FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


1 歳の誕生日から始める足のゆがみ対策
リアライン・インソール・ジュニア


 株式会社GLAB (ジーラボ)は、幼少期の柔らかい足の立体的なアーチをサポートし、足の形を整えるように設計された中敷き『リアライン・インソール・ジュニア』を1月下旬に発売した。

骨関節のやわらかい幼少期は実はゆがみの基礎が形成される時期でもあり、幼少期から発生する足の歪みを無理なくサポートし、健康な足の発達を促する。

骨関節のやわらかい幼少期におけるゆがみ対策は、ゆがみのない人生の第一歩。
この時点で対策しておくのとしないのとでは、成長してからのゆがみ度合が違います!

構造・作用/足部の歪みを正しい状態へ誘導するためには、足の外側にある「立方骨」を足底から支えることが重要となる。ジュニアには立方骨を支える立体構造“中央アーチサポート“が備えられている。中央アーチは多くの日本人の足の裏の筋肉や腱を過度に圧迫せず、優しく足底にフィットするように設計されており、違和感なく常に理想の足の状態を保つ生活が可能となる。これにより、立体的な足のアーチを作り、衝撃吸収に優れた足の構造の形成を促すことが期待される。

また、運動能力をあげるためには正しく身体が使えていることが重要だが、ジュニアを靴に入れるだけでインソールがただしい足の位置を教えてくれ、幼少期からの運動能力向上が見込まれる。

価格/1,950円

サイズ/サイズ12(適応シューズ:12.0~12.5cm)~サイズ21(適応シューズ:21.0~21. 5cm)までの全10サイズ
リアライン・インソール・ジュニア 縮小構造

問い合わせ/株式会社GLAB (担当:伊藤)
TEL : 0823-36-2469
E-mail : shop@g-lab. Biz
http://realine.info/
スポンサーサイト