FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

リハビリテーションと筋トレーニングの現場ですぐ簡単に使える
最新超音波測定器「BX-Rehab」筋組織評価セミナー(東京・大阪)

日程/大阪:2015年1月26日(月)
     東京:2015年1月27日(火)

時間/いずれも午後6時30分~8時30分

会場/大阪:龍谷大学大阪梅田キャンパスセミナールーム
         (大阪市北区梅田2-2-2、ヒルトンプラザウエストオフィスタワー14階)
     東京:国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟会議室
         (東京都渋谷区代々木神園町3-1)

主催/スポーツパフォーマンス分析協会

機器提供/エスアンドシー株式会社

内容/リハビリテーションによる患部の筋組織再構築、トレーニング効果、身体組成の改善など、現場のトレーナーとトレーニングコーチが知りたい中身を誰の目にも見える超音波画像と客観的数値で知ることが可能となった。より正確な評価と判断に基づいたリハビリテーションやトレーニング指導の効果を上げるための超音波機器活用法について、長年超音波画像を活用して指導効果をあげているGiannPaolo氏を招いた特別セミナー

講師/GiannPaolo Boschetti(イタリア代表男子ビーチバレーボールチームトレーナー)

定員/30名(使用機器の都合上定員になり次第締切)

参加費/3,000円(当日受付にて支払)

申し込み方法/スポーツパフォーマンス分析協会HPの「BX-Rehab 筋組織評価セミナー申し込みフォーム」より申し込む

問い合わせ/一般社団法人スポーツパフォーマンス分析協会 IPAS事務局
TEL:03-6421-2290
FAX:03-5726-9255

スポンサーサイト