FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

医療従事者のためのスローイングクリニック
―― ホグレルでケガから身を守るための投げ方


日程/①3月15日(日) 
     ②3月22日(日) 
     ③3月29日(日) 

時間/①午前9時~午後12時
     ②午前10時~午後12時、午後1時~午後3時
     ③午後1時~午後3時

会場/①江夏整形外科クリニック(宮崎県北諸県郡三股町宮村2841-4)
     ②ホグレル板橋本社(東京都板橋区大原町36-18ホグレルビル2F)
     ③オリーブ接骨院(新潟県妙高市田口305-7)

内容/動的ストレッチマシン「ホグレル」を使用し、関節の可動域や筋の柔軟性を向上させ、怪我の予防や改善に必要な身体の動きを投球フェーズごとに徹底分析する

講師/相原雅也(モーション・セラピスト) 
大学時代から肩甲骨・股関節の動作改善に取り組み,数年で球速は130キロ台後半に。25歳の時から2年間,四国アイランドリーグの中心選手として活躍。球速はMAX145キロを記録。2年間で上げた勝利数は28勝,2年目シーズンには17勝2敗の成績で最多勝を獲得。
活躍が認められ,社会人野球新日鉄君津 (かずさマジック)に移籍し,クローザーとして活躍。2009年に現役引退。
引退後,自分の動きが劇的に変わった動的トレーニングを広めるため,ホグレルの門を叩く。以来,動かすことで痛みを改善するモーション・セラピストととして、日本全国のクリニック・治療院などで活動中。

定員/①20名
     ②5名
     ③10名

参加費/無料

申し込み方法/問い合わせフォームより、参加希望日を入力して送信
※詳細はHPを参照

問い合わせ/是吉興業株式会社

スポンサーサイト