FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

立命館大学スポーツ健康科学部シンポジウム
「未来のトレーニング」を提案する


日程/2月19日(木)

時間/午後1時〜5時(開場:午後12時30分)

会場/本学びわこ・くさつキャンパス ローム記念館大会議室4F(滋賀県草津市野路東1-1-1)

共催/スポーツ健康科学研究センター

内容/第1部「スポーツのトレーニング」

基調講演「トップ選手のトレーニングを支えるスポーツ医・科学」
  川原貴(国立スポーツ科学センター・センター長)

講演「バイオフィードバックを用いたランニング動作のトレーニング」
  長野明紀(立命館大学スポーツ健康科学部教授)

「スポーツ健康科学研究科所属院生によるポスターセッション」

第2部「健康維持・増進のトレーニング」

基調講演「Is a High Volume of Exercise Harmful to Bone?」
  Wendy KOHRT(コロラド大学教授・本学訪問教員)

講演「脂肪・筋・脳生理における基礎科学から応用科学への試み」
  橋本健志(立命館大学スポーツ健康科学部准教授)

参加費/無料

申し込み方法/URLより事前に申し込む

問い合わせ/立命館大学スポーツ健康科学部事務室
TEL:077-561-3760
スポンサーサイト