FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.210(2019年5・6月合併号)←詳細&購入はここ!
210表紙
『特集 セラピストの手の使い方」
── 治療技術の向上のために
 
1.「肩関節疾患を診るうえでのセラピストの手の使い方」
勝木秀治・関東労災病院 中央リハビリテーション部理学療法士、専門理学療法士(運動器)東海大学医学部 基礎医学系生体構造機能学領域
 
2.「体幹、下肢のスポーツ障害への運動療法で大事なセラピストの手の使い方」
園部俊晴・コンディショニング・ラボ(インソールとからだコンディショニング専門院)
理学療法士、運動と医学の出版社代表取締役社長

3.「臨床動作促通法の紹介」──正しい動作に誘導するために
鈴木俊明・関西医療大学大学院 保健医療学研究科
 

日本臨床スポーツ医学会
日本医学会加盟記念講演


日程/4月13日(月)

時間/午後1時~5時10分

会場/グランドプリンスホテル京都 ロイヤルルーム(京都市左京区宝が池)

主催/一般社団法人日本臨床スポーツ医学会

後援/日本医師会、大阪府医師会、第29回日本医学会総会2015関西

内容/特別講演1 「わが国におけるスポーツ医学の歩みと今後」
    中嶋寛之(東京大学名誉教授) 
    座長:松本秀男(慶應義塾大学医学部スポーツ医学総合センター教授)

特別講演2 「2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて」
  河野一郎(独立行政法人日本スポーツ振興センター 理事長) 
  座長:渡會公治(帝京平成大学ヒユーマンケア学部教授)

記念シンポジウム「少子高齢社会とスポーツ医学」
 座長:藤本繁夫(相愛大学人間発達学部教授)
    大久保衞(びわこ成蹊スポーツ大学名誉教授)

①「次世代を担う成長期のスポーツ医学――小児期の身体活動は健康な成人を作るか?」
  馬場礼三(あいち小児保健医療総合センター循環器科部長) 
②「トップアスリートをめぐるスポーツ医学」
  川原 貴(国立スポーツ科学センターセンター長) 
③「障がいを持つヒトのスポーツ医学」
  田島文博(和歌山県立医科大学リハビリテーション医学教授) 
④「中高年者のロコモティブシンドロームとスポーツ医学」
  吉矢晋一(兵庫医科大学整形外科教授) 
⑤「高齢者の認知機能とスポーツ医学」
  藤本繁夫(相愛大学人間発達学部教授)
 
受講資格・対象/医師、健康スポーツ医、スポーツ関係者、他

資格単位取得/日本医師会認定健康スポーツ医(4単位)、日本整形外科学会認定単位(2単位)、
           日本体育協会公認スポーツドクター(資格更新のための義務研修)、健康運動指導士(2単位)

定員/約300名

参加費/無料

申し込み方法/当日受付

問い合わせ/一般社団法人日本臨床スポーツ医学会
株式会社ADKアーツ メディカルプロジェクト
TEL: 03-6838-9268
FAX: 03-3593-0280
Email: rnsp@rinspo.jp
スポンサーサイト