スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.195(2017年11月号)←詳細&購入はここ!
SQ195WEB.jpg 『特集 挑戦!」
──5人の専門家、高みと広がりを目指して
 
1.「女性アスリートの問題に取り組む」
──東京大学医学部附属病院開設の
   「女性アスリート外来」
 能瀬さやか・東京大学医学部附属病院 女性診療科・産科
        
2.「大きな変革期を迎えた日本の野球への提言」
──「野球医学」を提唱し、医師として挑戦し続ける
 馬見塚尚孝・西別府病院スポーツ医学センター 副長、
   野球医学科・肩肘関節外科
 
3.「「自分だからこそ」すべき研究は何なのか」
──信念と行動力、それが挑戦になっていく
 篠原 稔・ジョージア工科大学 准教授
 
4.「医師、理学療法士、管理栄養士、コーチが連携して行う脳梗塞患者の
   SUB4プロジェクト」──専門家が連携、患者さんの夢をサポート
 細野史晃・プロランニングコーチ

5.「現役引退後の選手が目指す新たな道」
──元水泳選手でビジネスマン経験もあり、独立プロコーチとして挑む
 前田康輔・プロスイムコーチ
 
■第4回アスリートトークショー
――オリンピック選手と育成するための指導術とは?


日程/3月13日(金)

時間/午後7時~9時

会場/ドリームテコンドースクール(大阪市北区天満3丁目11-16)

主催/一般社団法人アスリートネットワーク

共催/関西テレビ

テーマ/競技におけるコーチングとセカンドキャリアでのコーチング

内容/選手時代は、世界トップレベルのセルフコーチングを行ってきたはずです。引退後は、コメンテーター、会社経営など、さまざまな分野で活躍しながら、自分自身のコーチングから、人を動かすコーチングへと取り組まれています。オリンピック選手を育てるためにも、社会で必要とされる人材を育てるためにも、コーチングについて、質問などしながら、為末さんのお話を聞く

講師/為末 大(400mハードル日本記録保持者で、現在はスポーツコメンテーター・タレント・指導者などで活動中)

ナビゲーター/岡本依子(シドニー五輪テコンドー銅メダリスト)

定員/50名(先着順)

受講料/2,000円(税込)

申し込み方法/HP内の申し込みフォームより申し込む

問い合わせ/一般社団法人アスリートネットワーク
TEL:06-6292-5016 (平日:午前10時~午後5時)
E-mail:info@athlete-network.jp

スポンサーサイト
弊誌月刊スポーツメディスン168号特集「TABATAトレーニング」が発売になりました。

「高強度・間欠的・短時間」という特徴を有する「TABATAトレーニング」は世界的に知られ、実践されるようになっています。しかし、理論も含め、実践面でも誤解があるところがあります。その詳細を田畑泉先生に取材し、理論、方法、今後についてまとめました。

特集21頁の約半分をこのサイトでご覧いただけます。「特集頁例」というボタンをクリックしてください。PDF形式で閲覧していただけます。(清家)
ゼロから始める!
フィットネス指導者養成セミナー


日程/4月26日(日)

時間/午前9時45分~午後3時30分、懇親会:午後3時40分〜午後5時

会場/スポーツコンディショニング球武(大阪市東淀川区井高野3-3-67、地下鉄今里線 井高野駅より徒歩8分)

内容/1「自重筋力トレーニング指導法の基礎」  
     2「自分ブランドで活躍するための集客講座「お客さんが集まる広告づくり」」

講師/小林素明 (株式会社ウェルネス&スマイル 代表) 

定員/12名様(定員になり次第締切)

受講料/5,000円(1部のみ 3,000円/2部のみ 3,000円) ※懇親会費は別途

申し込み方法/webサイトよりお申し込む

問い合わせ/株式会社ウェルネス&スマイル(担当:小林)
TEL:06-6609-3381

“GymAware”ユーザーズカンファレンス
――講義&実技実演

日程/3月22日(日)

時間/午前10時30分~午後12時30分

会場/龍谷大学深草学舎体育館内第8トレーニング室

主催/スポーツパフォーマンス分析協会

内容/オーストラリアのスポーツ科学をベースとして2002年に開発され、現在世界中のエリートアスリート、プロスポーツチーム、著名な研究機関、大学等々でウエイトトレーニングにおけるモニタリングとデータ収集のゴールドスタンダードとしての地位を確立したGymawareの開発者、Evan Lawton(エヴァン・ロートン)氏を招いた特別ユーザーカンファレンス
※機器提供:エスアンドシー株式会社

講師/Evan Lawton(オーストラリアKinetic Performance社代表 / GymAware開発責任者)

定員/30名

参加費/GymAwareユーザー/IPAS会員:無料
                       一般:2,000円
申し込み方法/HPより申し込む

申し込み締切/3月19日(木)まで(定員に達し次第締切)

問い合わせ/一般社団法人スポーツパフォーマンス分析協会 IPAS事務局
TEL:03-6421-2290
FAX:03-5726-925


“GymAware”ユーザーズカンファレンス
――講義のみ


日程/3月23日(月)

時間/午後6時30分~8時30分

会場/龍谷大学大阪梅田キャンパスセミナールーム

主催/スポーツパフォーマンス分析協会

内容/オーストラリアのスポーツ科学をベースとして2002年に開発され、現在世界中のエリートアスリート、プロスポーツチーム、著名な研究機関、大学等々でウエイトトレーニングにおけるモニタリングとデータ収集のゴールドスタンダードとしての地位を確立したGymawareの開発者、Evan Lawton(エヴァン・ロートン)氏を招いた特別ユーザーカンファレンス
※機器提供:エスアンドシー株式会社

講師/Evan Lawton(オーストラリアKinetic Performance社代表 / GymAware開発責任者)

定員/60名

参加費/GymAwareユーザー/IPAS会員:無料
                       一般:2,000円

申し込み方法/HPより申し込む

申し込み締切/3月19日(木)まで(定員に達し次第締切)

問い合わせ/一般社団法人スポーツパフォーマンス分析協会 IPAS事務局
TEL:03-6421-2290
FAX:03-5726-925

第6回日本ダンス医科学研究会

日程/3月 8.日(日)

時間/午前10時~午後4時30分(受付:午前9時30分より)、懇親会:午後4時40分より

会場/同志社大学 室町キャンパス 寒梅館ハーディーホール
   懇親会:寒梅館1Fアマークドバラディ

内容/基調講演 「ダンサーの傷害を減らすために」
 北條達也(同志社大学スポーツ健康科学部 教授))

若手研究者のためのミニレクチャー1「ストレッチについての最新知見(仮題)」
 中村雅俊(同志社大学スポーツ健康科学部)

若手研究者のためのミニレクチャー2「 ダンスにおける美と動作の関連について(仮題)」
 佐藤菜穂子(名古屋学院大 リハビリテーション学部)

研究発表(ポスター兼) 3分×10演題程度

特別ゲスト タップダンス 華~puspa~

シンポジウム「専門医に聞くダンサーの下肢の傷害と治療」
 座長:北條達也
  股関節:大阪医科大学整形外科助教 大原英嗣先生
  足・足関節:京都府立医科大学整形外科講師 生駒和也先生

特別セッション「種々のダンスパフォーマンスと障害」
 座長:水村真由美・蘆田ひろみ 
   1.クラシックバレエ:有馬バレエ
   2.ダンススポーツ:鈴木真也・伊藤直美ペアー
   3.チアダンス:同志社大学チアリーディング部エンジェルス
   4.男子新体操:花園大学男子新体操部

※詳細は、HP参照

対象/医師、理学療法士、栄養士など医療関係の方々、ダンスパフォーマンスの研究者、トレーナー、ダンサーならびにダンス指導者 など ダンスならびにダンサーの健康に興味のある方々。

参加費/非会員:一般6000円(2/28までの事前申込5000円)、学生3000円
        会員:一般4000円、学生2000円
       懇親会:事前申込2000円、当日3000円(定員30名・事前申込優先)

問い合わせ/日本ダンス医科学研究会
札幌HOT(ハンズ オン テクニック)セミナー

日程/4月4日(土)、5日(日) 

時間/午前9時30分~午後4時30分

会場/札幌市産業振興センター

内容/徒手技術の研鑽を目的に実技を中心に開催します。

4日:「下肢の構造と機能を統合するための見方と介入」
足部からの介入が全身に及ぼす影響を学びながら、膝関節・股関節との関連を評価と実技を中心に進めます

5日:「フェルデンタッチによるガイドの実際~機能統合への導入~」
心地よく優しい触れ方で動きをガイドし、様々な動作を楽に出来るようにアイデアを与えるタッチの実習です

講師/ 森近貴幸(理学療法士、フェルデンクライス国際認定指導者、日体協公認AT、NSCA-CPT)

対象/理学療法士、作業療法士など身体に興味のある方

定員/各日25名

受講料/各日8,000円

申し込み方法/下記アドレスにメールで申し込む。
件名に札幌HOTセミナー受講希望、
本文に、①希望日 ②氏名 ③所属 ④職種 ⑤連絡先PCメールアドレスを明記してください。

問い合わせ/フィジオスタイル 札幌事務局
E-mail: feldensapporo@gmail.com

 
ゼロから始める! 
パーソナルトレーナー指導者養成講座

日程/4月5日(日)

時間/午後5時~8時

会場/ニュージャパンヘルスクラブ(大阪市中央区道頓堀、地下鉄なんば駅より徒歩2分)

内容/「体幹トレーニングの指導法を学ぶ」「指導者のためのお客さん『ゼロ』から集客する方法」

講師/岡 敏彦(株式会社ヘルス&フィットネス代表)、小林素明(株式会社ウェルネス&スマイル代表) 

定員/7名(定員になり次第締切)

参加費/事前振込4,300円 
  
申し込み方法/webサイトより申し込む

問い合わせ/株式会社ウェルネス&スマイル(担当:小林)
TEL:06-6609-3381

インストラクター&トレーナーの為のビジネス力セミナー

日程/3月8日(日)

時間/午後12時30分~午後4時30分

会場/成田線成田駅・京成成田駅から徒歩5分(詳細は申し込み後に連絡)

内容/フリーランス=個人事業主とは フィットネス人口は3%?そんな事はない!右肩 あがりに増えています。
     その根拠は? 不安定からの完全脱出レッスンフィー交渉術、その他 を学ぶ

講師/梅村隆(株式会社メッツ代表取締役)

受講料/24,800円(税別) ※早割あり

申し込み方法/申し込みサイトより申し込む

問い合わせ/株式会社 メッツ
TEL:058-260-5355
FAX:058-260-5366

ビジネスメールコミュニケーション講座
――ベーシック編


日程/3月8日(日)

時間/午前10時~午後12時

会場/成田線成田駅・京成成田駅から徒歩5分(詳細は申し込み後に連絡)

内容/「フィットネス業界はビジネスマナーが足りない」と言われていますが、メールに関しても常識があります。 レッスンを行っているクラブの支配人への宛名で [支配人様]と入れたり、パーソナルトレーニングのクライアントへのメールで自分の名前を入れないなど、一般常識が欠けている場合が多々あります。なかなか勉強する機会が少ないビジネスメールを学んでみませんか? 一般のビジネス用セミナーですが、今回は内容を フィットネス業界にも活用出来るように調整しています。

講師/日本ビジネスメール協会認定講師

受講料/8,640円(税別)

申し込み方法/メールで、お名前・職種・連絡先を明記して、下記メールアドレスに送信し、申し込む

問い合わせ/SMART Fitness Academy(担当:大塚)
E-mail:sfa.inquiry@gmail.com
スポーツ指導におけるiPad活用セミナー

日程/3月27日(金)

時間/午前10時〜午後6時10分

会場/大阪市立青少年センター「kokoプラザ」
   ①ダンス練習室506、②・③和室702、④・⑤会議室803

内容/①「iPadを活用した動作指導」
QATオリジナル コーディネーショントレーニング『Line Training』を体験して頂き、その指導の中でiPadを活用した遅延再生や視覚的フィードバック、AppleTVとの連携などの実践を体験
      
②「iPadを活用した動作分析」
撮影のポイント、動作分析のポイント、フィードバックのポイントを①で使用した動作分析アプリを使用して解説
参考動画

③「iPadを活用した機能解剖学 学習」
3D解剖アプリを駆使して、平面的な解剖図から得られ難い『気づき』を提供。また、今後、解剖学を学ぶ際に必要な臨床的な視点も紹介

④・⑤「iPadを活用したプレゼンテーション」
iPadを使ったプレゼンテーションのコツを提供。実際に、テーマに沿った形でプレゼンテーション作成を行い、プレゼンテーションをして頂く

講師/佐藤哲史
(日本体育協会公認アスレティックトレーナー、Qualified Athletic Trainers代表、スポーツ現場におけるiPhone・iPad活用研究会 管理人、日本体育協会公認アスレティックトレーナー試験対策グループ「AT KnowHow」Master)

受講料/5,400円(税込)

申し込み方法/下記HPにアクセスし、申し込む

問い合わせ/Qualified Athletic Trainers

第3回食の学び舎

日程/3月7日(土)

時間/午後4時20分〜5時50分 (受付:午後4時10分より)、懇親会(参加希望者のみ) 午後6時より

会場/管理栄養士のお店 かるちえらたん 心斎橋店(大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-4-3 トダビル2・3F)

主催/一般社団法人トレーナーズネットワーク大阪

内容/「実際の現場で即実践できる」をテーマに、ワーク中心の構成。グループワークをいくつかご用意しておりますので、今ある知識をフル活用して食事についてトコトン考えていきましょう!

対象/指導者、トレーナー、競技者、指導者・トレーナーなどを目指す学生

定員/20名(先着) *最少開催人数(10名)

参加費/第1・2回参加者:2,160円(税込)
       会員・一般:3,240円(税込)
※懇親会参加者は、会費を改めてご連絡致します。

問い合わせ/一般社団法人トレーナーズネットワーク大阪(担当:白土)
E-mail:1007net.osaka@gmail.com




ホグレル セルフ・コンディショニングセミナーin 大阪

日程/3 月15日 (日)

時間/勉強会1:午前11時~午後1時、勉強会2:午後2時~4時 

会場/ホグレルスペース本町(大阪市中央区瓦町4-7-6 船場竹伊ビル3F)

内容/勉強会1:「日常生活動作(ADL)」改善のための本来の機能訓練とは?
    勉強会2:投球動作改善の「身体の“開きが早い”」その原因を探る。

参加費/各回1,000円、通し:1,500円(いずれも税込)

問い合わせ/ホグレル運営 是吉興業株式会社(担当:石原理恵) 
TEL: 03-5970-7833
FAX: 03-5970-7878 


ホグレル セルフ・コンディショニングセミナーin 東京

日程/4 月19日(日)

時間/午後1時~3時

会場/ホグレル本社 ショールーム(東京都板橋区大原町36‐18 2F)

内容/「治療院単体経営から、一歩先の新しい治療院の形とは――「治療院」×「介護」×「フィットネス」の必要性」

講師/幡中幹生(田島接骨院院長)

参加費/2,000円(税込)

問い合わせ/ホグレル運営 是吉興業株式会社(担当:石原理恵) 
TEL: 03-5970-7833
FAX: 03-5970-7878 
AT KnowHow 公認
アスレティックトレーナー春の特別講義


日程/3月1日(日)

時間/午後5時〜9時30分   
 
会場/ココプラザ(青少年センター)504&505会議室

内容/日本体育協会公認アスレティックトレーナー有資格者による特別講義 
「サッカートップリーグにおける 『KnowHow』」
仲下将裕 (アスレティックトレーナー、SP京都FC所属)   

「ラグビートップリーグにおける 『KnowHow』」
濱野武彦(コンディショニングコーチ、トヨタ自動車ヴェルブリッツ所属)   

「アスレティックトレーナーとしての契約の 『KnowHow』 」
長瀬亮昌(アスレティックトレーナー、関西学院大学ラグビー部所属/WAFA代表)   

受講料/一般6,480円、学生4,320円(定員になり次第締切)

申し込み方法/HPより申し込む
問い合わせ/Qualified Athletic Trainer(代表:佐藤哲史)
E-mail:t.s.qat@me.com
フェルデンクライス・メソッド ワークショップin京都
――楽に動く


日程/4月12日(日)

時間/午前9時30分~午後4時30分

会場/京都アスニー(京都市中京区聚楽廻松下町9-2)

内容/従来の運動器系を偏重した方法や手技ではなく、対象者自らが学習プロセスを認識し、自己の身体の変化に気づき効率の良い身体の使用法を日常化していく体性感覚へのアプローチ

講師/森近貴幸(フェルデンクライス・メソッド プラクティショナー、理学療法士、日本体育協会公認AT、NSCA-CPT)

対象/理学療法士、作業療法士など興味のある方

定員/20名

受講料/8,000円

申し込み方法/下記E-mailアドレスに、①希望会場、②氏名、③所属、④職種、⑤連絡先メールアドレスを明記して、メールで申し込む

問い合わせ/フィジオスタイル(フェルデンクライス岡山)
E-mail:okayamafelden@gmail.com

立命館大学スポーツ健康科学部シンポジウム
「未来のトレーニング」を提案する


日程/2月19日(木)

時間/午後1時〜5時(開場:午後12時30分)

会場/本学びわこ・くさつキャンパス ローム記念館大会議室4F(滋賀県草津市野路東1-1-1)

共催/スポーツ健康科学研究センター

内容/第1部「スポーツのトレーニング」

基調講演「トップ選手のトレーニングを支えるスポーツ医・科学」
  川原貴(国立スポーツ科学センター・センター長)

講演「バイオフィードバックを用いたランニング動作のトレーニング」
  長野明紀(立命館大学スポーツ健康科学部教授)

「スポーツ健康科学研究科所属院生によるポスターセッション」

第2部「健康維持・増進のトレーニング」

基調講演「Is a High Volume of Exercise Harmful to Bone?」
  Wendy KOHRT(コロラド大学教授・本学訪問教員)

講演「脂肪・筋・脳生理における基礎科学から応用科学への試み」
  橋本健志(立命館大学スポーツ健康科学部准教授)

参加費/無料

申し込み方法/URLより事前に申し込む

問い合わせ/立命館大学スポーツ健康科学部事務室
TEL:077-561-3760

1 歳の誕生日から始める足のゆがみ対策
リアライン・インソール・ジュニア


 株式会社GLAB (ジーラボ)は、幼少期の柔らかい足の立体的なアーチをサポートし、足の形を整えるように設計された中敷き『リアライン・インソール・ジュニア』を1月下旬に発売した。

骨関節のやわらかい幼少期は実はゆがみの基礎が形成される時期でもあり、幼少期から発生する足の歪みを無理なくサポートし、健康な足の発達を促する。

骨関節のやわらかい幼少期におけるゆがみ対策は、ゆがみのない人生の第一歩。
この時点で対策しておくのとしないのとでは、成長してからのゆがみ度合が違います!

構造・作用/足部の歪みを正しい状態へ誘導するためには、足の外側にある「立方骨」を足底から支えることが重要となる。ジュニアには立方骨を支える立体構造“中央アーチサポート“が備えられている。中央アーチは多くの日本人の足の裏の筋肉や腱を過度に圧迫せず、優しく足底にフィットするように設計されており、違和感なく常に理想の足の状態を保つ生活が可能となる。これにより、立体的な足のアーチを作り、衝撃吸収に優れた足の構造の形成を促すことが期待される。

また、運動能力をあげるためには正しく身体が使えていることが重要だが、ジュニアを靴に入れるだけでインソールがただしい足の位置を教えてくれ、幼少期からの運動能力向上が見込まれる。

価格/1,950円

サイズ/サイズ12(適応シューズ:12.0~12.5cm)~サイズ21(適応シューズ:21.0~21. 5cm)までの全10サイズ
リアライン・インソール・ジュニア 縮小構造

問い合わせ/株式会社GLAB (担当:伊藤)
TEL : 0823-36-2469
E-mail : shop@g-lab. Biz
http://realine.info/