツマネジメントやスポーツサイエンスについて学ぶことができる。

TIASのカリキュラムは、
a) オリンピック教育
b) スポーツマネジメント
c) スポーツサイエンス・医科学
d) スポーツ国際開発学
e) ティーチング・コーチングと日本文化
という5つの分野で構成されています。

コースは、18カ月で修了することができ、授業はすべて英語で行われる。

TIASは、日本政府が推進するスポーツおよびオリンピック・ムーブメント普及のための「Sport for Tomorrow」プログラムの一環であり、政府の全面的な支援を受けている。また、2014年には、国際オリンピック委員会(IOC)が中心となって設立したスポーツマネジメント大学院(AISTS:International Academy of Sports Science and Technology)とも連携協定を結んだ。

「International Sports Convention(ISC)2014」にて、TIASアカデミー長の真田久は「我々は未来のスポーツ界を牽引する新しいリーダー達を求めています。それには専門性はもちろん、スポーツの未来に対する使命感や深い理解が必要不可欠です。2020年に東京オリンピックを控えたこの日本のアカデミーでスポーツを学び、世界のスポーツ界で活躍したいというビジョンをもった人材を広く募りたいと考えています」と語った。

また、2009年の世界柔道選手権48kg級で優勝し、オリンピック出場経験をもつ福見友子さんも出席し、「世界中で発展、多様化しつづけているスポーツ界はいま、アンチドーピング教育や高齢者、障害者の機能回復などの課題に取り組める次世代のリーダーを求めています。選手のセカンド・キャリアの形成の場としても、素晴らしい環境だと思います。日本のスポーツ界をリードする大学であり、且つ、スポーツ分野での先進技術、最先端施設を持つ筑波大学だからこそ実現できる、世界に類のないスポーツアカデミーになると信じています」とTIASへの期待を述べた。

※プログラムの詳細と申し込み方法についてはHP(http://tias.tsukuba.ac.jp/)を参照

※About TIAS, Tsukuba International Academy for Sport Studies (YouTubeリンク)
https://www.youtube.com/watch?v=HbSUUZ1ktqs

●TIAS提携機関/スポーツマネジメント大学院(AISTS:International Academy of Sports Science and Technology)、ラフバラ大学、ソウル大学、ケルン体育大学など

◆ISCでの発表時の画像については、ダウンロードいただけます。

問い合わせ/広報代理:電通パブリックリレーションズ(担当:石井、正司)
E-mail:y-ishii@dentsu-pr.co.jp
E-mail:aya.shoji@dentsu-pr.co.jp

【共同通信PRワイヤー:2014年12月11日リリースより】
求人募集

柔道整復師・あん摩マッサージ師 募集
――株式会社ワイズ

■募集要項

職種/柔道整復師 1名
    あん摩マッサージ師 1名(柔道整復師でも代替可)

勤務先 /板橋区の南町接骨院
       中央区のアルクル(フィットネス型デイサービス)

採用形態/基本的には正社員

給与/23万円より(能力・経験により変動)

休日/接骨院:月6日
     アルクル:週休2日(祝日は休み)

応募方法/下記E-mailへ問い合わせ

連絡先/Y's 株式会社ワイズ
E-mail:hosono@ys-j.co.jp

第29 回日本医学会総会2015 関西・京都国際マンガミュージアム 共同企画展示
「医師たちのブラック・ジャック展」
<2015 年2 月28 日~5 月10 日、京都国際マンガミュージアム>


第29回日本医学会総会2015 関西は、京都国際マンガミュージアムとの共同企画として「医師たちのブラック・ジャック展」を、来年2 月28 日から5 月10 日まで、京都国際マンガミュージアム(京都市中京区)において開催します。

1973 年から『週刊少年チャンピオン』に連載された「ブラック・ジャック」は、医師免許を有していた手塚治虫がその知識を遺憾なく発揮した医療マンガの代名詞として、40年たった現在でも多くのファンに愛され続けています。それは医療現場の医師たちにおいても同じです。

本展はその医師たちの「ブラック・ジャック」に対する思いを名シーンとともに紹介する展覧会を開催します。

【開催概要】

開催日程/2015 年2 月28 日(土)~5 月10 日(日)

時間/午前10 時~午後6 時(最終入館は午後5 時30 分)
※休館日:毎週水曜日 (但し4 月1 日、29 日、5 月6 日は開館)、4 月30 日、5 月7日

会場/京都国際マンガミュージアム 2階 ギャラリー1・2・3
(京都市中京区烏丸通御池上ル)

主催者等/主催=第29 回日本医学会総会 2015 関西、京都国際マンガミュージアム
協力=株式会社手塚プロダクション

料金/無料
(ただし、ミュージアム入場料 〔大人800 円、中高生300 円、小学生100 円〕は別途必要)

展示内容/
◆医師が選ぶ「ブラック・ジャック」の名シーンパネル16 点を展示
第一線で活躍中の医師らが選んだ「ブラック・ジャック」の名シーンを選者のコメントとともにパネルで紹介。

◆三浦みつる(「The・かぼちゃワイン」)による「ブラック・ジャックREAL~感動の医療体験談~」原稿展示
ブラック・ジャックREAL~感動の医療体験談~」第五話「まもりたいもの」のマンガ原稿(複製)32 ページを展示。

■「ブラック・ジャックREAL~感動の医療体験談~」について
「ブラック・ジャック」の誕生40周年を記念し、医療関係者が体験した感動的な実話を原案とし、かつてアシスタントとして、師・手塚治虫とともに「ブラック・ジャック」を作り上げた、石坂啓(「キスより簡単」)、小谷憲一(「テニスボーイ」)、わたべ淳(「レモンエンジェル」)ら6 名の作家が描いた短編コミック作品集

◆「ブラック・ジャック」人気作品ベスト30 パネル展示
「ブラック・ジャック」40 周年を記念して、2013 年に実施された読者が選ぶベストストーリー30 をパネルで紹介。

◆記念撮影コーナー
本格的な手術室を再現したコーナーでは、ブラック・ジャックの等身大フィギュアと記念撮影が可能。記念撮影時に手術着などの貸出(無料)も実施。

■「医学史展」コーナー
「第29 回日本医学会総会 2015 関西」の一企画展として京都大学総合博物館(京都市左京区)で開催される「医学史展」(2015 年2 月11 日~4 月12 日)と連動した江戸・明治期の貴重な医療器具数点の展示。

問い合わせ/第29 回日本医学会総会 2015 関西 広報担当事務局
TEL:075-231-6383
E-mail:kouhou-s@isoukai2015.jp

【共同通信PRワイヤー:平成26年12月19日リリースより】
子どもの体力向上推進運動~競技力向上に欠かせないからだづくり
第1回スポーツ食育教室


日程/2015年2月14日(土)

時間/午前11時~午後4時

会場/川崎商工会議所(川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル3階)

主催/公益財団法人川崎市スポーツ協会

共催/株式会社食品化学新聞社

内容/講義「未来のトップアスリートを目指す子どもの食生活~バランスのとれた食生活していますか?」
橋本玲子((株)Food Connection 代表取締役、公認スポーツ栄養士)

講義「選手の可能性を引き出す身体づくりとそのトレーニング方法~横浜市立横浜商業高校の実践例」
花木祐真(CSCS*D, 認定検定員、東海AD、横浜市立横浜商業高校 専属S&Cコーチ)

講義「競技力向上のためのメンタルトレーニング」
高妻容一(東海大学 体育学部競技スポーツ学科 教授)

対象/指導者層、学校関係者、保護者

定員/100名(定員になり次第締切)

受講料/1,000円(税込)

申し込み方法/HP内の「第1回スポーツ食育教室お申込書」をダウンロードし、FAXにて申し込む

申し込み締切/2015年1月31日(土)

問い合わせ/株式会社食品化学新聞社 関連事業統括部
TEL:03-3238-7896
FAX:03-3238-7898 E-mail:fcnmail@foodchemicalnews.co.jp

リハビリテーションと筋トレーニングの現場ですぐ簡単に使える
最新超音波測定器「BX-Rehab」筋組織評価セミナー(東京・大阪)

日程/大阪:2015年1月26日(月)
     東京:2015年1月27日(火)

時間/いずれも午後6時30分~8時30分

会場/大阪:龍谷大学大阪梅田キャンパスセミナールーム
         (大阪市北区梅田2-2-2、ヒルトンプラザウエストオフィスタワー14階)
     東京:国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟会議室
         (東京都渋谷区代々木神園町3-1)

主催/スポーツパフォーマンス分析協会

機器提供/エスアンドシー株式会社

内容/リハビリテーションによる患部の筋組織再構築、トレーニング効果、身体組成の改善など、現場のトレーナーとトレーニングコーチが知りたい中身を誰の目にも見える超音波画像と客観的数値で知ることが可能となった。より正確な評価と判断に基づいたリハビリテーションやトレーニング指導の効果を上げるための超音波機器活用法について、長年超音波画像を活用して指導効果をあげているGiannPaolo氏を招いた特別セミナー

講師/GiannPaolo Boschetti(イタリア代表男子ビーチバレーボールチームトレーナー)

定員/30名(使用機器の都合上定員になり次第締切)

参加費/3,000円(当日受付にて支払)

申し込み方法/スポーツパフォーマンス分析協会HPの「BX-Rehab 筋組織評価セミナー申し込みフォーム」より申し込む

問い合わせ/一般社団法人スポーツパフォーマンス分析協会 IPAS事務局
TEL:03-6421-2290
FAX:03-5726-9255

フェルデンクライス・メソッド ワークショップin児島
――椅子と遊ぶ


日程/平成27年2月1日(日)

時間/午前9時30分~午後4時30分

会場/倉敷市児島産業振興センター(倉敷市児島駅前1-37)

内容/従来の運動器系を偏重した方法や手技ではなく、対象者自らが学習プロセスを認識し、自己の身体の変化に気づき効率の良い身体の使用法を日常化していく体性感覚へのアプローチ。今回は椅子座位でのレッスン中心。

講師/森近貴幸(フェルデンクライス・メソッド プラクティショナー、理学療法士、日本体育協会公認AT、NSCA-CPT)

対象/理学療法士、作業療法士など興味のある方

定員/30名

受講料/8,000円

申し込み方法/下記アドレスに、①希望会場 ②氏名 ③所属 ④職種 ⑤連絡先メールアドレスを明記しメールで申し込む

問い合わせ/フィジオスタイル(フェルデンクライス岡山)
E-mail:okayamafelden@gmail.com

ゼロから始める!パーソナルトレーナー指導者養成講座

日程/平成27年2月1日(日)

時間/午後5時~8時

会場/ニュージャパンヘルスクラブ(大阪市中央区道頓堀、地下鉄なんば駅より徒歩2分)

内容/①iPad、スマホでできる「姿勢測定」と「姿勢改善の指導法」
     ②パーソナルトレーナーのための「自分ブランドづくり」

講師/岡 敏彦(株式会社ヘルス&フィットネス 代表)
    小林素明(株式会社ウェルネス&スマイル 代表) 

定員/7名(定員になり次第締切)

受講料/事前振込 4,300円 
  
申し込み方法/webサイトより申し込む

問い合わせ/株式会社ウェルネス&スマイル(担当:小林)
TEL:06-6609-3381

膝関節障害に対するリハビリテーション
――講義・実技


日程/2015年2月14日(土)・15日(日)

時間/14日:午後1時~6時
     15日:午前10時~午後4時

会場/平成医療学園専門学校(阪急中津駅徒歩3分)

内容/
「脛骨大腿関節の障害(変形性膝関節症・ACL/半月板損傷など)」
「膝蓋大腿関節(ジャンパーズニー・膝蓋靭帯炎など)」
「膝蓋大腿関節の痛みってどう評価してどう治す?」
「膝の後外側不安定性とは?」
「内側広筋を選択的に働かせる筋力トレーニングとは?」

講師/大工谷新一(理学療法士、スポーツ科学博士、大阪府理学療法士協会会長、岸和田盈進会病院リハビリテーション部部長、南大阪スポーツメディカル&ヘルスケアセンター センター長)
          
対象/膝に興味がある方(PT・OT・柔道整復師・鍼灸師・トレーナーなど)なら誰でも参加可

参加費/1日8,000円、 両日16,000円

申し込み方法/
①氏名(ふりがな)
②所属施設
③経験年数
④保有資格
⑤連絡先(PCアドレス)
を記載し、必ず「パソコンのメール」から、下記のE-mailアドレスまで申し込む

*携帯会社のドメイン不可(例:~@docomo.ne.jp)。メールを確認後、事務局より折り返し連絡いたします。
*申込みメール送信後、「2週間」経っても事務局より連絡がない場合は「メールが届いていない」可能性がありますので、お手数ですが再度ご連絡下さい。

問い合わせ/aruck lab(担当:疋田佳希)
E-mail:footbrain2014@gmail.com
平成 26 年度アスレティックトレーナー連絡会議
関東ブロック研修会


日程/12 月 14 日(日)

時間/午後12時~5時40分

会場/花田学園(東京都渋谷区桜丘町 20-1)

主催/日本体育協会公認アスレティックトレーナー連絡会議 関東ブロック

後援/公益財団法人 日本体育協会(申請中)

内容/関東におけるアスレティックトレーナーとしての知己向上・技術の向上各地域におけるアスレティックトレーナーサポート体制の確立、アスレティックトレーナーの社会的地位向上のため研修会を開催する。
 併せて、日本体育協会公認アスレティックトレーナーの資格更新のための義務研修を開催

① 『ジュニアユースおよびユース年代サッカー選手の障害予防について』
 武井健児(JASA-AT、理学療法士、群馬大学医学部附属病院)

② 『バスケットボールにおける外傷予防とその取り組みについて』
 津田清美(JASA-AT 鍼灸師、マッサージ師、日本バスケットボール協会スポーツ医科学委員会委員)

③ 『投球障害肩・肘の再発予防に向けた当院の取り組み』
 田村耕一郎(JASA-AT、理学療法士、医療法人広紫会広瀬医院、Conditioning Station FINE)

④ 『飛込競技における外傷・障害害およびその予防について』
 成田崇矢(JASA-AT、理学療法士、健康科学大学准教授)

⑤ 『水分摂取における最新情報~スポーツドリンクの効果検証に関して』
竹下浩一(大塚製薬株式会社大宮支店販売促進担当課長)

⑥ 情報交換会

※詳細は開催要項PFD参照

対象/日本体育協会公認アスレティックトレーナー、日本体育協会公認アスレティックトレーナー養成講習免除適応校学生、その他、スポーツ医科学関係者・指導者

定員/80 名

参加料/日本体育協会公認アスレティックトレーナー 3,000円
      日本体育協会公認 AT 適応コース承認校学生 1,000円
      その他一般参加者 5,000円
※当日受付にて参加料をお支払いください。

申し込み方法/メールにて、
件名を「2014 関東ブロック研修会参加申込」とし、
・参加者氏名
・性別
・都県名
・所属先
・連絡先住所・電話番号
・メールアドレス
・JASA-AT登録番号

を記載し、E-mail:kantoAT@gmail.com まで申し込む。

※参加をお断りしなくてはならない場合を除いて、参加受諾のご連絡はいたしません。

その他/この研修会は、日本体育協会公認アスレティックトレーナーの資格更新のための義務研修となります。ただし2 回参加することが条件となります。
※受付にて BLS 資格の確認を行いますので、必ず認定証をご持参ください。

問い合わせ/担当:山本利春(JASA-AT 連絡会議関東ブロックディレクター)
E-mail y-toshi@budo-u.ac.jp

◆2014-AT 関東ブロック研修会事務局担当連絡先
担当:溝口秀雪(JASA-AT 埼玉県 AT 連絡会議埼玉県代表委員)
E-mail mizoguchi@hanada.ac.jp
TEL:03-3661-4787
第8回運動器寿命延伸体操 ロコモン体操

日程/12月6日(土)

時間/午前10時~午後4時30分

会場/コンベンションルームAP品川アネックスB1F Qルーム(東京都港区高輪3-23-17)

内容/講義「ロコモン体操の説明」

実技「各運動器の動きを確認する」

講義「整形外科医によるロコモティブシンドロームと運動器の疾患について」

実技「ロコモ度テストの実際(①立ち上がりテスト、②2ステップテスト、③ロコモ25)」

実技「運動器の動きを学習しながら行う体操」

実技「膝・腰・肩・股関節等、各運動器のポイント体操」

講師/別府諸兄(聖マリアンナ医科大学整形外科学代表講教授、公益財団法人日本股関節研究振興財団理事長)
太藻ゆみこ(メディカルフィットネス研究所代表、健康運動指導士・医学体操指導士)
野田慶子(公益社団法人日本股関節研究振興財団事務局長、健康運動指導士)

定員/40名 (先着お申込み順)

受講料/8,000円(教材費込み)

単位/健康運動指導士・実践指導者の方は、講義1.5単位・実習3.5単位
    ADI/JAFA AQUAの有資格者は、2.5単位
    メディカルフィットネス研究所「医学体操指導者」になるための単位が0.25単位

問い合わせ/第8回運動器寿命延伸体操事務局
TEL:03-3421-6552
FAX:03-3421-6716
第4回トレーナー海外研修会

日程/2015 年 3 月 20 日(金)~3 月 26 日(木)(5 泊 7 日)
*日程についての詳細は、serieA の試合開催日時が決定後にお知らせいたします。

研修地/イタリア ミラノ

主旨/世界でもっとも多くのタイトルを獲得してきたサッカークラブ、ACミラン(イタリア)に所属するトレーナー遠藤友則氏(元清水エスパルス)は、同クラブのトヨタカップ優勝やイタリアリーグ優勝などを経験したほか、ウクライナ代表(W杯ドイツ大会、2006年)やガーナ代表(W杯ブラジル大会、2014 年)にも帯同するなど、世界のトップクラスの選手を相手にトレーナー活動をしています。
 今回の研修では、その遠藤氏が日頃から何を考え、どのように選手に対応しているのか、あるいは、これからのトレーナーは、どうあるべきかなど、実践さながらの講義や実技が学べる場となっています。講師は、遠藤氏に加えて、ACミランの同僚トレーナーも務めます。

研修テーマ/「バランスがすべて」
遠藤氏は、清水エスパルス設立(1992 年)以来、7年間チーフトレーナーを務めた後、1999 年に渡伊し、以来、ACミランで 15 年間、世界のトップレベルの選手を相手にトレーナーとして真正面から向き合ってきた結果、「バランスがすべて」という答えを導き出しました。そして、崩れたバランスの原因を探し出し、整え、維持する方法として、選手たちから「ENDO CHECK」と呼ばれている独自の治療法を考案しましたが、この研修では、その「ENDO CHECK」に「STRETCHING」法を織り交ぜながら、そのノウハウを伝授。

研修および見学における内容/
講義 1)「ミランでのトレーナー活動」「ENDO CHECK & STRETCHING」
遠藤友則(ACMILAN PRIMA SQUADRA MASSAGGIATORE 在籍 15 年)

講義 2)「スクワット動作の分析からバランスを考える」
MAURIZIO TRIPODI(イタリア人、 Meditel CLINIC PREPARATORE)

講義 3)「怪我の復帰からチーム合流までのフィジカルプログラム」
SERGIO MASCHERONI (イタリア人、ACMILAN PRIMA SQUADRA PREPARATORE 在籍 12 年)

講義 4)「Milan Lab の概要」
BRUNO DOMINICI (イタリア人、ACMILAN PRIMA SQUADRA PREPARATORE SPORT PERFORMANCE COORDINATOR 在籍 12 年)

実義 1) 「脊椎へのマニュピュレーションテクニック」
ROBERTO MOROSI (イタリア人、ACMILAN PRIMA SQUADRA FISIOTERAPISTO 在籍 16 年)

試合観戦:セリエ A 公式戦 ACMILAN- CAGLIALI 戦 サンシーロスタジアム

施設見学*:ACMILAN PRIMA SQUADRA トレーニングセンター(MILANELLO)

育成カテゴリー見学*:試合または、練習 トレーニングセンター(VISMARA)

注*)トップチームの練習、および育成カテゴリーの活動見学におきましては、AC ミラン活動予定が変更する場合がありますので、実施できない場合があります。また、講義におきましては、テーマを変更する場合があります。ストライキ、天候等で研修予定が変更される場合がございます。

募集人数/定員 18 名(最少催行人数 10 名)

参加費/36 万円(税込)

◆料金に含まれるもの
航空券:(エコノミークラス)アリタリア航空または欧州系航空会社 *欧州都市経由(催行決定後手配をいたします。)
宿泊費:スタンダードクラスホテル 5 泊分 2 名 1 部屋(禁煙室)
*シングル希望者は別途 3 万円
食事:朝食 5 回、昼食 3 回 夕食 3 回(昼食、夕食においてのメニューは、こちらで決定する)
費用:研修費、見学費用ならびに市内移動ための交通費

◆料金に含まれないもの
ホテルでの個人使用(電話、冷蔵庫、クリーニング等)分
超過荷物運搬料金(航空会社の規定による)
海外旅行傷害保険料
日本国内移動費
燃油サーチャージ(2014 年 12 月現在 約 40000 円、変動制)
*1月か 2月頃の航空券発券時のレートを採用。最近下がり気味ではあります。

※詳細は、問い合わせにてご確認下さい。

申し込み方法/参加希望者は、下記まで申込書を請求し、必要事項を記入の上、申し込む

申し込み締切/2015 年 1 月 30 日(金)

その他/
・キャンセル料 1 月 30 日以降(催行決定後)30%、前々日 50%、前日以降 100%
• 夕食は、夕食時の時間帯に講義が入るため、臨機応変に対応していただきます。
• 成田空港以外の空港をご希望な方はご相談ください。
• オプションとしてミラノまたはローマ延泊+自由行動(延泊扱いとなり追加料金があります)を受け付けますのでご相談ください

問い合わせ/静鉄観光サービス株式会社
〒420-8509 静岡市葵区追手町 2-12 安藤ビル
本店営業部 教育旅行チーム(担当:谷津(やつ))
TEL:054-251-6415
FAX:054-251-6710
E-mail:m-yatsu@shizutetsukanko.com
観光庁長官登録旅行業 153 号
総合旅行業務取扱管理者:松永充寿
■訂正
166号特集4「筋の硬さ」の3の項目、島典広先生の所属、および東海学園大学の住所の一部に間違いがありました。訂正してお詫びします。

・所属
東海学園大学スポーツ健康科学部スポーツ健康学科→東海学園大学スポーツ健康科学部スポーツ健康科学科

・大学住所
〒470-0207愛知県みよし市神谷西ノ洞21-233→〒470-0207愛知県みよし市福谷町西ノ洞21-233

以上、訂正します。すみませんでした。(清家)
高齢者や低体力者の運動指導者フォーラム
――元気kai!in福岡・東京


日程/福岡:平成27年3月15日(日)
     東京:平成27年3月22日(日)

時間/クラス1:午前10時15分~午後12時30分
    クラス2:午後1時15分~3時15分
    クラス3:午後3時35分~5時35分

会場/福岡:アクシオン福岡(福岡県福岡市)
     東京:スクエア荏原(東京・品川区)

内容/【福岡】
クラス1「高齢者が積極的に取り組む~タオルを用いた介護予防運動教室75分の完全網羅」
竹尾吉枝(NPO法人1億人元気運動協会会長、教育学修士、健康運動指導士)
  
クラス2「“フェイスレジスタンスエクササイズ”~QOLを高める口腔器機能向上の実際」
芝﨑美幸(フェイスレジスタンスエクササイズインストラクター、健康運動指導士)                                                 
クラス3「高齢者のための“コアコンディショニング”~日常生活が楽しくなる体操の秘密」
竹原亮紀(Comfortable Life 代表、健康運動指導) 

【東京】
クラス1「高齢者が積極的に取り組む~タオルを用いた介護予防運動教室75分の完全網羅」
竹尾吉枝(NPO法人1億人元気運動協会会長、教育学修士、健康運動指導士)  
 
クラス2「“フェイスレジスタンスエクササイズ”~QOLを高める口腔器機能向上の実際」
芝﨑美幸(フェイスレジスタンスエクササイズインストラクター、健康運動指導士)

クラス3「高齢者のための“スロトレ”~無理なく筋肉を増やし、筋力を高める」
石井直方(東京大学大学院総合文化研究科・新領域創成科学研究科教授) 

対象/高齢者・低体力者に関わる職業従事者

参加費/1億人元気運動協会会員:各クラス3,700円
      1億人元気運動協会会員外:各クラス4,800円

継続教育単位・取得可能団体/公益財団法人健康・体力づくり事業財団(申請中)、公益財団法人体力つくり指導協会(申請中)、一般社団法人日本マタニティフィットネス協会(申請中)、公益社団法人日本フィットネス協会

問い合わせ/NPO法人1億人元気運動協会「元気kai」(担当:仲宗根(ナカソネ))
TEL:0798-36-3729
携帯:080-5327-1108
FAX:0798-36-3929
E-mail:nakasone@genki-kyokai.com