FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.217(2020年1月号)←詳細&購入はここ!
SQ表紙217
『特集 股関節鏡の現在
── 診断、治療、リハビリテーション」
1.「股関節鏡視下手術──適応疾患の診断」
錦野匠一・錦野クリニック 整形外科
 
2.「股関節鏡視下手術の現状」
宇都宮 啓・産業医科大学若松病院 整形外科

3.「股関節鏡術後のリハビリテーション」
高橋 誠・産業医科大学若松病院 理学療法士

4.「FAI関節唇損傷術後のアスレティックリハビリテーション」
畑中仁堂・じんどう整骨院アスリート

シンポジウム
「スポーツ選手に筋力トレーニングは必要なのか?
――リハビリテーションから競技力向上まで」


日程/2月14日(土)

時間/午後1時30分~4時40分(午後1時開場)、情報交換会(懇親会):午後6時~8時

会場/学術交流会館大講堂(北海道札幌市北区北8条西5丁目)
    情報交換:札幌アスペンホテル

主催/北海道大学スポーツトレーニングセンター

講師/寒川美奈
    (北海道大学医学部保健学科准教授、理学療法士、日本体育協会公認AT、ソチオリンピック帯同トレーナー)

笠原政志
  (国際武道大学准教授、北海道大学高等教育推進機構客員教員、日本体育協会公認AT、国際武道大学トレーナーチームヘッドコーチ)

辻 和哉
  (関西医療大学講師、日本体育協会公認AT、鍼灸師、ラグビー日本代表帯同トレーナー)

川本和久
  (福島大学教授、福島大学陸上競技部監督、日本陸上競技連盟女子短距離強化部長)

山内潤一郎
  (首都大学東京准教授、フィジカル・フィットネス・スペシャリスト、マッサージセラピスト、フィットネストレーナー)

情報交換会:トレーニングに関してのプレゼンテーションタイム(事例発表)も用意しており、シンポジストの先生にもご参加頂く予定

参加費/シンポジウム:無料、情報交換6,000円

申し込み方法(情報交換)/情報交換参加希望者は、氏名・所属・ご連絡先(携帯電話等)を明記の上、tanahashinobuo@gmail.comまで連絡

問い合わせ/北海道大学スポーツトレーニングセンター

スポンサーサイト