FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

第6回日本ダンス医科学研究会

日程/3月 8.日(日)

時間/午前10時~午後4時30分(受付:午前9時30分より)、懇親会:午後4時40分より

会場/同志社大学 室町キャンパス 寒梅館ハーディーホール
   懇親会:寒梅館1Fアマークドバラディ

内容/基調講演 「ダンサーの傷害を減らすために」
 北條達也(同志社大学スポーツ健康科学部 教授))

若手研究者のためのミニレクチャー1「ストレッチについての最新知見(仮題)」
 中村雅俊(同志社大学スポーツ健康科学部)

若手研究者のためのミニレクチャー2「 ダンスにおける美と動作の関連について(仮題)」
 佐藤菜穂子(名古屋学院大 リハビリテーション学部)

研究発表(ポスター兼) 3分×10演題程度

特別ゲスト タップダンス 華~puspa~

シンポジウム「専門医に聞くダンサーの下肢の傷害と治療」
 座長:北條達也
  股関節:大阪医科大学整形外科助教 大原英嗣先生
  足・足関節:京都府立医科大学整形外科講師 生駒和也先生

特別セッション「種々のダンスパフォーマンスと障害」
 座長:水村真由美・蘆田ひろみ 
   1.クラシックバレエ:有馬バレエ
   2.ダンススポーツ:鈴木真也・伊藤直美ペアー
   3.チアダンス:同志社大学チアリーディング部エンジェルス
   4.男子新体操:花園大学男子新体操部

※詳細は、HP参照

対象/医師、理学療法士、栄養士など医療関係の方々、ダンスパフォーマンスの研究者、トレーナー、ダンサーならびにダンス指導者 など ダンスならびにダンサーの健康に興味のある方々。

参加費/非会員:一般6000円(2/28までの事前申込5000円)、学生3000円
        会員:一般4000円、学生2000円
       懇親会:事前申込2000円、当日3000円(定員30名・事前申込優先)

問い合わせ/日本ダンス医科学研究会
スポンサーサイト