FC2ブログ
 
         スポーツ医学とスポーツ現場をつなぐコミュニケーションブログ
 
月刊スポーツメディスン最新刊紹介
月刊スポーツメディスンNo.214(2019年10月号)←詳細&購入はここ!
SQ214表紙画像サイズ
『特集 ファンクションを見る眼」
1.「「ファンクションを見る眼」を語る」
川野哲英・FTEX Institute 代表、はちすばクリニック副院長
 
2.「ファンクショナル・テーピングの考え方と、実施に際しての機能評価、実際の方法の概要」
小林寛和・日本福祉大学 健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

3.「機能的足底板(Functional Orthotics Insole:FOI)」
原田昭彦・一般財団法人弘潤会 野崎東病院 アスレティックリハビリテーションセンター リハビリテーション部課長、PT、JSPO-AT

4.「ファンクショナル・エクササイズの基本的な考え方、運動・関節運動の捉え方」
川口浩太郎・PT、PhD、JSPO-AT、兵庫医療大学リハビリテーション学部 FTEX Institute FEXリーダーズ・ユニット


スポーツ医学サイトMMSSM(multimedea station for sportsmedicine)に新コンテンツをアップしました。平出康彦氏による動画つきのコンテンツです。有料ですが、そのほか無料コンテンツもたくさんあります。ぜひ一度ご覧ください。

■オランダでのフィジオセラピストの仕事 7
足関節傷害に対する診断・治療プロセスおよび関節モビライゼーション(動画付)

●概要
 今回は「足関節」に焦点を当て、とくにスポーツ選手のケガに多い、足関節内反捻挫と内反捻挫後に発生しやすい機能的不安定性を中心に、オランダ理学療法士協会のガイドラインに沿った診断・治療プロセスの基本と関節モビライゼーションについて、FC ユトレヒトアカデミーで用いられているガイドラインとともに紹介する。
 また、「Traction(牽引)/Translation(滑り)による可動域制限の評価」および「関節包の拘縮による可動域制限が見られる場合に行われるモビライゼーション」を動画で解説。
2015/05/11 発売
定価:864円(本体800円)
14ページ(ファイルサイズ:131MB)
平出康彦
Thim van der Laan Hogeschool voor Fysiotherapie
サッカークラブ「FC Utrecht Academy」メディカルスタッフ
サッカークラブ「J-Dream FC」コーチング & メディカルスタッフ
■立ち読み
http://mmssm.jp/jwsm/sample/pt008_sample.pdf
■購入
http://mmssm.net/?pid=89648765
■詳細
http://mmssm.jp/jwsm/jwsm2015_pt008.html
スポンサーサイト